follow us!

LATEST

最新はAI&IoT!「エアコン買い替え」で悩むべき、おすすめ候補3機種

夏のおすすめレシピ付き。【ソーダストリーム】でおいしい炭酸生活を満喫中!

まだまだ発展途上。仲間が集まる「ルーフバルコニー」を自作中!

噂の完全栄養食「All-in PASTA」をもっと楽しむアレンジレシピ

自宅でできる【効果的な歯のホワイトニング法】審美歯科おすすめ3選

海外の家みたいにお洒落な「壁の飾り方」私が気づいた5つのヒント

テレビで観た、明治社員おすすめの【スーパーカップ】ちょい足しレシピを味比べ!

【部屋干し大成功の除湿機】家電のプロが選んだ4台

自宅のベッドで「ダニ捕りロボ」が捕まえたダニの数が凄かった!

夏をおいしく楽しむ!「久世福商店」店長推薦の絶品5選

お試しレポ【おりょうりケトル ちょいなべ】忙しい主婦におすすめする6つの理由

管理栄養士が明言! 夏バテには【牛肉より豚肉】がおすすめ

2019年上半期によく読まれた記事

冷凍食品ジャーナリストが指名買いする【通販冷食】絶品3品

住み家サンプル

  • まだまだ発展途上。仲間が集まる「ルーフバルコニー」を自作中!

    Nさんご夫妻が購入したのは板橋区にある築39年の中古マンション(約65平米)。その最大の魅力は、約60平米と室内と同じくらいの広々としたルーフバルコニー。マンションの設計上バルコニーは北向きですが、5階の最上階なので日当りも眺望も良好です。「だだっ広い感じがなかなか解消できず苦戦しました。広さのあるバルコニーは、グレーの床だと家具などを配置してもなかなか見栄えがよくならず、それを整えるとなるとコストもかかるので、自分が目指す“海外のビーチハウス”の雰囲気を演出できるロープライスアイテムを見つけるのが大変でした。植物や資材などは安くまとめ買いし、家具や雑貨はネットや雑貨屋、100均などを上手に利用し、4月頭から少しずつ現在の状態に仕上げていきました」(奥さま・以下同) まずは味気ないグレーの床を ウッドやグリーンテイストで味付け まずは一面グレーだった床をナチュラルな質感に変え、マンションっぽさを解消。床の質感を変えただけで、理想とするくつろいだ雰囲気にぐっと近づいたそうです。「バルコニーは東と西で大きく2つに分かれているので、2つの部屋を作るイメージでウッド調とグリーンで仕分けしました」。人工木のパネルは天然ぽく見える木目や色合いのものをチョイス。人工芝のマットは枯れ芝ミックスにするなど、できるだけリアルな質感に近いのものを選んだそう。「本物のウッドデッキにしたかったのですが、マンションの管理組合から修理・修繕用にいつでも撤去できるようにしておかなければいけないと言われたため、すぐに取り外しができるものを選びました。作業は思ったよりも簡単で、ひとりでもそれぞれ1時間ほどで完了しました」 海辺のカフェをイメージしながら リゾート風の家具や雑貨をバランスよく ◆東側は、ラタン調ソファでテラス席風に◆ 屋外で使用するため、家具や雑貨類は汚れてもいいようにできるだけ低価格のもので揃えたというNさん。「ブルーを基調にした室内に合わせて、バルコニーの雑貨類もさりげなくブルーを取り入れています」。