follow us!

LATEST

あなたの家にもきっとある「コンロと壁の間の収納」はどう使う?

洗濯ハカセに聞いた「ニットやセーターの洗い方」型崩れ防止、縮ませないコツ

ほしい場所に収納が増える「有孔ボードDIY」素敵な6つの成功例

目安は8万円以下!「お手頃価格の良品3人掛けソファ」おすすめ5選

ちょっとブーム!?「冷蔵庫用の100均チューブホルダー」が収納にも役立つと話題

専門医が考えるとこうなる。「猫が快適に暮らせる」リノベーション

「ニトリのタイルカーペット」で築20年の劣化したキッチン床を超簡単DIY!

リビングと他の部屋が別棟⁉ 郊外に平屋を建てる楽しさ

知っておくと便利!オキシクリーンの「得意な汚れと不得意な汚れ」

水だけで油・水あか汚れがきれいに落ちる「ゴムポンお掃除シート」が凄かった!

監修したリノベ物件の「収納アイデア」をお片付けコンシェルジュが解説

夏バテにおすすめ!飲む点滴「甘酒」を使ったスイーツレシピ5選

収納に困ったらぶら下げる!? 山崎実業の「つるし収納グッズ」が何気に便利

iHerbのおすすめ!髪に優しい「オーガニック&天然素材」で人気のシャンプー5選

住み家サンプル

  • 専門医が考えるとこうなる。「猫が快適に暮らせる」リノベーション

    昨年12月に一般社団法人 ペットフード協会が発表したデータ(2019年全国犬猫飼育実態調査)によると、日本で飼育されている犬の数は897万7千頭で、猫が977万8千頭。ペットは室内飼育という家庭が増えていることもあり、猫の飼育数はここ5年ほど上昇傾向のようです。 そうした愛猫家が愛猫と一緒に安心して暮らせる家、猫が健康的にすごせる家として、リノベーションを手掛ける株式会社マイプレイスが販売を開始したのが猫専門病院の医師が監修したリノベーションマンション。専門家が監修するとどんなアイデアが盛り込まれるのか、猫好きならずとも気になりますよね? 物件の監修したのは、猫専門病院「Tokyo Cat Specialists」院長の山本宗伸先生。都内の猫専門病院、ニューヨークの猫専門病院と猫医学に精通したまさに猫ドクター。猫の特性を考慮した「猫本来の刺激に満ちた生活」ができるリノベーションアイデアを見ていきましょう。 猫に必要な上下運動をしやすくして 肥満リスクを解消する キャットタワーを登ると、部屋を横断するキャットウォークが。もともとは木に登り狩りをして生活していた動物なので、高いところに行きたいのが猫の本能。ジャンプをして遊ぶことも猫の習性なので、平らなところだけでは運動不足になり肥満などのリスクがあるそう。こんなキャットタワーやキャットウォークがあれば、思う存分動き回れますね。ちなみに、高いところから猫が着地することも考えて、床は柔らかめになっているそう。 好奇心旺盛な猫にとって 退屈な暮らしはストレスになる 高いところから下を見渡すのは猫の習性のひとつ。キャットウォークには、下を見下ろせる穴が1カ所あけてあります。前述のように木の上で暮らしていた猫にとって、高くて見渡せる場所は、獲物を探しやすく、なおかつ敵から襲われにくい安全な場所でもあります。そんな、猫が落ち着いていられる高い場所があることは、ストレスなく生活するうえで重要なポイント。 その他、猫ハンモックやウインドウベッドなどと呼ばれる窓に取り付けるアイテムで外を眺められるようにしたり、体を隠して安心しながら見下ろせる猫窓を設置したりと、ストレスなく猫本来の好奇心を刺激する要素をしっかり準備。退屈な暮らしは猫のストレスになるそうなので、猫を飼われている方は要注意ですよ。 人と猫が共に安全で快適に 暮らすうえでの工夫 人と猫が共に安全に暮らせるための工夫も。猫が外に飛び出さないように、玄関と部屋の間にドアが設置されていますが、すりガラス戸を採用することで、ドアを開ける前に猫がいるかどうかがひと目で分かります。 その他にも、猫の爪で傷がつきにくい素材のソファや猫の世話グッズをまとめられる専用収納、夏や暖房使用時に猫が体を冷やせるようにキッチン床はタイルにするなど細かな配慮がされているのはさすがです。 最新デバイスを使った 健康チェックも導入 ちなみにトイレにはシャープの「ペットケアモニター」を採用。これは、排尿時に体重、尿量、尿回数、滞在時間などを記録。専用アプリにデータがグラフ表示されます。日々の健康管理をしっかりとすることも長生きしてもらうには大切です。 今回取材した物件は 今回見せていただいたのは、都営新宿線「菊川」駅徒歩3分という駅近にある1979年築のマンションをリノベーションした物件。43.20㎡の1R+WIC。ちなみに販売価格は2690万円。 少し古いマンションでも、リノベーションすれば中身は新築同様。自分好みに仕上げられるからそのほうが満足度が高いと需要も増えていますが、こんな愛猫家に特化した家が手に入るのもリノベーションならではです。 ・・・・・・ 前述の「2019年全国犬猫飼育実態調査」によると、猫の場合、「家の外に出ない」猫の平均寿命は15.95 歳、「家の外に出る」猫の平均寿命は13.20歳と寿命に大きな差があったそうです。それだけ室内はストレスを感じず、病気のリスクも減らせるということだと思いますが、さらに愛猫のクオリティオブライフを向上させて、できるだけ長生きしてもらいたいのが飼い主の気持ちですよね。そんな愛猫家なら、ここで紹介したもの全てでなくとも、幾つかアイデアを取り入れたリノベーションを考えてみるのもいいかもしれません。

