follow us!

LATEST

インテリアを犠牲にしない【絵になるキャットタワー】探し

捨てられない私が『本間式 置くだけ片づけ』を読んでキッチン整理に挑戦!

照明デザインの最先端【マイケル・アナスタシアデス】のアートな造形美に注目!

運動会のお弁当は、見た目も華やか【おかずおにぎり】がトレンド!

夏に向けて覚えておきたい【冷蔵庫マネジメント】で電気代を抑えて食材長持ち!

フランスの可愛い磁器「リモージュボックス」をサプライズなお祝いの品に!

知ってますか?【冷凍野菜の栄養価】が意外と高い理由

保管サービスが好評の【手間なし宅配クリーニング】でクローゼットすっきり!

【iHerb(アイハーブ)のおすすめ】ハワイ在住の私も愛用する「アメリカで人気の体にいいサプリメント」

超便利な調理家電【クックフォーミー エクスプレス】みんなの活用技

「ディアウォール」なら簡単!お洒落&便利なキッチン棚を作る【山田芳照のDIYレッスン】

よくある間取りのマンションが【リノベ費用472万円】で光の巡る明るい空間に!

手帳だけじゃない!「ほぼ日」の思わず惹かれる生活の品5選

【紀の善の抹茶ババロア】お呼ばれ上手な手土産vol.6

住み家サンプル

  • よくある間取りのマンションが【リノベ費用472万円】で光の巡る明るい空間に!

    東京都にある築3年、3LDK(約70平米)のファミリータイプのマンションを購入されたNさんご夫婦。「購入時の室内レイアウトは日本のマンションにありがちな“田の字型”でした。ファミリーを想定した汎用性の高い間取りですが、家族構成やライフスタイルによっては使い勝手が悪いことも。内覧をしたときから自分たちが使いやすい空間にリノベーションしたいと思ってました」(奥さま・以下同)。グラフィックデザイナーとして活躍している奥さまは、自宅で仕事をしていることもあり“明るく開放感のある住まい”が理想。「夫婦2人なので、部屋数はそれほど必要ありません。この新居も、部屋の間仕切りをなくしてひと続きのLDKにしたほうが開放感と使い勝手が両立できるかもと、間取り変更を計画しました」。しかし予算は450万、大掛かりなリノベーションは無理と判断。①リビング 、②キッチン、③玄関の3カ所に絞って、それぞれが使い勝手の良い明るく開放感のある空間になることを目指しました」 ◆リノベーションのビフォアアフターの図面 実は後処理が意外と大変だったけど、 間仕切りを撤去して圧迫感を解消! 初めてこの部屋を内覧したときにいちばん気になったのがリビングの間仕切り。Nさんは夫婦2人暮らしなので部屋を区切る必要がありませんでした。「この仕切りがあることで部屋が狭く見えるなと思いました」。部屋数よりリビングの広がりや開放感、家全体の明るさを優先したいNさんご夫婦は、この仕切り部分を撤去することに。単に壁を取り外すだけかと思いきや、部屋をひとつにするために、意外と作業が必要で、それは…… 1.天井のクロスを揃えるために張り替えが必要 2.撤去後のフローリング補修が必要 3.ドアがなくなった分、壁をフラットにするために‟ふかし“の作業が必要 「予算と相談しつつ進めましたが、おかげで広々とした明るいLDKが手に入り大満足です」。この心地よいリビングのおかげで、仕事も家事も気分よくできているそう。 南向きなのに暗かったキッチンは 対面式から壁つけに位置を変更して解決 明るくて使いやすいことを目標にリノベが進められたNさん宅のキッチン。「築3年のキッチンを取り壊すのは正直もったいない気もしました。しばらく住んで改めてリノベするという選択肢もありましたが、引っ越しや仮住まい代などを考慮すると入居前が得だと思い決断しました」。大きく変えたのはキッチンのレイアウト。対面式から壁つけキッチンに変更したことで通路幅90㎝を確保。「壁を撤去したことからバルコニーからの外光が差し込むようになり明るさが増し、キッチンに立つのが楽しいです」 ◆明るさはもちろん、キッチンに求めたのは 掃除がしやすい使い勝手のいいレイアウト 玄関と隣接していた部屋を土間の一部に! 圧迫感も減り帰宅したときの気分もいい 以前の玄関は、両サイドが壁と靴箱というよくあるタイプ。「リノベ前の玄関は狭い廊下と繋がっていて、正直入った瞬間に狭くて暗い感じでした」。そこで隣接していた部屋の一部を削って土間を作り、靴箱はいちばん奥に設置。玄関に隣接する2部屋にアイアンの内窓を設けたことで光と風の通り道にもなり、より明るく開放感のある玄関になりました。 ◆スペースを広げたこと以外にも 視覚的に広く見せた3つの工夫 ◆こだわりの土間で玄関が広々! ・・・・・ 予算内でリクエストに応えてくれるリノベ会社がなかなか見つからず、当初は難航していたNさんご夫婦のリノベーション計画。そんなときに見つけたのがリノベーション仲介サイト「リノベりす」でした。予算やリクエスト内容、希望の雰囲気を丁寧にヒアリングしてくれて、最適な建築家を紹介してくれたそうです。その女性建築家とは好みもぴったりで話も弾み、希望の雰囲気をすぐに理解してくれてNさんも大満足。「実は、二世帯住宅を計画していた時期もあって、その際に利用した建築家仲介サイトの担当の方に“会話が弾む建築家さんを選ぶことをおすすめします”と言われたんです。確かにそれまで設計プランを出してもらっても『なんか違う。伝えたつもりがうまく伝わっていない』と感じるシーンがありました。建築家さん選びはフィーリングが何より大事と実感!」。今回は、フィーリングが合う建築家に出会えたうえ、金額も折り合うと言う幸せに巡り会えたそう。限られた予算のリノベーションでも諦めない熱い想いがあれば、理想の形は手に入るもの。予算が心配で躊躇している方は、まずは行動してみるのがよさそうです。 (撮影/相澤琢磨)  

