follow us!

LATEST

「100均で売っているレジ袋」はスーパーで都度購入するよりどのくらいお得?

アンケートで判明!「有料でもレジ袋が必要」な理由

ビールの種類別に推薦!「家飲みがおいしいビールグラス」4選

自分に合うのはどれ?アイハーブの「人気ダイエットサプリ」調査

在宅勤務の満足度が上がる「ワーキングチェア」インテリアスタイリストのおすすめ

ふかふかさも吸水性も凄い!「日本の感動バスタオル」おすすめ5選

これで私は時短成功!「洗濯作業の効率を上げる」動線の作り方

オフィスのランチ弁当にも便利!「コンビニサイズのエコバッグ」5選

お得な家電やレアものが嬉しい!「Amazon.co.jp限定」の気になるBEST8

【住み家と風水:第28回】子育て世代必見!「子供の頭が良くなる」間取りと方角

読めば必ず欲しくなる⁉「サンコーレアモノショップ」夏のおもしろ家電5選

あまったタネで「ハンバーグ激うまアレンジ」簡単レシピ6選

買い物かごにシンデレラフィット。「マーナのエコバッグ」が便利すぎ!

凝った料理も時短できる!「大同電鍋」LOVERSの絶品5レシピ

住み家サンプル

  • 共働き世帯が憧れる「ランドリースペース」の新しいトレンド

    「食洗器やロボット掃除機など、家事を省力化するツールが次々登場していますが、いまだ楽にならない家事、それが洗濯です」(旭化成ホームズくらしノベーション研究所 シニアライフ研究所 所長 伊藤香織さん 以下同)。洗濯乾燥機を使う人も増えたとはいえ、まだまだ少数派で、洗濯物を干す、取り込む、たたむ、しまう、といった面倒な作業は残っています。その洗濯の家事を効率化しようと旭化成ホームズが提案を始めたのが「ランドリークローク」。その特徴は洗濯する、干す、たたむ、収納を1カ所にまとめたこと。 共働きが増えたことで、平日は室内干し、シーツなどの大物を洗濯する休日は外に干すと分けている家庭も増えてきました。「洗面所を日当たりのいい場所に設置し、洗濯物は完全に室内干しというご家庭も多いですよ。そこで提案しているのが、洗って干す作業からたたんで収納するまでを1カ所でできるランドリークロークです」。ポイントは、いかに動線を省略化できるか。「ランドリークロークは洗面所と必ずしもセットにする必要はありません。洗濯機のみをクローゼットの近くに置く間取りにすることもできるんですよ」。今住んでいる家にランドリークロークの概念を採り入れることも可能か伺うと……「2畳ほどの洗面所であれば、天井にポールを取り付け室内干しもできますし、衣類乾燥機を使って乾かせば、ベランダに干したり取り込んだりする手間が省けます。3畳もあれば、収納棚を置くこともできるでしょう」。そうすることで面倒な洗濯物を片付けるという家事の負担が減るわけです。 専業主婦と共働きの世帯数が入れ替わる 1990年代から選択環境の進化が始まった 1990年代~ベランダに取り付ける雨よけ用の屋根 2015年前後~洗濯と干す場所が近接したランドリールーム 2018年~収納の動線も考えたランドリークローク 「まだ共働き世帯が少なかった約30年前に洗濯物干しの提案として手掛けたのは、ベランダに取り付ける雨よけ用の屋根です。『仕事で日中不在のとき急に雨が降ると、洗濯物が濡れて困る』という声から生まれたものでした。当時はまだ、洗濯物は天日で除菌できると考えられていたため、洗濯物は外に干すのが常識だったんです」。しかしその後の研究で、除菌に関しては天日干しと室内干し、乾燥機では大きく変わらないことが判明。徐々に共働き世帯が増えたこと、花粉やPM2.5 への対策意識などから、洗濯物を室内干しする人が多くなったそう。