  • リビングと他の部屋が別棟⁉ 郊外に平屋を建てる楽しさ

    2019年7月に多摩市の閑静な住宅街に新居を構えたSさん。共に都内の出版社に勤めるご夫婦の2人暮らしです。敷地面積は105坪、建物は143㎡(中庭スペースを除く)と、都心ではなかなか実現が難しい広さが魅力ですが、目を引くのはそのデザイン。二つの建物を左右につないだようなユニークな平屋建てです。 2棟に分かれた横に広いS邸は 「採光のいい楽しい家」がコンセプト! 2階建てではなく平屋建てにした理由は 建ぺい率ぎりぎりまで敷地を使うことができる 2棟を中庭でつなぐ設計をしたかった 天井を高くできるので、開放感がある メインテナンスも2階建てより楽 固定資産税が2階建てより安い 「この家のテーマは“採光のいい楽しい家”です。中庭を真ん中にして右をプライベート空間、左を友人たちと楽しめる空間に分けました。そのため、生活動線がスムーズではないので家の中でもよく歩くことになりますが、中庭が見える大きな窓からの採光は抜群です」。どの部屋も明るくて風通しがいいことも平屋建ての大きなメリット。「天井を高くとれたことで、屋根裏的なコージースペースを設け、その途中の空間に書斎を作ることもできました」。コロナ自粛中もこうした作りから、Sさんと奥さまの仕事スペースやちょっとひとりになりたいときなど空間を分けることができて結果的によかったとのこと。 中庭を境にリビングとプライベート空間を 左右に分け友達を招いても気負わない設計 7.5畳のオープンキッチンダイニングと、17畳のリビングスペースが一緒になった開放感のあるリビングダイニング。「一軒家のメリットはゆったりとしたリビングが作れることにつきます。天井を3mと高めにして、より広々と見える空間を意識しました。また、リビングを南向きにしたことで、大きな窓からは自然光がふんだんに入り、上部の小さな窓を開けておけば、すがすがしい風が入ってくるのでとてもリラックスできます。リビングの隣には友人や家族が泊まれるように、和室のゲストルームを配置しました。季節の良いときには中庭でBBQをしますが、遊びに来てくれた友達も時間を気にせずにくつろぐことができると好評です」 リビングと他の空間を離したことで コロナ禍でも夫婦2人がストレスを感じず 仕事をする場所も確保できました 高い天井のおかげで作ることができたロフトスペース。ロフトへつながる階段途中の右サイドには書斎を設け、デッドスペースを上手に活用。「書斎、屋根裏、中庭を挟んで離れたリビングなどひとりになれるスペースがいくつかあるため、夫婦共にリモートワークが増えましたが、相手を気にせず仕事に集中することができます」。またZOOM会議やオンライン飲み会の機会も増えたそうですが、気兼ねせず大きな声を出せたりするのも助かっているのだとか。「以前住んでいた世田谷のマンションだったら、リモートワークで夫婦の空間を分けるのは難しかったですね。ロックダウン中もノーストレスで過ごすことができました。