follow us!

LATEST

お米マイスター断言「おいしいのは新銘柄」。米の世代交代が進行中!

ホームスタークラシック_原板ソフト挿入

寝室に満天の星!「ホームスタークラシック」に私も娘も癒やされました

現状復帰DIYもOK! 壁紙プチリノベをワークショップで体験

料理研究家むらやまたかこさんがLAの自宅で使う【こだわりの塩と自家製塩麹】

「リビングを広く見せる」レイアウトの基礎知識

テイラー・ヒルもお気に入り! ソファが激売れ中の【LOWYA(ロウヤ)】を知ってますか?

お洒落冷凍食品『Picard(ピカール)』のワークショップでアレンジ料理をマスター!

ドアポケットに入れるのはNG!【卵と冷蔵庫】の5つの正解

伊勢丹新宿店で人気の【マットレスパッド】を寝くらべ!

汚れも臭いも楽に落とせる【お湯洗濯】が世界標準!?

今、手に入る北欧デザインの名品Vol.4 アルヴァ・アアルトの「スツール 60」

料理家が自宅で使う日常の器【村山由紀子さんの場合】

意外と簡単! 憧れの「ハンモックのある部屋♪」作り

【住み家と風水:第4回】ごみ箱から“悪い気”も捨てる

住み家サンプル

  • 梁を生かした高天井と「ハンモックが揺れるリビング」

    杉並区の駅から少し離れた静かな住宅街に注文住宅を建てたUさんご一家。3人のお子さんを持ち、ご主人は飲食店経営、奥さまはカフェを経営している共働き夫婦が目指したのは“家族が一緒にいられる家”。およそ30坪という限られた土地で家族5人がゆったり暮らすために、1階に大きめの寝室ひとつとバス+トイレを集め、2階は丸ごと20畳のリビングダイニングにすることにしました。 “ハンモックのあるリビング”を 作りたかったことが 梁をむき出しにした理由のひとつ 床面積は限られていても、少しでも開放感あるリビングにするため、Uさんがこだわったのが天井。いわゆる天井部分を取り除き、梁を残すことで高さを出しました。実は、梁をむき出しにした天井にこだわった理由は他にもあり、それがハンモックです。「家を建てたら絶対にハンモックを家の中心に取り付ける」というのが奥さまの強い希望だったそうです。 「ハンモックはソファやイスで寛ぐのとはまた違うリラックス感が味わえるので大好きなんです。ゆらゆらと揺られながらお茶したり、雑誌を読んだり……というのに憧れて。現実は子供たちのアスレチック代わりになってますが(笑)。天井の梁が使えると、ハンモックの取り付けがとても楽なんです。この天井設計は、広く見せることとハンモックを吊すことの一石二鳥なんですよ」(奥さま) 梁を生かした勾配天井には ハンモック以外にも いろいろ吊す! 構造上、天井の高低差があり、南向きの大きな窓に向かってより天井が高くなるように建築されています。木材の表情をそのまま生かした天井の梁がむき出しになっていることで、温もりあるログハウスのような雰囲気。さらに、むき出しになった梁を上手に生かすアイデアがいくつか。例えばライト。リビング・ダイニングにはメインの大きな照明はなく、あえて梁に吊された数個のエジソンランプと梁の上側に埋め込まれたダウンライトのみにしたそう。「南向きが全面窓なので日中は明るく電気は不要なんです。それに夜は小さな光がいくつか集まった照明のほうがリラックスできるかなと思ってあえてこの形にしました」(ご主人) 区切りのない広いリビングは 壁の素材や色に変化をつけることで 場所ごとの役割を明確化 U邸のメインスペースは仕切りのない2階。キッチン・ダイニング・仕事部屋・子供部屋……と、全てを兼ねた空間です。ひとつの部屋にあらゆる用途のスペースがあり、散漫になりそうなところを、壁の素材に変化をつけることで場所ごとの役割を視覚的に分けるように考えました。「全て同じ壁材だと統一感は出そうですが、これだけ広いと単調で味気ない印象になってしまいそうで。ならば壁に変化をつければメリハリが出てインテリア的にもいいかも!とひらめいたんです。でも、いざ選ぶとなるとそれはそれは迷いました(笑)。結果的にキッチンは自分が立つことがほとんどなので気分の上がるタイル壁にし、子供スペースは白の漆喰風、書斎スペースは温もりを感じるウッドにしました。すべてナチュラルテイストでまとめたので統一感も出せたかなと思っています」(奥さま) 生活空間から仕切りを排除し、家族みんなの顔が見えることにこだわったUさん邸。勾配天井や壁材の変化で単調にならず窮屈さもない家族みんながくつろげる空間が実現しました。ハンモックに横たわると、ちょうど目線の位置くる南向きの大きな窓の外に、現在ウッドデッキを増設中とのこと。「完成したら、窓を全開にして外の空気を感じながら子供たちとハンモックで揺られるのが今から楽しみです」(奥さま) (撮影/石田純子)

