re:sumica

3年放置で真っ黒なガスコンロの汚れ落としは「研磨剤と根気」が必要でした

3年近く丁寧な掃除を怠ってしまい、焦げた油汚れがこびりついた我が家のガスコンロ。何でも食洗器に入れている私は、取り外しのできないバーナーリングの掃除をつい後回しにしていました。普段は、乾いたキッチンペーパーでふいたりふかなかったり程度で、油が飛び散ったベタつきや、お鍋の吹きこぼれが積み重なって頑固な汚れになっています。

黒ずみを放置したバーナーリングも年末までにはきれいにする予定。何度もあきらめかけながら、計4時間かけてきれいになった左下。

でも、結果的にこんなにきれいにできました。何年も放置した汚れは、どうやって落とすのが正解か、私の場合の結論を紹介します。

とりあえず、いろいろ試してみることに

油汚れに強いジフとマジックリンは長年の愛用品。初使用は、カネヨの重曹ちゃんとそうじの神様シリーズのキッチン用アミタワシとおそうじクロス。意外に役立ったのは期限切れのシネマカード(笑)。

最初に試してみたのが重層掃除。ナチュラルな成分なので安心ですが、肝心の落ちはどうでしょうか? 普段から使っているマジックリンは、ネットで調べたラップで磨く方法でトライ。それでもダメだったとき用に、クリームクレンザーも準備。焦げをこそぎ取るヘラやタワシも準備しました。結論から言うと、何年も放置した汚れは、一筋縄ではいきません(苦笑)

まず、お湯で溶かした重曹で地球に優しい
汚れ落としにチャレンジしたけど
ほぼ汚れが落とせませんでした(涙)

ヘラにじんわりと汚れがにじむものの、こびりついた油汚れの固さは変わりませんでした。

最初はできるだけナチュラルに落としたかったので、弱アルカリ性で肌に優しい自然派クリーニングの代表、重曹でトライ! 熱を加えると成分が変化し、アルカリの効果が高まるという性質を利用し、水500ccに小さじ1の重曹を鍋に入れ、沸騰してから10分程度煮たら火を止めます。人肌ぐらいに冷めた重層液をキッチンペーパーに浸し10分放置。浮いた油を、無印良品で購入した「隙間掃除シリーズ・ヘラ」で削りとる予定でしたがびくともせず……。浸して削るを計3回繰り返し、最後にスポンジのタワシ面で20分ほど磨いてみたものの、力を入れやすい部分が若干薄くなる程度で終わりが見えず、やむなく中止。酸性の油汚れに効くのはアルカリ性とのことでしたが、ナチュラルなものでは歯が立ちません。でも、初期段階の油汚れならこれですっきりとれる気がします。

次は油汚れ用スプレーをかけて
ラップでパック。油汚れを浮かすはずも
頑固な汚れはびくともせず断念

10分ラップしてから約30分間こすり続けたものの、見た目は全く変わらず。ここまで黒くなると油に強いマジックリンもお手上げ?

油汚れに強いと言われている「マジックリン ハンディースプレー」は、ガス台に飛び散った油をふき取るため、我が家のガスコンロ掃除に欠かせないアイテム。バーナー部分に洗剤が入ると怖いので、カバーリングにふきかけるのは今まで避けていましたが、ラッブを使って浸透させれば液だれもなく安心。ラップをくしゃっとさせてそのまま磨くというやり方も簡単で、これなら継続して続けられそう。ただ残念ながら、今回は焦げつきが手強すぎたのか、ほぼ変化なし。落ちる気がしなかったので、繰り返すのはやめました。

結局、役に立ったのは「研磨剤」。
重曹漬け置きを間にはさみつつ
アミタワシでこすり落とせました!!

追いジフをしながらこすり続けていると、リングの周りから少しずつきれいに。重曹パックのときは、養生のためバーナー部分をキッチンペーパーでふたをしておきました。

最後に試したのが「クリームクレンザー ジフ」と「そうじの神様キッチン用アミタワシ」の組み合わせ。クリームクレンザーを塗布しながらアミタワシでこする、塗ってこするの作業を繰り返しつつ、合間にお湯でドロドロに溶かした重曹パック10分を1回はさみました。ペースト状にしたほうが濃度も密着度も高まって、重層液より効果が期待できるそう。すると徐々に地の色の面積が増えてきて、ついに終わりも間近。最後に助けられたのが使わなくなったカード。カードの角で削ると、わずかに残っていたこびりつきもザクザクとれて気持ちいい! 重曹パックとカードのやり方は、休憩中にネットで調べた方法でしたが、あきらめず続けて良かったです。

全工程にかかったのは約4時間!
五徳もガス台もぴかぴかに

作業中についた汚れも含め、ガス台はマイクロファイバーで磨きあげてすっきり。

我が家のカバーリングは特殊コーティングがされています。こすったときのキズが心配でしたが、不思議なほど無傷でした。仕上げには、水ぶきだけでぴかぴかになると評判の「そうじの神様 キッチン用おそうじクロス」を使用。

普段からたまに洗っている五徳は
重曹+ブラシ掛けで汚れが落ちました!

五徳は重曹を入れたフライパンで10分程度煮て汚れを浮かすと、柔らかくなった汚れがブラシで簡単に落とせました。

五徳は事前に掃除済み。日頃、食洗器に入れて洗っているので汚れは軽傷で、バーナーリングではかなわなかった、重曹のアルカリ力できれいにオフ。最後に五徳をセットして、3年ぶりのガス台徹底掃除が無事に終了しました。

汚れ落とし&仕上げにおすすめなのが
「そうじの神様」シリーズ

洗剤以外の掃除グッズで重宝したのは、SNSでも話題になっていた、そうじの神様のアミタワシとファイバークロス。網状の薄型なので、しつこい油汚れはもちろん、細いコップやお弁当箱の隅々まで届き、頑固な茶渋が洗剤なしできれいに落とせると評判。マイクロファイバーのおそうじクロスは肌触りがスムーズで優しいのが◎。水ぶき、乾ぶきどちらにも使えるので、キッチンに1枚あると便利です。

そうじの神様
キッチン用おそうじクロス」を
Amazonでチェック!・楽天でチェック!

キッチン用アミタワシ」を
Amazonでチェック!・楽天でチェック!

・・・・・・・

今回やってみて分かったのは、放置しすぎたハードな汚れを手早く処理するなら、やっぱりクレンザーが便利だということと、こまめに手入れしていれば、頑張らなくても汚れは落ちやすいということ。これからは、使うたびに油汚れをきちんと落として、いつでもきれいなキッチンを目指します!

モバイルバージョンを終了