follow us!

LATEST

フランス人の友達を真似て「仏花」のお洒落アレンジ!

料理がおいしく映える「マットな黒の器」でシックな食卓に!

シーズンが終わっても使い道盛りだくさん!「焼き芋メーカー」 って意外と優秀

お手頃でもセンスよく見える「600円台までの手土産」おすすめ6選

カルディ好き激推しの「おすすめ食材&レシピ」5選

両親と姉妹家族。ダイニングで3家族がつながる鎌倉の家

8大生活臭を除去! 「除菌脱臭機」に注目が集まる理由

アイス好きなら持っていたい。体温で溶かす!「アイスクリーム専用スプーン」

離れて暮らす「親が75歳以上」。 もしかしたら栄養不足かも!?

大同電鍋料理研究家 Mimiさんおすすめ!「おいしい電鍋デザート」3選

top

人をダメにするソファ「ヨギボー」の大人気TOP5

家族の写真もお洒落なアート風!富士フイルムの「ウォールデコ」で壁を飾る

知らないと損!「冷凍食品をマズくする」5つの勘違い 

やっぱりお洒落!「ユナイテッドアローズが仕立てるリノベーション」洗練された心地よさ

住み家サンプル

  • 両親と姉妹家族。ダイニングで3家族がつながる鎌倉の家

    鎌倉の高台に暮らすCさん。とても仲が良い姉家族と、両親の3家族で暮らすのが長年の夢だったそう。十分な広さ(70坪)の土地を見つけ、夢の三世帯住宅を建てたのが10年前。共に建築家だというお姉さま夫婦が設計を担当しました。既にリタイアされているご両親と現役世代の姉妹家族では生活スタイルが異なるため、玄関は2カ所に分け、1階はご両親、2階を姉妹家族が暮らすスペースとすることで互いのストレスを軽減。とはいえ、せっかくの3家族同居。みんなが集える場所として、ダイニングキッチンをこの家の核にすることにしました。 家族8人が集まってもゆったり過ごせる ダイニングキッチンのこだわり 姉妹それぞれの家族が暮らす2階で、最もスペースを割いたのはダイニング・キッチンです。実は、ここで暮らす前から姉妹家族で一軒家をシェアしていたそうで、その経験から共有したい部分、パーソナル感を残したい部分は明確にイメージができていて、ダイニングキッチンを中心に、左右にそれぞれ家族のリビングと寝室をふり分ける形に。そして、この家の肝となるダイニングキッチンには、家族8人が集まっても快適に過ごせる工夫がされています。 ①ダイニング・キッチンスペース部分のみ 天井高を上げ、開放的な雰囲気に およそ20畳のダイニング・キッチンは一般的な住居に比べると、十分広いように思いますが、最大8名の家族が集うとなるとそれなりに窮屈さも感じる広さ。そこで考えたのがここだけ天井高を2フロア分とること。「上に抜けを作ることでぐっと開放感が出るので、大人数で食卓を囲んでいても狭苦しさは感じません。がらんとした吹き抜けだと間が抜けてしまうので、天井から照明をつるし、空間にリズムと立体感が出せるようにしました」(妹のCさん・以下同) ②3mあるダイニングテーブルを中心に 直線的な家具配置で横方向のヌケも確保 ダイニングの中央に鎮座するテーブルの長さは3m。20畳の広さがあるとはいえ、なかなかの存在感です。それでも窮屈さを感じさせないのは直線的なフォルムでダイニング、キッチンカウンター、階段横の飾り棚と平行に配置したから。「既存の家具では理想のテーブルを探すのは難しかったので、ミリ単位でサイズにこだわりオーダーしました。キッチンカウンターは目隠しの意味もありちょっと高めですが、家具同士のラインをぴったり合わせているのですっきり見えるんです。