  • 築35年の家を2世帯リノベ② 思い出を残す改修アイデア

    リノベーションのきっかけは、奥さまのご実家でお父さまとの同居を決めたこと。1階は、今まであった部屋をひと続きの広いLDKと玄関にし、寝室を増設。2階はお父さまが暮らすスペースとし、新たに子供部屋を増設。玄関も2つに分けることでプライベートを確保しつつ、広いリビングが家族のつながる場所になっています。この家で育った奥さまにとって、ここは思い出がたくさん詰まった場所。そのなかでも、自然を近くに感じていた庭と、今は亡きお母さまを思い出すキッチンは、これまでの面影を残すことにしました。 以前からある木々を残しながら 屋内から庭にアクセスできるデッキを新設 奥さまが子供の頃の庭は、ブランコやうんていなどが置かれ、よく庭で遊んでいたそう。「家に来客が多かったこともあり、庭で遊ぶことが多かったのですが、中学生くらいになると私にとっては、両親が家庭菜園をしている横で、蚊に刺される場所になっちゃって(笑)。しばらく手を入れていなかったのですが、子供ができてからは、もっと気軽に楽しめる庭にしたいとずっと思っていました」(奥さま以下同)。 さらには湿気対策として高床に設計されていたこともあり、地面との段差が大きいことも悩みでした。庭の木々は極力残しつつ、屋内から気軽に庭に出てられるウッドデッキを作ることで、その問題も解消。リビングやダイニングに沿って設置されたウッドデッキ伝いにどの部屋からも楽に庭へ出ることができます。 「最初はもう少し広いデッキスペースにする予定だったのですが、人の手が入りすぎていない土の庭で遊ぶ子供たちがすごく楽しそうで。子供が小さいうちは、この自由気ままに遊べるスペースも残したい、さらに遊具も作ってあげたいと欲張った結果、この緑を残したデッキとブランコ型のベンチに落ち着きました」 料理が好きだった母の思い出が残る L字型のキッチンスペース キッチンは料理が好きで、人を招くことも大好きだったというお母さまとの思い出のスペース。「実はリノベーションにあたり、何度もI型キッチンを提案されたのですが、母が愛用していたL字型にこだわり、同じ形で作り直しました」。キッチンを囲んでいた吊戸棚はすべて取り払うことで、他のスペースとのつながりも生まれました。手元だけは隠れるようにBARカウンターを設置。「カウンターに合わせたのは、新婚当初に購入したお気に入りのBARチェア。今回の新しいキッチンタイルも、このチェアと同じパトリシア・ウルキオラが手掛けたものです。施工は、長女の同級生のタイル屋さんにお願いして、子供たちも一部お手伝いさせていただいたんです」 黄色い食器棚は、35年前に設置したものをそのまま残しました。「棚と、その横にある白い扉のパントリーもそのままで、呼び方も昭和そのままに“食品庫”です(笑)。子供の頃の家庭科の授業で、私のお弁当が栄養バランス№1に選ばれたことがあるほど料理好きだった母。友人が遊びに来ると、急でも手際よく手作りのオヤツを出してくれたり、そんな思い出の詰まったキッチンを壊すのは寂しすぎて、できるだけ残すことにしたんです」。 大切な思い出に囲まれながら、新しい暮らしを楽しむ家。そんな素敵なリノベーションを叶えたSさんのお住まい。「子供の頃の思い出を残しつつも、今の私たちらしさもしっかり反映されたこの家は、どこにいても本当に居心地がいい。この環境を残してくれた両親と、思い出を残しつつ上手なアレンジを考えてくれた主人に感謝しています」 (撮影/松本有隆)

インスピレーションフォト