follow us!

LATEST

暑いけど冷える、夏の寝室の必需品【タオルケット】私のお気に入り(スタッフ内調査)

食品管理のプロが語る「スーパーの危険な卵」を見分ける2つの方法

夏の手土産にいかが? 濃厚な味わいに大満足【バスクチーズケーキ】厳選4軒

生乾きの臭い最大の敵【モラクセラ菌】撃退9つの知恵

ヨーロッパも歴史的猛暑! パリの夏バテ対策は【冷たい野菜料理】で

カレー好きなら見逃せない【絶品ご当地レトルトカレー】専門店店主が選ぶ5品

お土産にいかが? ハワイ生まれの【オーガニックなエナジードリンク】

糖質制限ダイエットは、管理栄養士監修の【宅配食】が成功への近道!

のど越しが違う「手延べそうめん」ソーメン二郎さんおすすめの4品

失敗しない【食卓に映えるグラス】インテリアスタイリストのお墨付き3選

意外な場所が使える嬉しさ!山崎実業の【マグネット収納】が超便利

安全でおいしい食材が嬉しい「生活クラブ」の宅配が根強い人気!

【6畳間にベッド2台】狭い寝室を心地よく使う4つの工夫

売り切れちゃうかも!?【久世福商店】見つけたら即買いの大人気商品

住み家サンプル

  • 海外の庭園好きも見学に訪れる【住宅地とは思えない、美しい茶庭のある家】

    作庭家の高橋良仁さんは、17年前、埼玉県北浦和の住宅街に自宅を建てたとき、本格的な茶室を設けました。その際、140㎡程のスペースに茶庭(別称:露地)も作り、ご本人の茶名瑞鳳庵宗仁にちなんで“瑞鳳庵”と名付けたそう。ご自身の設計、施工による茶庭は、丁寧な技術に独創的なセンスを織り交ぜた、一貫性のあるくつろぎの和空間として評判となり、時折海外から訪れる人もいるんだとか。 「茶室で客人をもてなす茶事を催す際に、なくてはならないのが茶庭です。一連の所作を、あうんの呼吸で進めるのが茶事のたしなみですが、物言わぬ時間を過ごすからこそ、細部の作りがいっそう大切な役割を果たします」(有限会社庭良代表取締役 高橋さん・以下同)。別世界のオーラを放つ茶庭の中身を、見せていただきました。 木漏れ日と風が心地いい 客人の待機スペース「腰掛待合」は 踏み石ひとつにも意味やこだわりが 「腰掛待合は、客が静かに座って景観を楽しみながら、亭主が出迎えにくるのを待つスペースなので、居心地の良さも必要です」。長年かけて各地から集めているという石は、形や色、配置など、高橋さんのセンスとこだわりが感じられる、見た目のバランスがいい作りに。実際に座ってみて驚いたのは、一般の住宅の庭にいるとは思えない心地よさ。まるで古寺を訪れたようなすがすがしさを覚えました。 住宅になじむようアレンジされた「中門」 苔に埋もれた飛び石が風情を呼びます 茶事の際、ご亭主は、頃合いを見計らいながら中門に出て“腰掛”で待つ客と初めて顔を合わせます。「露地(茶庭)は中門を境に、内露地と外露地に分けられています。中門は比較的作り手の好みが反映されることが多く、こちらも屋根が湾曲になったオリジナルバージョン。苔が後から自然に生えました」。完成から時を経るごとに飛び石が苔に埋もれていき、中門ともあいまって、いっそう風情のある景観へと変化していくところも見どころ。 50種類以上ある素朴な山採りの樹木を 効果的に「植栽」したことで 年月を経てより表情豊かな庭へ進化 植栽には特に決まりがなく、美術のような感覚で自由に作り上げていったという高橋さん。「最初に選んだのは、山採りをメインにした50種類ぐらいの木々。後から加えた植物も育ち、最初に見越していた通り、バランスよく木漏れ日が入るように」。秋になると紅葉がひときわ美しい高橋邸。手をかけなくても自然に味わいが増していくのが、日本の庭が持つ魅力です。 古来の決まりに沿って作られた「躙口(にじりぐち)」。 軒で庭と建物をつなぎ一体感のある庭に 壁に取り付けられた引き戸が、躙口(にじりぐち)と呼ばれる茶室への入り口。にじって入りやすいよう、亭主の膝の位置を目安に設計されているのだとか。「躙口(にじりぐち)の寸法や形、作りにはある程度決まりがあり、それに習って作りました。庭と建物をつなぐ軒内は日本建築の特徴的な部分。茶庭に一体感を出す役割を担っています」   ◆名庭〈瑞鳳庵露地〉はこうして誕生◆ この場所は、「借景」に頼れない新興住宅地。茶庭に求められるのは、あたかも山の中にいるような静寂さなので手腕が問われるところ。「隣接する家を含めた近隣の景色を視界から取り除き、周囲とは異質な空気感を作ることを意識しました」。具体的には、背景に石を積み上げることで周りから遮断された空間を作り上げました。約3カ月かけて茶庭が完成し、「瑞穂庵露地」と命名。「17年前より木々が大きくなって地苔も増えたので、庭に新たな広がりが見えてきました。そんな成長を見るのも楽しみのひとつです」 ・・・・・・・・ 細かなルールと自由発想の部分、その両方があるからこそ、伝統的ながら独創的な空間を作ることができた高橋邸の茶庭。戸建てに住んでいても、ここまで立派な庭はなかなか作ることができませんが、もしこれから自宅に庭をと考え中なら、日本庭園や茶庭の決まり事を少し意識してみると、個性的でありつつ落ち着きのある空間が手に入るかもしれません。 (撮影/相澤琢磨)

  • まだまだ発展途上。仲間が集まる「ルーフバルコニー」を自作中!