このダイニングテーブルは、父が孫の勉強を見ている横で私が仕事をしていたり、さらにその横で夫がコーヒーを飲んだりと、まさにこの家の生活の中心。窮屈さがないのでそれぞれの時間を楽しむことができています。さながらカフェのような感じですね」 ダイニングキッチンを挟んで 2家族の生活スペースを配置 つかず離れずの距離が心地いい 広々としたダイニングキッチンを中央に配し、左右に姉妹家族それぞれのリビングスペース、その奥に寝室をふり分けました。12畳ほどのスペースにはソファとテレビ、壁側には書斎スペースと収納が設けられています。ここにも2家族が1フロアで暮らすための仕掛けが。 ①生活感が表に出ないように 壁面に「見せない収納」を いくら血のつながった家族とはいえ、2家族が一緒に暮らす際に気になるのが互いの生活感です。ちょっとした雑貨や仕事道具なども、他者から見たら気に障ることも。そこで、掃除機などの生活家電をはじめ、お互いのプライベートなものが見えないように、全てのものを収納できるだけのスペースを壁側に準備。「キッチンから続くリビングスペースはそのまま壁側に収納棚を設置しました。奥行きおよそ60㎝、床から天井まで続く収納なので、家電からこまごましたものまで全部この中にしまうルールにしました。キッチンと同じく白で統一し、なおかつキッチンと直線に配置することですっきりとした印象を演出できるのです」 ②キッチン側に引き戸を設置し プライベート感を確保 家族水入らずの時間を過ごすことも考え、キッチン側に空間を仕切れる引き戸を採用。夜はそれぞれの家族だけでリビングでテレビを見たり、くつろいでいるそうです。「昼間は開けてひと続きの空間にしていますが、夜は閉めてそれぞれの家族水入らずで過ごすことが多いですね。引き戸で区切っているだけですが、ちゃんとおこもり感があるんです。この扉のおかげで付かず離れずのいい距離感が保てているように思います」 子供部屋は3階に独立させて。 いとこ同士が姉妹のように暮らしています 姉妹家族にはそれぞれに娘さんがひとりずついます。それぞれ家族のスペースに子供部屋を設け、ひとりっ子として暮らすより、姉妹のように暮らすほうが子供たちにとっても良いと考え、3階に2人が一緒に使う子供部屋を作りました。「現在は姉の子供が留学しているので、うちの子がひとりで寝ているのですが、それまでは二人でこの部屋をシェアしていました。勉強机もひと続きのカウンター式で、いつでも互いの気配を感じられるようにあえて仕切りなどは作りませんでした。そうすることでいとこ同士ではありますが、本当の姉妹のように暮らすことで、けんかをしてからどうやって仲直りして一緒に楽しく遊ぶことができるのかなど、親が教えてあげられないことを自然と学べるかなと思っています」 トイレと洗面台は二つずつ。 お風呂はひとつですが上手にシェア 心地よく暮らしていく上で気になるのがトイレやお風呂などの水周り。姉妹家族は1軒家でのシェア暮らし経験から、両サイドにトイレ、洗面台をふり分けて設置。生活リズムがかぶらないことから、お風呂はひとつをシェアする形に落ち着きました。「お風呂とかどうしてるの?と聞かれることもあるのですが、意外と入浴時間はかぶらないんですよ。その辺ストレスを感じたことはありません。以前の1軒家シェア経験が活きているように思います(笑)」 ・・・・・ 付かず離れず適度な距離感を保ちつつも、3家族みんなが一緒にくつろげるダイニング・キッチンに重きをおいたCさん邸。区切るだけでなく、シェアすることにも意識を向けた家は、新しい大家族の住み方なのかもしれません。