「今から5~6年前に新たに提案されたのがランドリーサンルームです。従来、洗面所は1階の日当たりの悪い場所に配置するのが一般的でしたが、これを2階の日当たりのいい場所に設置し、そのままベランダに出られるようにしました。洗濯物がすぐ外に干せますし、雨の日は洗面所にそのまま干しても生活の邪魔になりません」。その後、働き方改革の影響で多様な働き方が生まれ、夫婦家事シェアが基本に。そこで2018年に誕生したのが家事動線を考慮したランドリークロークなんです。 洗濯動線を工夫したらこんなに楽に! 「ランドリークローク」ふたつの実例 新築やリフォームでランドリ―クロークを希望するお客様も増えているそうですが、実際に旭化成ホームズでお住まいを新築した際、ランドリークロークを導入したお宅にその使い勝手を聞いてみました。 回遊できる洗濯動線で 家もすっきり片付くように ~T邸の場合~ 共働きご夫婦のTさんは、お子さん1人の3人家族。平日は仕事で忙しいため、休日は家ではゆっくりくつろぎたいとリクエスト。「以前の住まいは、洗濯する、干す、収納する場所が離れていて、洗濯にかける手間が多く、雨が続くと洗濯物が常に室内干しされている状態で鬱陶しく感じていました」(Tさん・以下同)。そこで新居では、洗面と浴室、洗濯機と洗濯物干しスペースをまとめ、クローゼットを隣接させることで、スムーズな動線を確保。室内でも洗濯物が乾きやすいよう、風が通る窓も設置したそう。「入浴時に脱いだ服やタオルを洗濯機で洗濯し、その場に干し、乾いたらそのままクローゼットへ。下着やパジャマ以外は、全てハンガーにかけているので、たたむ手間も省けました」。疲れているときは、干しっぱなしのこともあるそうですが、生活空間と分けたことで、リビングでくつろいでいるときに、洗濯物が視界に入らず気分もいいんだとか。「このランドリークロークを設置したことで、家族の行動にも変化が生まれました。帰宅したら、手洗いと着替えのためにまっすぐランドリークロークに向かってくれるので、リビングに洋服が散らからなくなりました」 洗面所に収納を設置し 片付けもワンアクション ~M邸の場合~ Mさんもお子さんがいる共働きご夫婦。忙しくて家事に手が回らなかったことから、新築の際は家事がしやすい動線を意識したといいます。「もともと洗濯物は乾燥機で乾かしていました。以前の住まいは収納が寝室にあったので、乾いた洗濯物をいったんリビングに移し、たたんでから寝室に運ぶという無駄な移動が手間でした」(Mさん・以下同)。そこで新居では、洗濯機の対面に作りつけ家具を設置。ここに家族の下着や靴下、パジャマ、バスタオルなどを収納しているそう。その結果、乾燥が終わったら取り出しながらくるっと丸め、そのまま各収納に入れるだけとワンアクション収納を実現。「収納を細かく仕切ることで、低学年の子供でも片付けやすくなり、お手伝いしてくれるようになりました」。洗濯物の手間が大幅に減ったそうで、洗濯動線の見直しは、全力でおすすめしたいと話していました。 ・・・・・・ 今住んでいる家にランドリークロークの概念を採り入れることも可能か伺うと「2畳ほどの洗面所であれば、天井にポールを取り付け室内干しもできますし、衣類乾燥機を使って乾かせば、ベランダに干したり取り込んだりする手間が省けます。3畳もあれば、収納棚を置くこともできるでしょう」。そうすることで面倒な洗濯物を片付けるという家事の負担が減るわけです。洗濯物は工程が多いため、負担に感じている人も多いと思いますが、今の動線を見直すことで、効率化できる部分もあるかもしれません。ランドリークロークという概念を参考に、ライフスタイルに合った方法を見つけてみてください。

