follow us!

LATEST

税理士が指摘「お金がたまらない主婦」にありがちな5つの行動パターン

インテリア好きの逆転発想。家具に合わせたリノベーション

カルディの大人気「もへじシリーズ」私のベストアレンジ

【iHerbのおすすめ】おいしい「プロテインスナック」で手軽にタンパク質補給!

抜群の使いやすさで愛用者続出!「ジップロック弁当」が選ばれる理由

【住み家と風水:第32回】「病に強い」気の流れ

無印良品の「ユニットシェルフ」で我が家のキッチンにパントリーができた!

外出中の子供を見守れるGPS端末「いまここ」を試してみた

在宅ワークの集中力アップ!即席「おこもりスペース」が大人気

【揃えておきたい和食器】地味な焼き魚をおいしく見せる「長角皿」

曲線デザインがおすすめ「ちょっといいダイニングテーブル」インテリアスタイリストの3選

部屋がすっきり広く見える!「ハイドア」導入で手に入る開放的

小さくなった「ウタマロ石けんの使い切り」ネットで話題の方法を汚れ落ち比較!

牛乳の常温保存もOK!フランスでは当たり前の「ロングライフ紙パック」が便利すぎです

住み家サンプル

  • インテリア好きの逆転発想。家具に合わせたリノベーション

    横浜市の高台に位置するSさん邸は、築34年の低層マンション。こちらのリノベーションを手掛けたのが、インテリアショップとしておなじみの「ACTUS(アクタス)」。実はSさんご夫婦は共にアクタスの社員。なかでもご主人は、このリノベーション事業部の責任者でもあります。「仕事柄もあって、僕たち夫婦の趣味は物件探しと引っ越し。僕個人では17軒、夫婦では10年間で今の家が8軒目です(笑)。いろいろな物件に住みたかったのでずっと賃貸派でしたが、お客さまの物件の近くでたまたま見つけたのがこの家。中央に階段付きの廊下がある間取りの面白さと、バルコニーからの景色が気に入り、ちょうど子供ができたこともあって夫婦で購入を決断しました」(Sさんご主人・以下同) ダイニングは、ポール・ケアホルムや アルネ・ヤコブセンの家具を生かして 天然木を基調にシンプルに アクタスのリノベーションコンセプトは、“空間と家具の調和”。“家具に家を合わせる”という逆転発想の住まい作りを、Sさん自ら体験したいという思いもあったそうです。そのため、ほぼ全ての家具は以前の家から愛用し続けてきたもの。持ち合わせていた家具が映える空間を目指すため、基調となる床材や窓枠などの素材選びには特にこだわりました。「『ポール・ケアホルム』のイージーチェアは籐で、『アルネ・ヤコブセン』のダイニングテーブルはブラック塗装+金属という異素材の組み合わせ。どちらもデザインが際立つものなので、LDKはアクセントを抑え、アイボリーに塗装した壁と無垢のオーク材を基調にシンプルにまとめました。特に床材選びは重要なポイント。木目が美しい幅広のヘリンボーンのフローリングは、家具にもなじんでモダンな印象に見せてくれます。ダイニングの窓枠には珍しい木製の二重サッシを採用し、キッチンの天井は板張りして温もりを加えました。どれもアクタスリノベーションのオリジナルパーツで、開発から自分も関わって作った愛着のあるものです」 「『ルイスポールセン』のスノーボールも存在感があるため、ダイニングにはフロアライトなどデザイン性のある照明は他に置いていません。また、子供の成長に合わせて将来的にテーブルを変える可能性があるため、ペンダントの位置を変更できるようダクトレールを設置したのもこだわり」 大きなカウチソファが配置できるよう もともと和室だった部屋は 奥行きのあるリビングに変更 6畳の和室だった部屋を撤去してダイニングとつなげ、約14畳の広々としたLDKに変更。