follow us!

LATEST

あると便利!「作り置き冷凍ハンバーグ」で簡単リッチな朝食作り

手洗いも家の除菌も「アルコール除菌は濃度70%以上」が効果的!

猛暑疲れを癒やす「栄養価の高い夏野菜」管理栄養士おすすめ10選

電動かき氷器ブームの先駆者「ふわふわとろ雪」で作った絶品かき氷4選

「猫と安心して暮らすために」専門家に指摘された我が家の改善点とは?

あなたが眠れない理由はもしかしたら「女性ホルモン不足」かも⁉

今どき夏バテは「冷えバテ」 夏の体調不良を解消する6つの習慣

エコバッグは結局「レジ袋型デザイン」が使いやすい!

超速報!「ハンズメッセ2020」バイヤー推薦の目玉商品先出し10選

今年はネットストア限定開催!「2020年ハンズメッセ」広報に聞く賢い利用術

眠れないならここをチェック!「快眠につながる寝室インテリア」5つのポイント

低脂肪、低糖質でおいしい!牛乳から「アーモンドミルク」に替えてみた

【住み家と風水:第29回】色や素材、個数。「器」が導く運気上昇

花椒が利いた辛さがうまい!流行りの「しびれ系麺」おすすめ冷食3選

住み家サンプル

  • 明るくなるし狭さも解消「室内窓リノベ」の開放感が凄い!

    室内窓とは部屋と部屋、あるいは部屋と廊下を区切った壁に設ける窓のこと。「圧迫感のある壁を窓にしたことで、開放感が生まれ通気性も上がります。また、壁で遮断されていた日差しが室内に差し込むようになる場合もあるので、4~5年前くらいから室内窓をリクエストされるお客さまが増えています」(グローバルベイス株式会社広報企画室 植田有紀さん・以下同)。室内窓には既存の壁をくりぬいて作るパターンと、壁を全て取り壊して一から作るパターンがあります。設計士と相談しながら理想の空間を作ったこだわりの施工例を早速見ていきましょう。 悩み① 薄暗い寝室を明るくしたい 窓が1面しかないマンションでも 日差しが奥まで届き、明るく圧迫感が解消 窓が1面にしかなく、寝室の薄暗さに悩んでいたSさんご夫婦。そこで採光を取るために、リビングと寝室を区切る壁の一部を室内窓に変更。「壁を一度取り壊し、一から作り直しました。窓枠と寝室のドアを同じトーンの木目調で合わせて、統一感を出したのがポイントです」。窓の上部は開閉式なので風が通るようになり、明るく、快適な空間に生まれ変わったと、施主さんも喜んでいらっしゃるようです。 悩み② 子供がケガをしない室内窓の設置 家族の気配をいつでも感じられるように とことん開放感にこだわってL字型を採用 壁一面だけでなくL字型に室内窓を設け、リビングからも個室からも広がりを感じられる空間に仕上げたKさん。「ただ開放感を出すだけでなく、木の暖かさを感じるリビングと統一感を持たせたのがポイントです」。また小さなお子さんがいるKさんのように、室内窓を強くたたいてガラスを割ってしまったり、勝手に開け閉めをして指をはさんでしまったり、ケガを心配する方もいます。「事故防止の観点から言うと、どこからでも様子が見える部屋の中央に室内窓を設ける、高い位置に窓を配置するなどの提案をしています」 悩み③ インテリアの雰囲気を変えたい 絵画を飾る感覚で室内窓を配置 アイアン素材の窓枠でモダンな雰囲気に 見学に行ったリノベーション済みの物件で見た室内窓にひと目惚れして、自宅にも取り入れたYさん。「施主さまは部屋のアクセントになる意匠性にこだわり、9分割された窓を探して配置しました。窓の形状はさまざまな形に対応できます。なかには丸型の窓を取り付けた方もいらっしゃいますよ」。鉄製の窓枠は寒色系のクールなリビングにマッチし、シャープな印象を引き立てています。機能面も抜群で、リビング越しの個室に風や光がしっかり通るようになり、より快適な空間に生まれ変わりました。 悩み④ 室内全体を風通しよくしたい 土間サイドに室内窓を設置。明るく 風通しがよくなって屋外窓の結露防止にも◎ フルスケルトンにしてから作り上げた個室は、白を基調としたシンプルな空間。「室内窓の外は土間になっていて玄関に続いています。以前は土間のすぐ横が壁だったので重たい印象でしたが、窓を設けたことでプライベート感を保ちながらも、個室と土間に明るさと風通しのよさが確保されました」。室内窓の窓枠を淡いグレー系にしたことで、インテリアの邪魔にならずまるで壁と一体になっている印象。室内窓は見せるものだと思っていましたが、こうして窓枠と壁の色を似た感じにすれば、存在感を主張しすぎない設置も可能です。 悩み⑤ エアコンの通りを良くしたい! 視覚的な広がりが生まれる横長の室内窓。 エアコンの冷気や暖気も個室まで届くように リビングのエアコン空調を個室にも機能させるために室内窓を設けた事例。そのため窓は開け閉めできるタイプを採用。「窓を開けることで冷気や暖気が個室まで届くようになり、効率よく空気を循環させることができるようになったと喜んでいらっしゃいました」。この物件も、一度スケルトンにした状態から壁と室内窓を作ったそう。よく見ると、壁の角がアーチ状になっていて柔らかな雰囲気。ナチュラルなカフェ風の窓枠と見事に調和しています。 ・・・・・・・・・・ 一般的な窓枠は長方形と正方形の2種類。設置したときの全体のバランスや施主の好みに応じて選べるとのこと。「窓の大きさにもよりますが、1カ所につき15〜20万円(リフォーム代別)程度の予算で作ることができます。採光や開放感などが気になる物件にお住まいの方や、暮らしをアップグレードさせたい方は、ぜひ一度室内窓という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか? 今まで壁で区切っていた場所に窓を設けることで、各部屋のプライベート感が薄れてしまうというデメリットもありますが、窓にカーテンやブラインドをつけることで、プライベート感はキープすることができますよ」。今の住まいに不満があるからといって、わざわざ引っ越さなくても、室内窓で解決できるかもしれませんよ。

