follow us!

LATEST

スティーブ・ジョブズも魅了された「カリグラフィー」。お洒落な書き文字で気持ちを伝える!

【住み家と風水:第9回】タオルの色と運気のリセット

話題の【低温調理器】で我が家のチャーシューがお店級のしっとり感!

インテリアスタイリストが指南「日本人に多い残念なカーペット選びとラグの意味」

旅先のNYで料理家が実践【ホテルの部屋で作った火を使わない朝食】コツは旬の食材と前夜の下準備

ハワイ土産の「Tide PODS」でUSA洗剤お試し洗濯レポ。いつもの洗剤とどう違う?

家も自分もパワーアップ! 気の流れをよくする【風水式整理収納セミナー】参加レポ

ハワイのステージング取材で見えてきた【リビングを素敵に見せる】6つのアイデア

エッセンシャルオイルが眠りへ導く【睡眠用ディフューザー】は5つの悩み別にチェック!

ごはん党なら知っておきたい【お米選びより家庭用精米機】でおいしい白飯が手に入る!

料理家が自宅で使う日常の器【韓国料理研究家 チョン・ヒャンミさんの場合】

詰めるのが楽しくなると話題の【カンカン弁当】って何?

自由設計だけじゃない! コーポラティブハウスを選んだ3つの理由

炊き込みごはんは【御膳盛り付け】で料亭風の華やかな食卓に!

住み家サンプル

  • 自由設計だけじゃない! コーポラティブハウスを選んだ3つの理由

    「コーポラティブハウスとは、注文戸建てのような自由設計ができるマンションのことです。直接発注なので土地代も明確ですし、無駄な費用を省いた納得価格で取得できることから人気が上がっています」(コプラスコーディネイター兼広報西澤俊太郎さん)。建設段階から住まい作りに関わるため、建設組合結成から入居まで2年くらいと時間がかかりますが、その間を通して育まれる心地良いご近所付き合いも魅力のひとつ。デメリットは、施工会社や設計士との打ち合わせや、組合の会合に時間が取られること。仕事が多忙で時間取れない人やめんどくさがりの人には向いてないかもしれません。まずは、実際に世田谷区のコーポラティブハウスを購入したAさんに、満足度の高かった点を教えてもらいましょう。 良かったこと① 設計段階から、自分のこだわりを 細かく相談できる 「カフェのような窓を設置したい」、「アンティークショップで仕入れた扉を使いたい」……etc.。分譲マンションや建て売りの一戸建てとは違い、自分のかけたいところにコストをかけられ、自分好みに仕上げられるのが自由設計のいいところ。Aさんは白、グレー、黒の3色をベースに資材選びもご自身が指揮を執り、解放感のあるモダンな住まいをイメージし自由設計をしたそう。またテラスにもAさんのこだわりが随所に見えます。「ハワイが大好きで、ラナイをイメージしたリビング感覚で使える開放的なテラスを作りたいと思っていました。植栽デザイナーと打ち合わせを重ね、琉球石灰などの白い石を敷き詰め、ヤシ科などの南国を象徴する木を植えました。それからハンモックを取り入れてエンタメ性も出しました」。 良かったこと② 良い立地の割に価格を抑えられるのは 共同購入だからできること! 「結婚してからずっとこの近辺に住んでいて、家を建てるならこのエリアと決めていました」。休日も楽しめるこのエリアは人気が高くなかなか物件が出ないので、ポストに投函されていたチラシを見たときすぐにアクションを起こしたそう。「物件名に『ガーデンテラス』と入っていたのも気になり連絡をしました。1階の住まいが好きで、戸建てにしようかマンションにしようか悩んでいたところに入ってきたチラシだったので、両方叶うコーポラティブハウスは魅力的だなと思い週末には契約していました(笑)」。コーポラティブハウスは、土地を共同で購入するため、戸建てだと高額になってしまう好立地に、比較的予算を抑えて居を構えられるという点も見逃せない魅力のよう。 良かったこと③ 他にはない変則的な外観と小規模戸数の 個性的な住まいが手に入る 「実は、外観に一目惚れした物件があって、それを調べていてコーポラティブハウスの存在を知った」というAさん。コーポラティブハウスは10~20戸の小規模なマンションが多く、それぞれに違う区画や地形に合わせた設計や間取りが変則的な外観を生み出します。住まい作りのプロセスを通じてどの部屋にどの様な家族がいるかが分かり、親近感も生まれます。「参加申し込みから入居まで約2年の間に総会が7回。完成時に各入居者のお宅を拝見させていただいたのですが、プラン段階からの経過を知っているので、仕上がりを見たときは自分のことのように嬉しかったですね」。必然的にお互いが顔見知りになるので、小さい子供がいると安心感があるというのも良いところ。人付き合いが好きな人や大事にしたい人にもおすすめです。 最大の魅力は自由設計! こだわりの実例をお見せします 実例① 音楽との距離を縮める住まい 家の真ん中にDJブースを設置 せっかく住宅を購入するなら、大好きな音楽が中心になる家を持ちたいという夢があったTさん。最初は中古マンションのリノベーションを検討していたそうですが、新築で夢がかなうコーポラティブハウスの存在を知りプランを変更。「仕事が忙しくてブランクができてしまった大好きな音楽との距離を縮めるために、DJブースを家の真ん中に作りました」。外から見えない空間をクローゼットにしたのも自由設計ならではの工夫。 実例② 吹き抜けを作って憧れの舞台 ロミオとジュリエットをイメージ 吹き抜けを作り、ロミオとジュリエットのように上下で声を掛け合いたいとの奥さまの望みをメゾネット住戸で自由設計したMさん。イメージパースを参考に打ち合わせを重ね、形にしました。「背より高いクリスマスツリーを飾りたい」「風通しが良い明るい家が条件」「ハンモックが欲しい」など希望に合わせた設計を、相談しながら形にしていくのは素敵そうですね。 好みの空間や自分たちの実生活にフィットした機能や設備が作れることを望む人には最適なコーポラティブハウス。「自分たちの好きなものに囲まれた暮らしがしたかったので、コーポラティブハウスは価値観にぴったりあう住まいの形でした。『ここがもっとこうだったら』と感じずに済む住まいは、とても快適ですよ」(Aさん)。近年、中古物件のリノベーションも流行っていますが、配管が古いなどの設備面の不安も新築なら心配無用。こんな家作りの方法もあるので、これから家の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。 撮影/大場千里