メインとなるソファやテーブルは『IKEA(イケア)』で購入。ソファは撥水加工のものをチョイス。「人工ラタンは雨にも強く、リゾート感を増してくれるアイテムなので気に入っています」。楽天で購入したパラソルも、ビーチっぽさを出すのに欠かせないアイテム。「本当はブルーのストライプ柄が欲しかったのですが、予算内で見つけられず……。でも白で爽やかな印象に仕上がったのでよかったです」。クッションなどの小物類は、『Vita(ウィータ)』や『salut!(サリュ)』などの雑貨屋でリーズナブルにまとめています。   ◆西側は、シャビーシックなガーデン風◆ 人工芝を敷いたエリアには、白いテーブルとイスを置いて友人を招いたホームパーティにも対応できるようにしているんだとか。「実はこの机は引っ越しを機に処分しようと思ってたものなんですが、せっかくなのでバルコニーで再利用してみました。時間が経ってかなりボロボロですが、この褪せてさびれた感じが海辺のカフェっぽさを醸し出してくれるので、意外とよかったなと思っています」。 フェンスにもグリーンやハーブを施して よりリゾート感を醸し出します テーマはリゾートであっても、今どきなラグジュアリーリゾートがイメージはありません。「自然を感じるグリーンをできるだけたくさん配置し、カジュアルで温もりのある雰囲気に仕上げたのもこだわりです。まずはスチール製の柵をフェイクグリーンで隠し、冷たい印象を解消しました。外からの目隠しにもなるので一石二鳥ですね」。見栄えのいいハーブ類は、できるだけ料理に使えるものをセレクト。「私も主人もハッカで有名な北海道の北見市出身なので、焼酎にペパーミントたっぷり入れて飲むのがおすすめです!  植物はこれからもいろいろ買い足していこうと計画中です」 バーベキューにプール、花火観賞… 友人が自然と集まる憩いのバルコニーに 大好きなお酒が気軽に楽しめるバルコニーであることも、Nさん夫妻の強いこだわり。「友人を招いてBBQパーティができるよう、屋外用のカセットコンロやドリンク用のテーブルも揃えました。気の合う仲間と飲み交わす時間は至福のとき。主人と二人でもお酒を楽しんでいます」。今後やってみたいことは、ますます増えていくばかり。「夏に向けて3mほどあるプールを購入し、温水プールもできるようにバルコニーの蛇口はお湯が出るようにしてもらいました。ここから花火や桜も見られるので、友人を集めて季節ごとにさまざまなイベントができるのも魅力なんです」。徐々に完成しつつあるバルコニーですが、まだまだ追加したいものは尽きないのだそうで、今狙っているのはモロッコ風の大きなランタン。最終的にはもっとアイテムを増やし、より理想的な空間に仕上げるのがNさんの目標なのだそうです。 ・・・・・・ 低予算でも趣味のいいアイテムを見つけるNさんの買い物力には驚かされました。やっぱりきちんとイメージを持って挑むことがDIYでも大切ですね。まだまだ進化途中のこのルーフバルコニーは、少し時間をあけてまた取材したいと思います。以前の記事では、Nさん宅の室内のリノベーションやこだわりのインテリアパーツに関してもご紹介していますので、ぜひアイデアを参考にしてみてください。 (撮影/石田純子)