  • 共働き世帯が憧れる「ランドリースペース」の新しいトレンド

    「食洗器やロボット掃除機など、家事を省力化するツールが次々登場していますが、いまだ楽にならない家事、それが洗濯です」(旭化成ホームズくらしノベーション研究所 シニアライフ研究所 所長 伊藤香織さん 以下同)。洗濯乾燥機を使う人も増えたとはいえ、まだまだ少数派で、洗濯物を干す、取り込む、たたむ、しまう、といった面倒な作業は残っています。その洗濯の家事を効率化しようと旭化成ホームズが提案を始めたのが「ランドリークローク」。その特徴は洗濯する、干す、たたむ、収納を1カ所にまとめたこと。 共働きが増えたことで、平日は室内干し、シーツなどの大物を洗濯する休日は外に干すと分けている家庭も増えてきました。「洗面所を日当たりのいい場所に設置し、洗濯物は完全に室内干しというご家庭も多いですよ。そこで提案しているのが、洗って干す作業からたたんで収納するまでを1カ所でできるランドリークロークです」。ポイントは、いかに動線を省略化できるか。「ランドリークロークは洗面所と必ずしもセットにする必要はありません。洗濯機のみをクローゼットの近くに置く間取りにすることもできるんですよ」。今住んでいる家にランドリークロークの概念を採り入れることも可能か伺うと……「2畳ほどの洗面所であれば、天井にポールを取り付け室内干しもできますし、衣類乾燥機を使って乾かせば、ベランダに干したり取り込んだりする手間が省けます。3畳もあれば、収納棚を置くこともできるでしょう」。そうすることで面倒な洗濯物を片付けるという家事の負担が減るわけです。 専業主婦と共働きの世帯数が入れ替わる 1990年代から選択環境の進化が始まった 1990年代~ベランダに取り付ける雨よけ用の屋根 2015年前後~洗濯と干す場所が近接したランドリールーム 2018年~収納の動線も考えたランドリークローク 「まだ共働き世帯が少なかった約30年前に洗濯物干しの提案として手掛けたのは、ベランダに取り付ける雨よけ用の屋根です。『仕事で日中不在のとき急に雨が降ると、洗濯物が濡れて困る』という声から生まれたものでした。当時はまだ、洗濯物は天日で除菌できると考えられていたため、洗濯物は外に干すのが常識だったんです」。しかしその後の研究で、除菌に関しては天日干しと室内干し、乾燥機では大きく変わらないことが判明。徐々に共働き世帯が増えたこと、花粉やPM2.5 への対策意識などから、洗濯物を室内干しする人が多くなったそう。「今から5~6年前に新たに提案されたのがランドリーサンルームです。従来、洗面所は1階の日当たりの悪い場所に配置するのが一般的でしたが、これを2階の日当たりのいい場所に設置し、そのままベランダに出られるようにしました。洗濯物がすぐ外に干せますし、雨の日は洗面所にそのまま干しても生活の邪魔になりません」。その後、働き方改革の影響で多様な働き方が生まれ、夫婦家事シェアが基本に。そこで2018年に誕生したのが家事動線を考慮したランドリークロークなんです。 洗濯動線を工夫したらこんなに楽に! 