  • 【断捨離志向のリノベーション】あえて収納を減らしたミニマリスト夫婦の決断

    目黒区の閑静な住宅街に建つ、築50年のヴィンテージマンションに暮らすKさんご夫妻。専有面積74平米のメゾネットタイプに惹かれて購入。1階にLDK、2階に2部屋と水周りという間取りは変えていないものの、「ナチュラルに、心地よく」をテーマに、厳選されたもののみと暮らしていくためのプチリノベーションを実施しました。 収納できる場所を意図的になくし 物が増えないようコントロール   ミニマムに暮らしていくコツのひとつが収納場所を意図的に減らすこと。Kさん夫妻もリノベーションをする際に不要な収納を減らす作業をしました。「ミニマムな暮らしにたどり着いて気づいたのは、人間そんなに物を持たなくても快適に心地よく暮らしていけるということ。そして置く場所があるから物が増えるということに気づいたんです。この家に引っ越してくる前からミニマムな生活をしていたので自分の物量は把握していました。使わないものは減らしていこうと思い、元からあった収納スペースをいくつか削りました」(奥さま) ミニマリストだけど好きなものは楽しむ CD1000枚は無印良品のシェルフに収納 階段を上がった2階は夫婦の生活スペース。ひと部屋は寝室兼収納部屋で、もうひと部屋は趣味の部屋として活用しています。Kさん夫妻の共通の趣味が音楽。好きな音楽をかけて物思いにふけったり、お気に入りのCDを眺めたり大好きな音楽に没頭できる空間にしました。オーディオは『JBL』のSAS100。2009年の発売当時はJBLとしては珍しいミニコンボ型で、音はもちろん、シンプルなデザインに惹かれて購入したそう。ちなみに1000枚を越すCDコレクションは断捨離対象外。ただし散らからないように壁際に無印良品のシェルフを設置しCDを収納。1枚増えたら1枚減らすを徹底し、増えないようにしているそう。寝室兼収納部屋も同様に壁際にシェルフを。「壁際に収納することで空間への圧迫感が減ると思います」(奥さま) 物がない=味気ない空間を払拭 無垢材が心地よい暮らしを実現 ミニマリストと聞くと、モノが少ないゆえに味気なく寒々しい部屋というイメージがありますが、Kさんのお宅はそのイメージを見事に払拭しています。リノベーションのテーマである「ナチュラルに、心地よく」に合わせて、床や扉の素材にこだわりました。「リノベ前の床はダークブラウンのフローリング。モノがないとはいえ、床の主張はかなりの圧迫感でした。ナチュラルな温かみが感じられるようにどうしても無垢材を使いたくて。ネットで検索して見つけた無垢フローリング専門店「木魂」へ足を運び実際に木材に触って決めました。桐、檜、その他数種類で迷いましたが、歌舞伎座の舞台にも使われていた檜と同じ出生地の檜があり、妻が歌舞伎好きというのもあってこの“百々檜”を選びました。前の家からずっと使っているソファやテーブルなどの家具ともマッチしていて味わいがあってとても満足しています」(ご主人)   ミニマリスト=物がないのではなく、自分に必要なものを見極め、暮らしに取り入れることができる人。Kさん夫妻のお住まいは、物で溢れかえってしまった現代の理想の暮らしそのもの。断捨離したいとお悩みの方はKさん邸をヒントにしてみては?

インスピレーションフォト