  • 築40年以上の古民家再生 日本家屋の良さを残す温故知新リノベ

    Eさん一家は、子供3人の5人家族。今回手に入れたお宅は、床面積141㎡と十分な広さながら、かなり古めかしい昭和の古民家です。「初めて今の我が家に出合ったとき、時が止まった古屋でした。でもそこに愛着を感じ、それを何とか形にしたい」というご主人のリクエストを基に、“日本建築らしさ”に磨きをかけるということが今回の改修計画のテーマになりました。 日本建築の特徴のひとつ、 長押(なげし)を強調することで モダンかつ統一感の増したLDK もともとDKと居間に分かれていた空間は、18畳の広いLDKに変更。元のDKにはなかった長押(※なげし。日本建築で、柱から柱へ渡して壁に取り付ける横木)をキッチンまで延長することで、空間の連続性が強調されています。そして、この長押こそ、日本建築らしい垂直水平の整え方を表すものとして、このLDK以外にも随所で取り入れられました。窓側の障子は、下半分にガラスの入った“雪見障子”。この風情を感じる仕様も、改修前から引き継いだデザイン。この空間に合うようにと、同様に時を経てきたアンティークの家具を取り入れたりと、Eさんもこの家を育てていくことを楽しんでいるんだとか。 薄暗い印象だった廊下も 明るくシャープに生まれ変わりました 玄関から続く廊下部分も、以前にはなかった長押がデザイン的に効いています。リノベーションをおこなったキューブデザインの代表いわく「横に伸びている長押が、7対3くらいでバランスをとることで、縦方向にメリハリをつけている」とか。水平方向のラインが入るだけで、なんともシャープですっきりした印象に。階段近くのドアをガラスにすることで、陽光が届くようになり廊下が明るくなっただけではなく、リビング側にいても、子供が帰宅したが分かるようになりました。 縁側~リビング~廊下まで、床材を 統一することで、空間に連続性が 既にご紹介しているLDK、廊下を含め、縁側部分まで床材は同じ日本の栗の木を使用しています。床暖房にしたリビングに対応可能で、なおかつ日本家屋に合う素材として選ばれた素材です。この床材を縁側から廊下まで揃えて敷き詰めることで、この三つの場所が、広いまとまった空間として認識できるようになったことも、リノベ後の家屋がすっきりとした印象に見える理由のひとつ。俯瞰の目線でとらえることが、インテリアデザインでは重要だということがこのことからも理解できます。 大きな変更は加えなくても、色を意識する だけで印象は大きく変わるという好例 この部屋、ビフォアアフターでかなり印象が違いますが、壁は薄く白を塗装しただけで、材料はそのまま。デザイン的変更はほとんどありません。それほど予算をかけなくてもイメージを変更することも可能なので、贅沢にお金をかける場所と低予算で済ませる場所、事前にしっかりと考えることが、結果的に満足度の高いリノベーションにつながると言えそうです。 元の家屋の85%はそのまま残していても 現代の住み心地を手に入れるには 一度はかなり開ける必要があります 「元の家の良さをできるだけ残したい、コストもできるだけ抑えたい」という施主の希望があったので、この古民家リノベーションでは、元の家屋の85%くらいはそのまま使用しているそうです。ただ、間仕切りの変更や床暖、断熱材を加えるなど、21世紀の家屋の住み心地レベルに近づけるには、いったん分解し、見えない部分の改修も必要。写真のように、実際は大掛かりな作業を経たうえで、見た目だけじゃない快適な住まいが手に入ります。 ・・・・・・ 「どうせ戸建てに住むなら、量産物は嫌でした。高価じゃなくても、価値あるものを選びたいと思いました」と施主のEさん。妙な愛着を感じた古民家をリノベーションした結果には、「材料選びや、使い勝手・耐久性などへの配慮が巧みで、古い家と私たち新しい家族の、どちらも等しく尊重してくれました。おかげさまで家族5人毎日楽しく暮らしています。古い家は一見、多くの人が好まないかもしれないけど、それだけ長い間、人の暮らしを支え、積み重ねた、新品にはない価値があると思いました。この価値を尊重し続けるために努力することは、新しいものをゼロから生み出すことと同じくらい、大切なことなんじゃないかと感じています」とのお答えをいただきました。欧米に比べて、古い家を直しながら使うという文化は日本ではまだ歴史が浅いですが、新築とはまた違った魅力を見つけたいなら、あえて古い家を探してみるのもいいかもしれません。

インスピレーションフォト