リビングには愛着のあるカウチソファを配置するための工夫が。「ソファがリビングの広さに対して大きかったので、左側へ続く寝室への動線や暖炉との距離が確保できるかを考慮しながら、設計や配置を考えました。圧迫感がなく広く見えるよう、壁や天井の色はソファに合わせた明るいアイボリーに。『セルジュ・ムーユ』のブラケットライトは、以前からリノベーションするならソファの近くに置きたいと思っていたもの。今回の家で新しく購入した数少ないアイテムのひとつです。ソファの向かいに和室の壁を残したことで、ヴィンテージシェルフもうまく収まりました」 玄関の『P.F.S.』のキャビネットは ダークグレーの壁と間接照明で 日本の“お宿”風の雰囲気に一新 北欧家具と木の温もりが印象的なSさん邸ですが、リノベーションのテーマは“お宿”。インダストリアルなイメージの『パシフィックファニチャーサービス』のヴィンテージのキャビネットも、あえて薄暗い空間に仕上げた玄関に配置すると、和のたたずまいを感じさせます。「僕たち夫婦のもうひとつの趣味が旅行。なかでも日本の宿が大好きで、旅行のプランは泊まりたい宿から決めるほどです。玄関の壁はグリーンがかったダークグレーに塗装し、照明はミラーや生けた草木から関節的にあてて最小限にとどめることで日本の宿独特の暗さを表現。大谷石をイメージしたカーペットの色も夫婦のこだわりです。もともと持っていたキャビネットが、和の空間にうまく調和してくれました」 LDKへ抜ける廊下もあえて薄暗い雰囲気に 「家の中央にあった階段付きの廊下も、お宿風の空間に。壁式構造のため幅はどうしても広げられなかったので、ならばあえて狭く感じるようにと壁を暗めの色で塗装し、照明も最小限に。隠れ家っぽいお宿の雰囲気が表現でき、その先にあるLDKが実際よりも広く感じられました。空間が切り替わることで、家に帰ったときのテンションも上がります」 バイオエタノール暖炉で“たき火”を楽しむ リビングのバイオエタノール暖炉も、お宿感を演出するための要素。「以前泊まった宿がデッキでたき火ができて、直火の雰囲気ってすごくいいなと思ったんです。ちょうどバイオエタノール暖炉を導入したお客さまがいたので、これはいいぞと後日ショールームまで足を運び、我が家にも採用しました」。冬は暖房としても活躍し、目にも癒やしを与えてくれるそう。 壁式構造のため間取りはほぼ変更なし Sさんが購入したマンションは69.09㎡の壁式構造。3LDKを2LDK+WICへとリノベーションしました。壁式構造は一般的に共有部である壁を壊すことができず、ほとんど間取りの変更ができないというデメリットが。これまで多くの物件を見てきたSさんは、その経験を生かし、壁式構造でもどの程度なら壁が解体できるかを内見の際に判断しました。「我が家は小さな子供もいてそこまで広い空間を作る必要はありませんでしたが、オープンキッチンにするのが絶対条件だったので、内見の際はレンジフードの排気ダクトのルートを確認し、キッチンが移動できるかどうかを事前に確認しておきました。大きく変えた部分はキッチンの位置とリビングダイニングの広さ程度。壁式構造という制限下でも、自分たちに合った間取りが手に入りそうでした。最初から置きたい家具も明確だったため、設計から工事までスムーズに取り掛かれましたね」。壁式構造は間取りに制限がある反面、設計のプランが早いというメリットもあるのだそうです。 ・・・・・・ 置きたい家具を絶対条件に、ご夫婦のセンスやオリジナリティが散りばめられたSさん邸。リノベーションの空間作りにお悩みの方は、ますは家具から決めてみると、意外と理想の住まいに近づけるかもしれませんよ。

