follow us!

LATEST

キッチンで大活躍中!我が家の「優秀ごみ箱」6選

ハンバーグ王子も唸る「お取り寄せハンバーグ」絶対おいしい5選

築50年のヴィンテージマンションとお気に入りのヴィンテージ家具

ストックしておけば手早く作れる!「余ったハンバーグの絶品アレンジ」我が家の人気3品

使い勝手も見た目もいい「キッチンペーパーホルダー」みんなのおすすめ5選

おなじみ12種「スイーツの糖質量」は角砂糖何個分?

抗酸化作用抜群!トマト博士に聞いた「トマトの栄養素とおすすめレシピ」

幸せホルモン「セロトニン」を味方にして、良い睡眠を手に入れる

ぴったりハマった!「収納問題のシンデレラフィット」みんなの発見5選

けっこう簡単においしさ倍増!「ハンバーグソース」に赤ワインを使ってみる

扉がないと使いやすい⁉最近増えてる「見せる靴収納」のお洒落な成功例

こうすればお洒落!「部屋にグリーンを飾る」6つの成功例

不思議なCMが気になるコインランドリー「フトン巻きのジロー」のふとん丸洗いが凄い!

意外と多い⁉あの食べ物の脂質は「から揚げ何個分?」

住み家サンプル

  • 築50年のヴィンテージマンションとお気に入りのヴィンテージ家具

    井の頭恩賜公園のほど近く、築50数年のヴィンテージマンションにお住まいの富田さんご夫妻。もともと友人が住んでいた物件を気に入って引き継ぎ、2013年から暮らし始めることに。「周りは住宅街で緑も多いため、駅近とは思えないほどの静けさ。立地条件も含めて直感でいいなと思いました」(大悟さん) 間取りは1LDK +納戸の60㎡ほど。大人2人で住むにはちょうどいい広さです。「以前はリビングと和室に区切られていたようですが、友人が仕切りをなくし、全面フローリング敷きのリビングダイニングとしてリノベーションしました。そのおかげで空間に統一感が生まれ、ゆったり広々と使うことができます」(里奈さん)。そんな住まいに、ギャラリー巡りが趣味のお二人がお気に入りの家具を集めていきました。 ヴィンテージマンションに似合う 古き良き時代の家具たちが 部屋に落ち着きを加える 「温もりのあるチーク材の家具が好みだったので、ヴィンテージの北欧家具を中心に探しました。そんななか、出合ったのがイギリスの老舗家具ブランド『G-PLAN』の1970年代のダイニングテーブル(記事冒頭の写真参照)。趣のある部屋にもぴったりだと思いひとめ惚れして購入しました」(大悟さん)。同じようにご夫婦で集めた、こだわりの古家具が集まり、独特の落ち着いた雰囲気を醸し出しています。 リビング奥はプロジェクターやアナログのレコードプレーヤーを設置したラウンジ。「この空間もチーク材の家具でまとめています。手前のソファはハンス・J・ウェグナーの「GE290」、奥はフィン・ユールの「スペードチェア」です。どちらも出合ってからずっと大切にしているソファなので、毎晩食後におしゃべりや音楽鑑賞をしていると、あっという間に時間がたっているんですよ」(大悟さん) ヴィンテージチェアは 今もコツコツと収集中 テーブルに合わせるチェアもヴィンテージにこだわり、インターネットなどでお気に入りを見つけては1脚ずつ買い足していったそう。「ヴィンテージのいいところは、家具ひとつひとつにストーリーが感じられるとこと。例えばアーコールのチェアは脚の部分に犬の噛み跡があるんです。以前使っていた方の愛犬がきっと噛んだのでしょうね。そんな昔の名残も愛おしく感じられ、使うほどに愛着が湧いてくるんです」 家全体が博物館のように ヴィンテージの宝庫 お二人のヴィンテージ好きは和洋問いません。リビング脇には大悟さんが実家から持ってきた茶だんすが設えられ、その付近でルイスポールセンのペンダント「PH5-4 1/2」が空間を優しく包み込んでいます。「この照明は長い間デンマークの公共施設で使われていたものらしく、オリジナルは結構珍しいものなんですよ」(大悟さん)。リビングのワンコーナーにはコレクションの空き瓶をいくつも並べてノスタルジックな世界観を演出。国も時代もばらばらなものですが、お二人の好みで選んだアートは不思議と一つにまとまって空間になじんでいます。 直感で選んだ現代作家の作品が 単に懐かしいだけじゃない表情を形作る 温もりあるヴィンテージ家具で統一しているにもかかわらず、洗練された雰囲気なのは要所要所に現代作家の作品を取り入れているから。「ギャラリーや個展巡りが2人の共通の趣味なんです。訪問した先々でひと目惚れした作品を我が家に迎え入れ、主に私がディスプレイを担当しています。眺めているだけで幸せな気分になりますし、勢いのある作家さんたちの息吹が空間に表情を与えてくれるんです」(大悟さん) ・・・・・・ 「2人ともゲストを招いて飲んだり食べたりするのが大好きなので、来客にリラックスしてもらえるような空間作りを意識しています。コレクションしているアートや家具は私たちの趣味ですが、遊びに来る友人の好みなどを考えながら、おもてなしの意味も込めてインテリアを考えるのは楽しいですよ」(大悟さん)。こんなふうに家を育てていくのも、なんだか楽しそうですね。 撮影/相澤琢磨

