follow us!

LATEST

宅配食「nosh(ナッシュ)」の糖質制限メニューで、目指せ産後太り解消!

おいしくて便利だから今や主流!?「冷凍おせち」の絶品チェック

栄養満点、体ポカポカ!「我が家の豚汁」みんなの自慢レシピ5

【住み家と風水:第22回】「タンス貯金なら北側」がたまる方角

「グレー配色と照明の陰影」で実現したフレンチシックなリビング

かっぱ橋道具街で聞いた「外国人観光客に人気の調理道具」BEST4

一生役立つ「家の調味料を覚えて時短調理できるようになる」訓練法とは?

木だけを使う、いわばオーガニックでモダンな家を目指した相模原の一戸建て

ふるさと納税サイトのランキングで見つけた「気になる人気返礼品」

ヘルシーな揚げ物で夫の胃袋をつかんだ(笑)「ノンフライヤー」は、我が家の大人気家電!

地味にたまると噂の「500円玉貯金」が大成功。100万円たまって海外旅行へ!

既に大人気!「久世福商店」秋を味わう絶品おすすめ5選

納豆マイスターおすすめ!毎日食べられる「ちょい足し納豆アレンジ」4レシピ

「衣類スチーマー」初体験。普段着も2割増しできれいに見えるその仕上がりにびっくり!

住み家サンプル

  • 「グレー配色と照明の陰影」で実現したフレンチシックなリビング

    目黒区にお住まいの岩下亜希さん。16年前、約90㎡の敷地に建てた当時のリビングは、テラコッタを使ったプロヴァンス風インテリアでしたが、好みも変わってきたため、今年5月に全面リフォーム。特にこだわったリビングは、グレーを基調にしたエレガントなスタイルに一新。「数年前我が家の東側に家が建ち、以前ほどリビング中央まで日差しが差し込まなくなったんです。そのときに昔フランスで暮らしていたときのことを思い出して、冬のパリは、曇りや雨の日が多く、街の人たちは照明を上手に使って屋内での暮らしを楽しんでいました」(岩下亜希さん 以下同)。パリのアパルトマンをヒントにリビングのメインカラーを照明の光と影が映えるグレーで統一。落ち着いた空間に生まれ変わりました。 リビングのテーマは 「照明の光の陰影が映える夜のパリ」 現在、ご主人と愛猫4匹と共に暮らす岩下さんですが、週末にお互いの友人を自宅に招き、ワインを片手に楽しい夜を過ごしています。「リビングはゲストの方々が集まる大切な場所。いわば家の顔なので、リフォームで最も力を入れ、成熟した大人の空間を目指しました」。岩下さんがリビングのリノベーションでこだわったのは4点。 濃淡のグレーを使うことで落ち着いた空間に シャンデリアやフロアスタンドの光で壁に陰影を アクセントはアンティーク風家具や差し色で 友人が集いやすいバーカウンターを設置する ヨーロピアンアンティークを得意とする空間プロデューサーに内装や家具選びを依頼、この4点を何度も話し合い、約2カ月の工事期間を経て、理想とする空間が完成しました。 濃淡のグレーを使い分けることで 照明があたったときの奥行き感を強調 フランス人にならい、パリの住宅でも好んで使われる濃いグレーを、最も目を引くキッチン壁やカウンターに採用。「あえて残した塗りムラには趣きを感じます。グレーは光を吸収する色とも言われ、シャンデリアの輝きがよく映えて気に入っています」。収納扉や窓枠などには明るめのグレーをチョイス。全体的に統一感を出しつつ濃いグレーとのコントラストがさらに奥行きを感じさせます。ピンクのバラやフロアスタンドの傘など、ほんの少しだけ色を取り入れることで、落ち着いた空間に華やかさを生まれている点もポイント。「我が家は男性客も多いので、あまりラブリーになりすぎないよう、グレイッシュなトーンで統一し、小物でほんの少し色気を足しています。みなさん抵抗なく、我が家に足を運んでくださって嬉しいです」 シャンデリアやフロアスタンドなど 照明も陰影がつきやすいものを積極的に 「リビング照明でこだわったのは、均質に明るくしすぎないこと。日照時間の少ない冬のパリでは、照明を上手に使って豊かな暮らしを楽しんでいます」。岩下さんはリビング東側(カフェコーナー)の薄暗さを逆手にとって、フロアスタンドを配置。照明をつけると柔らかな陰影が壁に映り、雰囲気ある空間が浮かび上がります。キッチンカウンター上にはシャンデリアを設置。「シャンデリアは明るさをとるためだけではなく、見た目が華やかなのでシックなリビングを彩るインテリアとして欠かせません」。シーリングライトで部屋全体を明るく照らすのが一般的な日本ですが、複数の照明で明かりの濃淡を味わうことが、岩下家のリビングの特徴になっています。 アンティーク風家具や差し色で グレーの空間を地味に終わらせない もともとヨーロッパのアンティーク家具が好きだった岩下さん。「天板や塗装部分の使い込んで擦れたような風合いが、クールなリビングのアクセントになると思い、このダイニングテーブルを購入しました」。カフェコーナーにはパープル系のフロアスタンドやソファを配置して、華やぎを。「自分らしさを演出する上で欠かせないのが小物類。グレーの空間がそっけなく感じたときはフラワーアレンジメントを飾るようにしています」。取材時にはピンクのバラがバーカウンターに飾られていて、グレーの空間に大人の女性ならではのエレガントさが漂っていました。 週末に友人たちとの時間を楽しむため こだわりのバーカウンターを特注 「光の陰影が美しい夜のパリ」がテーマのリビング。その象徴とも言えるのが、キッチン前にしつらえたバーカウンター。わざわざ特注したバーカウンターはクラシカルな雰囲気で、ダイニングテーブルともよく合います。「キッチンの壁と同じように、色ムラのある濃いグレー塗装でアンティーク風に仕上げています。ゲストとお酒を交わすスペースなので、見栄えを重視しました」。作業する手元を隠すために、調理スペースを天板より一段下げているのも岩下さんのこだわり。「可動式なので大人数のパーティのときは隅に移動させることができて便利です。少人数なら、食事を済ませた後にこのカウンターに移動して飲むことが多いですね」 ・・・・・・・ フレンチシックな空間に変えてから「以前より居心地がよくて家にいる時間が楽しい」と話す岩下さん。岩下家のリフォーム実例を通して、フランス人のように暮らすという、とらえ方がほんの少し分かった気がします。 (撮影/石田純子)