  • やっぱりお洒落!「ユナイテッドアローズが仕立てるリノベーション」洗練された心地よさ

    お洒落なリノベーションで評判のグローバルベイスによるオーダーメイドサービス「マイリノ」と「ユナイテッドアローズ」のコラボ物件は、大人気で現在8室目です。お話を伺ったのは、ユナイテッドアローズの店舗開発部でリノベーションを担当している榎本芳郎さん。「この物件はわずか36㎡と決して広くはありませんが、ユナイテッドアローズが培ってきた店舗設計やディスプレイの考え方を踏襲して暮らしに置き換えました」(ユナイテッドアローズ店舗開発部 榎本芳郎さん・以下同)。ユナイテッドアローズ的リノベーションのポイントは以下の4点だそう。 ✅ 洋服のスタイリング同様、メイン1色にアクセントカラーは3色まで ✅ ショップのようにダウンライトを多用しムードを演出 ✅ 直線的リノベートと素材感&デザインの「ノイズ除去」で空間を広く ✅ 見える収納、見せる仕切りで圧迫感排除 使いやすさとお洒落な暮らしを両立できるユナイテッドアローズ的リノベーションのこだわりをチェック! ①チェリー材と白、グレー壁+黒パーツの アクセントカラーで洗練された印象に 洗練された材質のモダンなコーディネートが魅力のこの物件。「床と造作家具は温かみと高級感があるチェリー材で統一しメインカラーとして部屋全体に一体感が生まれるようにしました。それになじみつつ空間をさりげなくセパレートするために、アクセントとしてキッチンサイドの壁は淡いグレー、ベッドルームの壁は白にし、違和感が出ない程度に差をつけました。そして引き締め要素として黒を随所に。この色バランスはユナイテッドアローズの店舗に因んでいます。ファッションと同じでベーシックな色味4色までに抑えることで主張しすぎず飽きずに心地いいテイストに。上質なチェリー材でリラックス感を表現しつつ、モノトーンで緊張感をプラス。コントラストのある住まいが表現できました」 効果的に黒を使うと洗練度がぐっと上がる! ②店舗のようにダウンライトを 多用することで雰囲気のある空間演出 家の雰囲気作りに照明は大きな要素。「住居ではブラケット式の照明や間接照明などが主流。いいアクセントになるとは思いますが、空間演出という観点だと少し雰囲気が物足りないと考えました。そこで店舗からヒントを得て提案したのが埋め込み式のダウンライト。調光式で室内をダークにしたり明るくしたり、時間帯やシチュエーションに応じて調整ができるようにしました。キッチンの棚板にもダウンライトを仕込み、店舗のディスプレイのイメージで非日常的な雰囲気を演出。また埋め込み式なので天井を高く見せ、部屋全体が広く感じる効果も」 ③エアコンやドアの取っ手といった 「ノイズ」と感じるものは極力排除 36㎡という限られたスペースを快適空間に変えるべく、店舗からヒントを得たのが直線的な設計と「ノイズの除去」。「家には雰囲気を壊すノイズと言えるものが多くあり、それらが空間を散漫な印象にします。例えば雰囲気を壊すドアの取手ひとつとってもそう。部屋の素材感に合わないエアコンなどもノイズと考え、可能な限り壁面に埋め込みました。ドアも建具の枠をなくし、ハンドルまで全て白にし一体化。こうしてできるだけ違和感=ノイズを排除し、すっきりした空間に。その上で生活に必要なものの配置を考えて、行き着いたのが直線的な設計でした。写真右側のように、奥からキッチン、リビング棚、寝室のクローゼットと全てが一直線につながりますよね。片側の壁際に集約することで人が動くスペースも確保でき、結果広いと感じることができるんです」 ④収納も仕切りも全て見せる! 店舗的発想で暮らしを広く、素敵に演出 さすがアパレルブランドと思えるのが、ガラスの仕切り戸や、衣類や雑貨の収納を見せてしまうという発想。「来客時や掃除ができないときなど、扉での目隠しは便利ですが、空間に圧迫感が出てしまいます。快適な暮らしを確保するなら目隠しの扉や壁は不要と考えました。例えばリビングと寝室を仕切る扉。今回は天井いっぱいまで高さをもたせた木製のガラス引き戸を採用。ガラスなので視線の広がりを感じつつも、扉を閉めれば案外おこもり感も感じられるのでおすすめです」 リノベ済み物件の購入だけではなく、 リノベーション自体の相談もできます ユナイテッドアローズとのコラボ企画であるフルオーダーリノベーションサービス「RE:Apartment UNITED ARROWS LTD.」。手掛けるのは中古物件リノベートのスペシャリスト、グローバルベイスと理想の住まいをゼロから作れる「My RENO(マイリノ)」。資金計画から物件探し、設計、施工までトータルなリノベーションサービスは、都心の好立地中古物件をお洒落によみがえらせると評判。今回の物件「スカイプラザ赤坂」は赤坂御所まで徒歩2分、都会の真ん中にたたずむ閑静なヴィンテージマンションです。この部屋はすでに売却済みですが、今後も素敵な部屋をコラボでリノベート予定とのこと。また関東近郊のエリアの場合、「ユナイテッドアローズ」コラボのリノベーション相談も可能。気になる方はぜひお問い合わせを。

インスピレーションフォト