部屋同士が離れているのは、横に広い平屋建ての大きなメリットです」 お客さまを招いたときに生活感を見せない 工夫も随所に盛り込みました リビングと他の部屋を離したことで、プライベートを確保している点がS邸の魅力ですが、お客さまが集まる場所にも生活を感じさせない工夫を施しました。 食器や調味料、調理器具まで 引き出しやパントリーで隠す収納に 余計なキッチン用品や調味料が一切出ていない、モデルルームのようなキッチン。料理がしやすいように作業台の幅を広く取ったキッチンでうどんを打つこともできるそう。「2人とも料理が好きなので、キッチンは使い勝手がいいようにいろいろと工夫しました」。Sさんがこだわった点は、生活感が出てしまうものは表に出さずにすむ収納を作ったこと。また作業のしやすさを考え、背の高さに合わせシステムキッチンの高さをレギュラーサイズより少し高めの85㎝に設定。「キッチンの右奥には大きなパントリーを作りました。キッチン内にも収納スペースをたくさん取り、調理器具や調味料などすべてのものを収納することが可能に。料理も掃除もしやすく見た目も美しい希望通りのキッチンに仕上がり大満足です」。こんなことが可能なことも、広くスペースを確保できる郊外の一軒家だからこそ。 大きなシューズクローゼットにものを まとめて何も置かない玄関を実現 二つの棟をつなぐ廊下の横は中庭。天井までの大きな窓を設けた中庭から光が入り、明るく開放的な玄関からは、中庭の中央に植えたミルキーウェイが出迎えてくれます。ここでの注目は玄関脇に作った大きなシューズクローゼット。「夫婦合わせるとかなりの靴があるので、玄関が散らからずにまとめられるスペースとしてシューズクローゼットはマストでした」。クローゼットのドアを閉めれば玄関からは一切靴が見えません。「玄関は家の顔なので、お客さまが来たとき靴が出しっ放しになっていることは避けたいと思って大容量のシューズクローゼットを設けて正解でした。シューズクローゼットから直接家の中に入れる導線も確保。着ていたコートやゴルフクラブ、傘などもここにしまうことができます」 ロックダウン中に家と向き合い 楽しめる範囲で庭いじりをスタート 家を新築し約1年。広々とした平屋建てならではの自由で豊かな暮らしを楽しんでいるSさんご夫婦。「自粛中に芝刈り機を手に入れたので、少しずつ庭の手入れをしています。今後はハーブやちょっとした野菜を育ててみるのも楽しそうですね」。最近は都から助成金も出ると噂のソーラーパネルの設置にも意欲的。自宅で蓄電できれば災害などによる停電時のリスクヘッジにもなりますね。 ・・・・・・ 家を考えたときに、予算に合わせて少し都心から離れることも考慮してみると、広々としたお洒落な居住空間も、老後を見据えたバリアフリーの家造りなどもかないます。自分がいちばん大事にしたいことは何か、日々の暮らしをどう考えるかについて見直してみると、もしかしたら都心で暮らすことへの優先順位はそれほど高くないということに気付く方も意外と多いのではないでしょうか?

インスピレーションフォト