  • 畳敷きでも浮かない!お洒落な「和洋室」にリノベーション

    減っているといわれてきた和室ですが、近年は増加傾向にあるそう。「4室以上の部屋がある物件のリノベでは、だいたい1部屋を和室にする割合が増えています。畳の部屋があるといつでもごろんと寝転がれますし、洗濯物をたたむときにも便利。室内でヨガなどのエクササイズをするにも体が痛くならないと、和室が再評価されているんです」(株式会社マイプレイス インテリア課 課長・植家有紀さん) 特にリノベ物件では、和室と洋室の良さがミックスされた「和洋室」が人気。「視界に入る面積が広い床面と壁面は、部屋の印象を大きく左右するので、例えばイグサ素材の畳ではなく、カラーバリエーションが豊富なナイロン製のリノベーション畳に変えるだけでもモダンな印象を作ることができます。6㎝ほどの厚みがある従来の畳に比べ、リノベーション畳は薄く、近年要望の多いバリアフリー化もスムーズ。ダニやカビが発生しにくいなどのメリットもあります。従来の和室より和洋室の方が、メンテナンスの費用や手間が抑えられる点でも人気があるんです」 こんなモダンな和室なら、 あってもいいかも⁉ インディコブルーの壁にダウンライト ガラスの障子がスタイリッシュ 和室とリビングをシームレスにつなぎ、リビングの一角に和のスペースが設けられた「ちょっと凝った間取り」という印象に仕上げた事例。「もともとリビングに接していた和室を、リビングとつながりをもたせた和洋室にリノベーションしました。壁一面に貼ったインディゴブルーのアクセントクロスが、スタイリッシュな印象を作ります。和洋室とリビングの間の仕切りには、ガラスをはめ込んだ格子戸を採用し、戸を閉めてもガラス越しにモダンな和洋室が目に入るようにしました。お洒落なだけでなく、広々としたリビングの魅力も損ないません。和室用の建具を使っていても組み合わせる素材をガラスに変えるだけで、洋のインテリアとなじむんです。半畳サイズの畳にして和室特有のごろんとくつろげる仕様にしました」 リビングの床材が畳を囲うような配置。 横長のニッチで洋室の雰囲気を色濃く残して デザインのポイントとして、飾り棚として使用できるニッチが印象的な一室。「もともとリビングのフローリングが畳を囲むようにデザインされた“和風スペース”があったので、そのスペースをよりモダンな印象に変えるためニッチを新設しました。ニッチの凹みにアクセントクロスをあしらい、さらに間接照明をセットして美術館のような壁面に作り込みました。他にはない雰囲気の和室に仕上がったと思います。ベランダに続く掃き出し窓には、障子でもブラインドでもなく、和紙調のプリーツスクリーンを。障子越しのような柔らかな光を和室に落としつつ、断熱効果や防炎対策が施されていて優秀なんです」 リビングの家具と色のトーンを合わせて 和テイストの濃度を薄める 全面畳ながら、和の要素よりも洋室のお洒落さが際立つ一室に。「織物調のアクセントクロスを貼り、畳はヘリなしタイプにするなど、視界にパッと入る部分を変更し和の濃度を薄めました。家具は畳の色と同トーンで明るめのナチュラルカラーを選び、丸みのある家具を採用したことでリラックス感のあるスペースにまとまったと思います。和カフェをイメージし居心地の良さを重視しました。リビングの洋テイストと一続きで見ても違和感なくなじませることで、別の部屋というよりもリビングの一角として空間を使うことができ、広がりを感じさせることもできています」 ダークトーンの畳、ブラインドの投入で リッチ感ある和洋室に メインカラーをグレーにすることで和室の印象をグッと落ち着かせることに成功。「床の間があった本格的な和室を取り壊し、リビングにつながった位置に和洋室を新設。リノベーション畳とプリーツスクリーンの色をグレーで統一。半畳サイズの畳を市松模様に組むと、和モダンな印象を与えられます。リビング床のウォールナットに合わせて、和洋室に置く家具にはダークブラウンをチョイスしたことで、和洋室の引き戸を開けたままでも違和感がありません。ダークトーンを選ぶとリッチさを残したまま洋テイストを加えられますよ」 ・・・・・・ 家全体の雰囲気を格上げしつつ、家族みんなが気軽に寝転んでくつろげる夢のような和洋室。今ある和室を上記を参考に和洋室にアップデートしてみるのも手。まずは壁紙や照明などプチチェンジから始めてみては? ※本文中で紹介している物件は、すべて販売済です。

インスピレーションフォト