    Nさんご夫妻が購入したのは板橋区にある築39年の中古マンション(約65平米)。その最大の魅力は、約60平米と室内と同じくらいの広々としたルーフバルコニー。マンションの設計上バルコニーは北向きですが、5階の最上階なので日当りも眺望も良好です。「だだっ広い感じがなかなか解消できず苦戦しました。広さのあるバルコニーは、グレーの床だと家具などを配置してもなかなか見栄えがよくならず、それを整えるとなるとコストもかかるので、自分が目指す“海外のビーチハウス”の雰囲気を演出できるロープライスアイテムを見つけるのが大変でした。植物や資材などは安くまとめ買いし、家具や雑貨はネットや雑貨屋、100均などを上手に利用し、4月頭から少しずつ現在の状態に仕上げていきました」(奥さま・以下同) まずは味気ないグレーの床を ウッドやグリーンテイストで味付け まずは一面グレーだった床をナチュラルな質感に変え、マンションっぽさを解消。床の質感を変えただけで、理想とするくつろいだ雰囲気にぐっと近づいたそうです。「バルコニーは東と西で大きく2つに分かれているので、2つの部屋を作るイメージでウッド調とグリーンで仕分けしました」。人工木のパネルは天然ぽく見える木目や色合いのものをチョイス。人工芝のマットは枯れ芝ミックスにするなど、できるだけリアルな質感に近いのものを選んだそう。「本物のウッドデッキにしたかったのですが、マンションの管理組合から修理・修繕用にいつでも撤去できるようにしておかなければいけないと言われたため、すぐに取り外しができるものを選びました。作業は思ったよりも簡単で、ひとりでもそれぞれ1時間ほどで完了しました」 海辺のカフェをイメージしながら リゾート風の家具や雑貨をバランスよく ◆東側は、ラタン調ソファでテラス席風に◆ 屋外で使用するため、家具や雑貨類は汚れてもいいようにできるだけ低価格のもので揃えたというNさん。「ブルーを基調にした室内に合わせて、バルコニーの雑貨類もさりげなくブルーを取り入れています」。メインとなるソファやテーブルは『IKEA(イケア)』で購入。ソファは撥水加工のものをチョイス。「人工ラタンは雨にも強く、リゾート感を増してくれるアイテムなので気に入っています」。楽天で購入したパラソルも、ビーチっぽさを出すのに欠かせないアイテム。「本当はブルーのストライプ柄が欲しかったのですが、予算内で見つけられず……。でも白で爽やかな印象に仕上がったのでよかったです」。クッションなどの小物類は、『Vita(ウィータ)』や『salut!(サリュ)』などの雑貨屋でリーズナブルにまとめています。   ◆西側は、シャビーシックなガーデン風◆ 人工芝を敷いたエリアには、白いテーブルとイスを置いて友人を招いたホームパーティにも対応できるようにしているんだとか。「実はこの机は引っ越しを機に処分しようと思ってたものなんですが、せっかくなのでバルコニーで再利用してみました。時間が経ってかなりボロボロですが、この褪せてさびれた感じが海辺のカフェっぽさを醸し出してくれるので、意外とよかったなと思っています」。 フェンスにもグリーンやハーブを施して よりリゾート感を醸し出します テーマはリゾートであっても、今どきなラグジュアリーリゾートがイメージはありません。「自然を感じるグリーンをできるだけたくさん配置し、カジュアルで温もりのある雰囲気に仕上げたのもこだわりです。まずはスチール製の柵をフェイクグリーンで隠し、冷たい印象を解消しました。外からの目隠しにもなるので一石二鳥ですね」。見栄えのいいハーブ類は、できるだけ料理に使えるものをセレクト。「私も主人もハッカで有名な北海道の北見市出身なので、焼酎にペパーミントたっぷり入れて飲むのがおすすめです!  植物はこれからもいろいろ買い足していこうと計画中です」 バーベキューにプール、花火観賞… 友人が自然と集まる憩いのバルコニーに 大好きなお酒が気軽に楽しめるバルコニーであることも、Nさん夫妻の強いこだわり。「友人を招いてBBQパーティができるよう、屋外用のカセットコンロやドリンク用のテーブルも揃えました。気の合う仲間と飲み交わす時間は至福のとき。主人と二人でもお酒を楽しんでいます」。今後やってみたいことは、ますます増えていくばかり。「夏に向けて3mほどあるプールを購入し、温水プールもできるようにバルコニーの蛇口はお湯が出るようにしてもらいました。ここから花火や桜も見られるので、友人を集めて季節ごとにさまざまなイベントができるのも魅力なんです」。徐々に完成しつつあるバルコニーですが、まだまだ追加したいものは尽きないのだそうで、今狙っているのはモロッコ風の大きなランタン。最終的にはもっとアイテムを増やし、より理想的な空間に仕上げるのがNさんの目標なのだそうです。 ・・・・・・ 低予算でも趣味のいいアイテムを見つけるNさんの買い物力には驚かされました。やっぱりきちんとイメージを持って挑むことがDIYでも大切ですね。まだまだ進化途中のこのルーフバルコニーは、少し時間をあけてまた取材したいと思います。以前の記事では、Nさん宅の室内のリノベーションやこだわりのインテリアパーツに関してもご紹介していますので、ぜひアイデアを参考にしてみてください。 (撮影/石田純子)

インスピレーションフォト