クイックルの新作で実感「カーペットってこんなに汚いんだ!」

大掃除のことが頭によぎり始める時期ですが、カーペットやラグ、ファブリックのソファなどは、普段と同じですよね。もっときれいにできないかと、花王から発売されている「クイックル 布・カーペット ウエットぶきシート」を使ってみることにしました。結論から言うと、みなさんも試してみたほうがいいかもです!

フローリングにラグやカーペットを敷いている方は多いと思いますが、手入れというと掃除機をかけるくらいですよね? リビングのカーペットって、お菓子を食べたり、裸足で歩いたりといろいろな汚れが付着していますが、掃除機をかけても、汗・皮脂汚れ等は取り切れているかどうか不安でした。今回試した「クイックル 布・カーペット ウエットぶきシート」は、そうした汗・皮脂汚れや髪の毛、ほこりもまとめてふきとれる新ジャンルの掃除グッズで気になっていました。

手始めにカーペットをふいてみて驚愕!

一見すると、普通のウエットシートのようですが、指を入れる穴が8カ所あいています。シートそのものは、やや厚めで硬くてゴワゴワ感があります。濡れ具合は市販のウエットティッシュのイメージです。このゴワゴワが髪の毛やごみなどをからめ取り、除菌・消臭効果のある洗浄液で皮脂汚れなどを浮かせてふきとっていきます。今まで、カーペットやラグなどを“ふく”という認識がなかったので、どのくらい汚れが取れるのか興味津々で始めましたが・・・

掃除機がけはマメにしていましたが、やはり・・・。片面で約2畳分のお掃除ができるとのことなので、片面で2畳分ふいてみた結果が上の写真です。正直びっくり! 毛足が長い分、ふくのが大変でしたが、目に見えて汚れが取れるので、がぜんやる気になってきます!
カーペットはクリーニングに出すのも大変だし、そろそろ買い替えかな…、と思っていましたが、これならあと数年使えそうです。シートは両面使用できますので、乾かないうちにどんどんふいていきましょう。普段、こんなに汚れているところの上で生活していたと改めて確認し、これからは定期的にふき掃除をしようと思いました。ちなみに、ごみ等があまり多すぎると表面がダマになってしまうので、先に掃除機をかけたほうが効率よさそうです。

家の他の場所もいろいろチャレンジ!

ソファ

そろそろカバーを変えようかと思っていましたが、掃除機&ウエットぶきシートですっきり。ついでにクッションもふいちゃいました。細かい汚れが結構ついていました。さすがにシミ汚れは落ちませんでしたが、サッパリ感が出ました。ツンとした匂いもなく、香りが残らないタイプなので、どこをふいても安心です。布製のソファはお掃除のときに外すと裏側に細かいごみがたくさん落ちているので、子供をダニやほこりアレルギーから守るためにも、これからはふき掃除も徹底しようと思いました。

子供部屋

まずはラグ。ちょっとふいただけで真っ黒! 「さすが子供部屋」という感じで見事に汚れていました(笑)。日々の掃除を反省です。ラグマットはカーペットと違い平坦な素材なので、床の雑巾がけと同じ感覚で楽にふけました。その他、勉強用イス・ホットカーペットなど、除菌・消臭効果もあるので、ふけるものはどんどんふいてみました。残念ながらカーテンは用途外とのこと。シートの表面がザラザラしているので、布地の織り方によっては毛羽立つことがあるようです。2度ぶきは必要ないのでどんどん進められますが、ふいた後はよく乾かすことをお忘れなく。ふいた後は、やはりとても気分よく感じます。次は子供のベッドマットをふいてみようと思います!

チャイルドシート

食べかす等を掃除した後、ふき掃除。汗や皮脂汚れも取ってくれるとのこと、有り難いです。子供は汗っかきなので、今まで乗車中にどのくらい汗をかいていたのかは計り知れず…。チャイルドシートに限らず、布製の車のシートはふけますのでぜひお試しください。このウエットぶきシートを1袋車に入れておくと便利かもしれないです!

今回ご紹介したもの以外でも、ダイニングのイスやシートクッションなど、洗えない布製品はどんどん試してみたいです。サッとふくだけで除菌・消臭効果があるので、小さなお子様がいるご家庭や、ペットのいるご家庭にはぴったりの商品だと思います。大掃除というよりは、週に1度くらいのペースで使ったほうがいいなというのが試してみた感想です。
みなさんも、このタイミングでぜひ1度お試しください。そしてカーペットやラグの汚れ具合を確認してみてはいかがですか?

☑Amazonで商品をチェックする!
☑メーカーサイトで詳しく見る

10名の方にプレゼントします!

この記事で紹介している『花王』クイックル 布・カーペット ウエットぶきシート、4枚入りを10名の方にプレゼントいたします。カーペットの汚れっぷりを確認してみてください(笑)! ご希望の方は、①住所 ②氏名 ③年齢 ④職業 ⑤読んでみて面白かった他の記事 ⑥これから取り上げてほしいテーマ を明記のうえ、こちらからご応募ください。締め切りは12月20日(木)。なお、当選者の発表は発送にかえさせていただきます。