  • リビングを広く見せる「50㎡のマンション」リノベアイデア集

    都市部では、夫婦のみ、家族3人など少人数の世帯が増えていることもあり、50㎡前後の中古マンションもなかなか人気が高いそう。「住む人数が少なければ、その分個別の部屋を確保する必要はありません。そのためかリビングをできるだけ広くして、寝室やお風呂場など、その他のスペースは極力狭くしたいという要望が多くみられます」(グローバルベイス株式会社広報企画室 瀧本裕子さん・以下同)。確かに1日の大半を過ごすリビングが心地よければ、その他の空間はそれほどスペースはいらないかもしれませんね。 ◆アイデア①◆ 室内窓で“抜け”を作って リビングを広く開放的に見せる リノベ前は3部屋に分かれていた床面積47.98㎡の目黒の物件。これを約12帖のリビングダイニングキッチンと約6帖の洋室に変更しました。広く見せるポイントとなるのが、手前のリビングダイニングキッチンと奥の洋室を仕切る、ガラスの引き戸です。「最近のトレンドとして、室内にガラスの建具を使って室内窓を作る傾向があります。このお宅は、リビングとその他の部屋を壁やドアでがっちり仕切る代わりに、ガラス素材の引き戸を採用し、さりげなく部屋を区分。抜け感を作ったことで広く見えます」。ガラスの建具の枠にはモダンな雰囲気が演出できるアイアン素材を採用。リビングと洋室をメンズライクなテンションで統一しているため、引き戸を開放すればひとつの空間として利用することも可能。来客が来たときもこの開放感なら窮屈さはありません。 ・気になる間取りもチェック! ◆アイデア②◆ 壁面に設置したキッチンから つり戸棚をなくすことで圧迫感を解消 三軒茶屋にあるこの物件は、延べ床面積31㎡。以前は和室2間と洋室があったスペースを、大胆にリビングダイニングキッチンにリフォームしました。「料理中リビングにいる人と会話が楽しめるアイランドキッチン(対面型キッチン)は今も人気ですが、スペースが限られてるお宅には壁に設置するタイプをおすすめしています」。加えてキッチンにつり戸棚をあえて設置しないことで、よりすっきりとした印象に仕上げました。このキッチンは色を黒で統一したことも広く感じさせるポイント。「部屋の突き当たりにアクセントカラーをもってくると自然と視線がそちらに行き、結果的に奥行き感を出すことができるんです」。キッチン上にはダウンライトを設置。頭上をさえぎるものがないのですっきりとした印象です。突き当たりの壁面にアクセントとなる色を使うテクニックは、大掛かりなリノベーションじゃなくても、アクセントクロスを使うことでDIYでもトライできそうなアイデアです。 ・気になる間取りもチェック! ◆アイデア③◆ リビングの広さを追求するなら 寝室やその他の空間を超ミニマムに あれもこれもとこだわりだしたら、全て中途半端になりがち。こだわる部分を決めることが、狭い物件を快適に作るポイントなのかもしれません。例えば、他の部分は犠牲にしても「広々としたリビング」にこだわることで成功したリノベ例を2件。 ✔ 寝室はあえて設けないというのも手 先ほど紹介した三軒茶屋の物件のリビングダイニングキッチンを別方向から撮影した写真。ソファの後ろにベッドがあるのが分かりますか? ソファの背もたれを仕切り代わりに利用して、その後ろをちょっとした寝室スペースに見立てています。 ✔ 寝室は2.6帖という極狭スペース。 その分を使ってリビングの広さを確保 新宿にある床面積48.36㎡の物件。「とにかくリビングダイニングを広く使いたい、水回りを広くして生活にゆとりを出したい」との施主からの要望で、なんと寝室は2.6帖。その分、メインとなるリビングダイニングには、念願だったカウンターキッチンをゆったり設置することができたそう。 ・気になる間取りもチェック! ◆アイデア④◆ 縦のラインを強調することで 視覚的に広さを生み出す 白で統一されたリビングは、天井とダイニングの天然木がアクセントになっています。床や壁に白の分量を多く取り入れることで明るく開放的な印象に仕上がります。狭い部屋を広く見せたいときは、ぜひ意識して取り入れてください。さらに見逃せないテクニックが、ラインの強調。細長いテーブルやペンダントライトの配置、天井板までが玄関に向かって一直線に伸びています。「縦ラインを意識すると空間に奥行きが出て、広々と見えますよ」。視覚を利用して広く見せる方法は比較的手軽にできそう。ぜひ真似してみたいですね。 ・気になる間取りもチェック! ・・・・・・ 自宅に家族がいる時間が増えて、もっと広いリビングだったら…と思っているみなさん。大掛かりなリノベーションをしなくても、突き当たりにアクセントクロスをあしらったり、縦ラインを意識したインテリアの配置を考えたり、視覚から広さを感じさせる工夫ならすぐに取り入れられますね。ぜひ参考にしてください。 (写真提供:グローバルベイス)

インスピレーションフォト