  • 木だけを使う、いわばオーガニックでモダンな家を目指した相模原の一戸建て

    4歳と1歳のお子さん、奥さまのお母さまと5人暮らしのKさんご夫妻。子供が騒いでも気にならない環境がほしいと、3年前に住み慣れた相模原に約40坪の一軒家を新築。「北海道出身だからか、日本ならではの自然素材や手仕事への愛着が強く、風化や経年変化を楽しめる木の家を造りたいと思ったんです」(ご主人)。そこで化学建材を使わず自然流住宅をコンセプトにしている工務店を探し、無垢の杉をベースにした家に決定。「木の家=和風というイメージを変えたくて、できるだけモダンに見えるよう私自身も素材を探したり、工務店にも細かくデザインのリクエストを入れて、納得がいく住まいになりました」。仕切りがなく開かれたLDKに感じるのは、優しい木の温もりと現代的なデザインの融合。ご主人こだわりの和モダンに仕上げた空間が広がります。 構造や建具、障子戸まで 直線ラインを生かすことで手に入れた シャープな美しさのあるリビング 庭を見渡せるリビングは、天井が高く広々とした空間。「部屋をすっきりさせるために、視界に入る要素はできるだけ減らしたかったんです。例えば窓枠や柱の幅木も目立つのが嫌だったのでデザイナーさんに相談し、細部まで調整してもらいました」 (ご主人)。意識したのは直線の美しさ。基礎や建具にはアール(丸み)をいっさい使わず、縦のラインを強調したことで、よりシャープでモダンなリビングに仕上がったそう。天井にはタルキ(構造がむき出しになること)風のデザインを採用し、太くまっすぐに伸びる梁の縦ラインがシンプルな空間に映えて、精悍な印象を与えます。リビングにある家具は、今のところ簡易的に置かれたイスとテーブルだけですが、特に不便さを感じていないそう。「無垢の木なので、子供が床にごろごろしても安心なのがいいですね。上の子が小学生ぐらいになって必要だと感じたら、ソファを揃えようかと思っています」(ご主人) 隠す収納で生活感をカットしたキッチンの 主役は杉の一枚板で作ったテーブル すっきりと部屋全体が見渡せるダイニングは、リビングと同じウッディなトーンに統一されていて、お洒落カフェのような雰囲気。「キッチンの建具も全て無垢の杉を使い、縦ラインを意識しています。シンクと組み合わされたダイニングテーブルは、一枚板でオーダーしました。アイランドキッチンの変化球バージョンです」(ご主人)。驚かされるのは、目に見える場所に物が何ひとつ出てないこと。生活臭が苦手なご主人ときれい好きな奥さまの意見が一致し、調理家電や器具、調味料、ふきんにいたるまで、あらゆるものを棚で隠せるキッチンに。「小さい瓶のサイズまで1点1点測って、棚の高さや幅を使いやすいようにオーダーしました。家事がしやすくとても助かっています」(奥さま)。キッチンに立ったとき、周りに壁がないので、子供が何をしているかが見渡せるところも奥さまのお気に入り。実用性と美的さを兼ね備えた、主婦憧れのキッチンです。 天然素材を生かしつつ 直線を意識することで建物と 一体感のあるシンプルな庭 リビングの窓を開けると、張りだした縁側の先に広がるのは芝が気持ちよさそうな庭。作庭を担当したのは、以前に記事で自宅のお庭を見せていただいた、庭良代表 高橋良仁さん。「軒下の部分を花こう岩の棒石で仕切り、大きな沓脱石(くつぬぎいし)と割栗石(わりぐりいし)を敷き詰めることで、建物の裾部分に安定感を持たせ、家と庭が協調的につながるようにしました」(高橋さん)。芝を取り囲むウッドフェンスで周囲の空間と区切りをつけることで、芝と石だけのシンプルな庭の世界観が、いっそう引き立ちます。   ◆理想のマイホームライフをエンジョイ中!◆ 人が集まる家にしたかったというKさんご夫妻。「季節がいいときは、仲間を呼んでバーベキューが定番。走り回っている子供たちを見ながら、ビール片手にワイワイするのが最高のパターンです」とご主人。夏は涼しくて冬は暖かいという木の家は、住環境としても最高。二人のお子さんに手のかかる奥さまも、「居心地がいいので、家にいると日々のストレスが解消できますね」と笑顔。自然素材の良さとモダンなデザイン性が共存しているこの家は、2019年9月に岡山の建具メーカー「イマガワ」の施工事例コンテストで最優秀賞を受賞したそう。シンプル・イズ・ベストのすばらしさを改めて感じた、快適で素敵な木の家でした。 (撮影/石田純子)

インスピレーションフォト