  • アートな街、清住白河に似合うアトリエ風長屋住宅【おすすめ賃貸情報Vol.1】

    下町の風情を残しつつも、東京現代美術館をはじめアート系ギャラリーが多く点在し、お洒落なコーヒーショップが続々とオープンしている清澄白河。感度の高い人たちからここ数年住みたい街として注目されています。今回紹介する賃貸物件は、駅から徒歩3分に誕生した「アリュイッテ清澄白河」。賃貸集合住宅10戸(1LDK・2LDK)と店舗1戸からなる物件です。 ★★★★★ 全住居の玄関が1階で道に面した戸建て感覚。 ベンチとしても使える宅配ボックスがお洒落! 働いている人や共働き夫婦を想定して各部屋の玄関前には宅配ボックスを完備。その上をウッド板で囲い、ベンチとして利用できる機能的な作りに仕上げています。コンセプトは“アーティストレジデンス”。玄関はあえてガラス戸にして丸見え。感度の高い人なら何かを表現したくなる粋なスペースです。「通常マンションはエントランスや廊下、エレベーターなどの共用部分がありますが、この長屋物件はその部屋の住人しか使わない仕様になっているので戸建て感覚で住むことができます」(設計事務所Grow 代表 田井弘次さん・以下田井さん) ★★★★★ アトリエやアートギャラリーのような シンプルだけどシックな内装 居住物件は全部で10戸。同じ間取りはひとつもなく、部屋によってナチュラルな白系とクールなグレー系の2タイプに分かれています。「アーティストレジデンスがコンセプトなので、住む人の個性が活かせるようシンプルな内装に仕上げました」(建築士 吉見晃子さん・以下吉見さん)。例えば玄関スペースは自転車や荷物を置ける無機質な広めの作りに。「階段に設置された大きな窓は外から見えることを前提にしています。部屋の中を隠すのではなく何かを発信するギャラリーのように使ってもらえたら嬉しいです」(吉見さん)   ★★★★★ L字型の土地を利用して全住戸が角部屋! 建物自体は4階建て。玄関は全て1階に作り、L字の土地を活かして1フロアにつき3住戸分の設計にしているので、全ての部屋が角部屋になる構造。エレベーターや廊下などの共有部分がないので、建物の大きさに対して目いっぱい、住居者の方の専有面積として部屋を作ることができ、ゆとりのある広さが保てています。窓が多く光がたくさん差し込み、部屋に入った瞬間に感じるパッと明るい雰囲気がとても印象的な角部屋。「どの部屋も40〜50平米くらいの広さで、ひとり暮らしはもちろん、大人の2人暮らしを想定して作られています。自然な抜け感を随所に取り入れ、2人で住んでも窮屈に感じない、つかず離れずの距離感を保てる広さにしました」(田井さん)。 グレーをベースにしたスタイリッシュな 103号室をピックアップ! ピックアップして紹介する103号室はグレー系の部屋。建物の構造上、玄関は1階、開放的な階段を上がり、居住スペースは3階にある物件です。部屋に入ってまず目に飛び込んでくるのがアンティーク調のグレー床材。「こちらは複合フローリングと言って、無垢材のような木の温もりを感じつつ、機能性を両立したフローリングシート。最近はプリント技術が高く、本物の木のように見えるものがたくさん登場しています。 耐久性があり音も響きにくいです。2人暮らしを想定しているため、メインで過ごすリビングとキッチンスペースのつながりを大切にしたいと思い、キッチンは対面式にしました」(田井さん)。テーマカラーのグレーに合わせ、部屋のハンドルやトイレのパーツなどはブラックで統一、白系の部屋よりも洗練されたデザインに。1〜2人暮らしサイズの部屋では見かけない大きめのウォークインクローゼットもあり、都会で働く大人がほしい機能をきちんと兼ね備えた素敵な部屋です。 デザイナーズマンションは見た目が優先され、設備感が心もとないと思っている人も多いと思いますが、この物件はカッコよく見せながらも最低限快適に使えるものを選び設置してあります。「私もデザイナーズマンションに住んでいるのですが、もっとこうだったら…と感じたことをデザインに取り入れました。例えば、スタイリッシュに仕上げた洗面台にも収納を充実させたり、実は賃貸に少ないお風呂の追い焚き機能や浴室乾燥機もつけました。また寝室はダブルベッドが入る広さを確保。いわゆる賃貸物件で使用されている設備よりも、グレードの高いものを数多く使用しています」(吉見さん) 近所の人たちと外で談笑できるよう ストリートファニチャーを設置したのも◎ この辺りの商店街を歩くと店の外にイスを出し、ご近所さんと談笑している風景をよく見かけます。「新築のこの物件も人とのつながりをモットーに設計。街の賑わいを取り入れたかったので、誰でも座れるストリートファニチャーを外側に並べました。このエリアは緑が多いので、ベンチは街に溶け込むウッド製のものをセレクト。近所の方との交流を大切にし、新たな関係性を楽しんでいただけたら幸せです」(田井さん) ・・・・・ 東京駅にも近く、清澄白河の相場より少し高めの賃料(144,000円~)ながらスマートに暮らせる物件は、パワーカップルにおすすめ。建物だけじゃなくコンセプトも“遊び”と“現実的”の間にある楽しい物件「アリュイッテ清澄白河」。土地柄を考慮して人とのつながりを大切にした田井さんのスタイリッシュな設計と、吉見さんの女性目線溢れるデザインは、お洒落でカッコいいのに快適に使えるという貴重な賃貸物件だと思います。自分の好きを詰め込める、自由なアート空間に住んでみませんか? (撮影/石田純子) 『アリュイッテ清澄白河』 住所:東京都江東区三好 2-14-5 建物概要:店舗1戸+賃貸集合住宅10戸(1LDK、2LDK) 構造:鉄骨造 4階建 築年月:2019年4月 家賃:144,000~210,000円(37.44~61.25平米) 敷金礼金:敷金1カ月 礼金1カ月  交通: 半蔵門線・大江戸線「清澄白河駅」3分 新宿線「森下駅」13分 東西線「門前仲町駅」15分 【お問い合わせ先】 新興商事株式会社 建築企画・プロデュース https://www.shinkocorp.co.jp/project_type/building 全ての建物に「デザインへのこだわりや空間の最大価値化」を込めて、 建築企画・プロデュースし続けている新興商事株式会社。直近では目白エリアにコンセプトマンションが竣工。今後も都内近郊エリアでデザイナーズ集合住宅が続々竣工予定です。

インスピレーションフォト