【居心地のいい寝室作り】手軽にできる4つの提案

一日の疲れを取り、新しい日を元気で活動するために、睡眠はとても大切な時間です。だけど「どうせ寝るだけだから…」と寝室のインテリアや居心地に無頓着にしている人も多いと思います。大切な時間を過ごす部屋だからこそ、もう少し居心地も考えてみませんか? リフォームみたいな大改造じゃなくてもできることも意外と多いので、ぜひ試してみてください。きっと今までよりいい眠りが手に入るはずです。

開放的な間取りで愛猫にも心地よい武蔵野の家②  “ペットと暮らす”リノベーション

古民家のような佇まいが気に入って購入した築50年の一戸建てに10年住んだ後、大掛かりなリノベーションをしたUさんご夫婦。お二人が10年以上前からともに暮らしている猫たちのことも考えた、「ペットと暮らす空間設計」を見ていきましょう。

快眠グッズ専門店「ソーノボン」で売れているものBEST10

夏は気温も湿度も高くなり、寝苦しさや睡眠不足に悩む人が増える時期。たとえ短い時間でも、質の高い睡眠を手に入れるにはどうしたらよいでしょう? 眠りにまつわる専門webショップ「ソーノボン(SONOBOM)」で、今いちばん売れている快眠グッズが、その手助けをしてくれるかもしれません。

開放的な間取りで愛猫にも心地よい武蔵野の家①  築50年の戸建てをフルリノベーション

築40年の中古一軒家を購入したUさん(仮名)は、10年住んだ後に大がかりなリノベーションを実施。古い家特有の悩み解消はもとより、ご夫婦が最初に考えたことは、3世代にわたり飼育している猫にも居心地のよい家であること。

ホテルのバスタオルが正解じゃない⁉ 生乾きに悩まない家庭用バスタオルの理想

生乾きの臭いや雑菌の繁殖が気になる梅雨の季節、特に乾かないと感じるのがバスタオルのような大判のもの。柔軟剤や抗菌・滅菌効果のある洗剤など、さまざまな洗剤が売られてはいるものの、忘れた頃にやってくるのが生乾き臭。ではどんなタオルが理想的なのか、今治タオルのメーカー『丸栄タオル』さんに教えていただきました。