「ランドリークローク」ふたつの実例 新築やリフォームでランドリ―クロークを希望するお客様も増えているそうですが、実際に旭化成ホームズでお住まいを新築した際、ランドリークロークを導入したお宅にその使い勝手を聞いてみました。 回遊できる洗濯動線で 家もすっきり片付くように ~T邸の場合~ 共働きご夫婦のTさんは、お子さん1人の3人家族。平日は仕事で忙しいため、休日は家ではゆっくりくつろぎたいとリクエスト。「以前の住まいは、洗濯する、干す、収納する場所が離れていて、洗濯にかける手間が多く、雨が続くと洗濯物が常に室内干しされている状態で鬱陶しく感じていました」(Tさん・以下同)。そこで新居では、洗面と浴室、洗濯機と洗濯物干しスペースをまとめ、クローゼットを隣接させることで、スムーズな動線を確保。室内でも洗濯物が乾きやすいよう、風が通る窓も設置したそう。「入浴時に脱いだ服やタオルを洗濯機で洗濯し、その場に干し、乾いたらそのままクローゼットへ。下着やパジャマ以外は、全てハンガーにかけているので、たたむ手間も省けました」。疲れているときは、干しっぱなしのこともあるそうですが、生活空間と分けたことで、リビングでくつろいでいるときに、洗濯物が視界に入らず気分もいいんだとか。「このランドリークロークを設置したことで、家族の行動にも変化が生まれました。帰宅したら、手洗いと着替えのためにまっすぐランドリークロークに向かってくれるので、リビングに洋服が散らからなくなりました」 洗面所に収納を設置し 片付けもワンアクション ~M邸の場合~ Mさんもお子さんがいる共働きご夫婦。忙しくて家事に手が回らなかったことから、新築の際は家事がしやすい動線を意識したといいます。「もともと洗濯物は乾燥機で乾かしていました。以前の住まいは収納が寝室にあったので、乾いた洗濯物をいったんリビングに移し、たたんでから寝室に運ぶという無駄な移動が手間でした」(Mさん・以下同)。そこで新居では、洗濯機の対面に作りつけ家具を設置。ここに家族の下着や靴下、パジャマ、バスタオルなどを収納しているそう。その結果、乾燥が終わったら取り出しながらくるっと丸め、そのまま各収納に入れるだけとワンアクション収納を実現。「収納を細かく仕切ることで、低学年の子供でも片付けやすくなり、お手伝いしてくれるようになりました」。洗濯物の手間が大幅に減ったそうで、洗濯動線の見直しは、全力でおすすめしたいと話していました。 ・・・・・・ 今住んでいる家にランドリークロークの概念を採り入れることも可能か伺うと「2畳ほどの洗面所であれば、天井にポールを取り付け室内干しもできますし、衣類乾燥機を使って乾かせば、ベランダに干したり取り込んだりする手間が省けます。3畳もあれば、収納棚を置くこともできるでしょう」。そうすることで面倒な洗濯物を片付けるという家事の負担が減るわけです。洗濯物は工程が多いため、負担に感じている人も多いと思いますが、今の動線を見直すことで、効率化できる部分もあるかもしれません。ランドリークロークという概念を参考に、ライフスタイルに合った方法を見つけてみてください。

インスピレーションフォト