  • 部屋がすっきり広く見える!「ハイドア」導入で手に入る開放的

    ハイドアとは天井まである背の高い扉のこと。ドアは内装計画において地味な部分と思われがちですが、ドア、特に天井まで伸びるハイドアは空間の印象を大きく変えてくれます。 普通のドアよりもいいことがたくさん! ハイドアの魅力とは 写真右が通常の扉、左がハイドアです。一般的には2.4mほどある住宅の天井に対し、2mの室内ドアが取り付けられるため、ドア上部に40㎝の「垂れ壁」ができます。一方、左のハイドアは「ドアの高さ=天井高」で、垂れ壁はありません。まだまだ一般的ではないハイドアですが、実は良いところがたくさんあるんです。 ハイドアの魅力① とにかく部屋がすっきりと見えます ハイドア最大の魅力はそのすっきりした見た目。一般的な室内ドアや引き戸には必ずドア枠が存在し、そのせいで空間に線や凹凸ができてしまいます。ハイドアの枠は基本的に外に見えない造作になっているので無駄な凹凸がなく、シンプルな空間構成を可能にしています。 ハイドアの魅力② 天井が高く見えて開放的たっぷり 二つめの魅力は、天井を高く感じ開放的に見えること。先述したように、通常の扉には垂れ壁が存在するので、それが圧迫感となり天井が低く見えてしまいます。ドアの数が多い部屋ほどその傾向は強くなると思います。これがハイドアなら写真のように、ドア部分も天井までひとまとまり。これが天井を高く見せ、部屋全体に開放感をもたらしてくれるんです。 ハイドアの魅力③ 隣室との扉を開けると、ひとつの部屋のよう! よくあるタイプのリビングとつながる和室。ここに垂れ壁のある引き戸を設置すると天井の仕切りのせいで、扉を開けていても、どうしても区切られた部屋に見えてしまいます。一方ハイドアなら、リビングと和室に一体感が生まれ、ひと続きの空間として広がりをもたらしてくれます。太陽の光もさえぎられずに奥の和室まで届きやすくなり、部屋全体も明るく開放的な印象になります。 我が家のハイドア、自画自賛の お気に入りはこの3カ所 ここからは、我が家のインテリアで採用したハイドアのなかでも特に成功だったと感じたポイントを実例として三つご紹介します。取り入れやすく、空間のデザイン性も高められるのでぜひ参考にしてみてください。 オーダーで作ったオーク材のハイドアは 我が家のリビングの象徴です リビングのメイン扉だけはオーダーで、オーク材で作ってもらいました。床にも無垢のオーク材を使用しているため統一感があります。温かみのある木の質感を生かしつつ、マットな黒いスチール取手もスタイリッシュでお気に入り。オーダーなのでお金はかかりましたが、家族が集まるリビングに象徴的な扉ができたのは良かったと思っています。 部屋をつなげて開放的にできる 天井までの間仕切り引き戸 我が家では、リビングとそこにつながる和室の間に、天井高サイズの間仕切り引き戸を設置しています。引き戸を開けたときの解放感はハイドアならでは。垂れ壁の邪魔もなく部屋が広く見え、太陽の光も均一に差し込み明るく開放的です。また引き戸を開け放つと、ひとつの連続した空間として広々使うこともできます。 シンプルなハイドアで 清潔感を演出したトイレ トイレは無機質でクールな印象にしたかったので、シンプルなオールホワイトのハイドアを採用しました。閉じた空間だけにハイドアのミニマルさが際立ち、狭い空間の圧迫感を和らげてくれます。また白いドアには清潔感もあり、ベースをシンプルに仕上げておくことで、お気に入りの絵やお花を飾っても引き立ちます。 ハイドアにするデメリットは? ハイドアにするデメリットがあるとすればコスト面。多くの住宅メーカーでは、通常のドアが標準仕様となっています。そのためハイドアにすることでオプション価格として上乗せになり見積もりがアップしてしまうことがほとんど。とはいえハイドアにしても一般的には、1枚につき1万円ほどアップするだけ。交渉やドアの枚数次第では数万円プラスになる程度で収まることもあるようです。ぜひ住宅メーカーに相談してみてください。 ・・・・・・ そもそも私がこんなにハイドアにこだわったのは、インテリアコーディネーターの仕事をしていくなかでハイドアの魅力に気づかされたから。自宅には絶対ハイドアを採用しようと思っていました。間取りや素材に比べて後回し感のある室内ドア。実は部屋そのものの印象を大きく左右する重要な要素なので、必ず注目してもらいたいポイントです。ハイドアにするという選択肢で、これまで感じたことのない開放感やすっきりした空間を体感できるでしょう。今後、新築やリノベーションを検討される方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

インスピレーションフォト