follow us!

LATEST

【住み家と風水:第13回】ソファが左右する仕事の成功運

【長く使えるフライパン】合羽橋、老舗料理道具店の結論

食べ盛りも満足の【スタミナのっけ弁当】は、お弁当デビューにもぴったり!

東急ハンズおすすめ【実は重要なお家の花粉対策】優秀グッズ

お酒と心地よい毎日を実現する「都会のビーチハウス風」リノベ

利用歴15年の私が考える「家事代行を気持ちよくお願いする」ための7カ条

無水調理もOKな土鍋【ベストポット】は時短主婦こそ楽しめる!

アーリーリタイアを楽しむために選んだハワイ島の家② 暮らしながら家を育てるDIY

収納の定番【無印良品の PPケース】インテリアアドバイザーのリアル活用術

【食卓があか抜けるカトラリー】スタイリストのおすすめ3ブランド

ロールクッションサムネ用

愛犬が超絶可愛く撮れる!【オフカのロールクッション】に話題沸騰

365日おにぎりを食べる“定食王”推薦の【駅ナカおにぎり】はこれ!

お試しレポ【ソニックソーク】の超音波洗浄で“洗う”の概念が変わる!?

【住み家と風水:第12回】玄関の鏡が、良い気を取り込み悪い気をはね返す

住み家サンプル

  • お酒と心地よい毎日を実現する「都会のビーチハウス風」リノベ

    板橋区にある築39年の3DK中古マンション(約65平米)を、20畳のLDKを持つ1LDKにリノベーションしたNさん夫妻。元々リノベーション住宅を希望されていた奥さまとご主人の方向性が合致し、セミナーや見学会などにも足を運び、設計士との距離が近い「ゼロリノベ」に発注しました。実際に6カ所近くの物件見学をした結果、見つけたのが築39年のマンション。リノベーションするにあたって、ご夫婦の希望は 〇海外ドラマに出てくる開放的な対面キッチン 〇食材やお酒を収納できる広めのパントリー 〇ホームパーティで仲間が長居できる空間 〇ワークスペースをリビングの一角に 〇外国アパートメント風のじゅうたん敷き 〇壁に大好きなティファニーブルーを入れたい 〇コレクションのギターをリビングに飾りたい 具体的なものと抽象的な希望が混在するリクエストを整理して、設計士のかまたひろしさんが提案したのは ◆デザイン→「南仏のビーチハウス」 ◆暮らし→「お酒と心地よい毎日」 この二つをテーマにリノベーションを進めていくことにしました。 窓からたっぷり入る日差しをいかした 外を感じながら暮らせるリビング 「設計前にNさんご夫婦にイメージをヒアリングした際に“ビーチハウス”というワードがたびたび奥さまから出てきました。ビーチハウスといえば、基本的に外を感じながら暮らすというのが肝だと思い、光を遮らないように、外と中を曖昧につなぐようなイメージで、景色が目に入りやすい空間を提案しました」(設計士 かまたひろしさん・以下Kさん)。そしてアンティークな雰囲気も併せ持つ大人な空間を目指したので、色はブルーとブラウンを基調に。リビング家具でも特に重要なソファは、関家具で取り扱うRELAX FORMのもの。「ショールームで見て、座り心地がよかったことが最大の決め手。次は見た目かな? 新品なのにビンテージっぽい雰囲気なのが気に入りました。実はこれはレザーじゃなく、レザーテックスという新素材の布なんです。水拭きもできて手入れもしやすいですよ」(奥さま)。 廊下から寝室までをひと続きの じゅうたん敷きにすることで 海外のアパートメント的ニュアンスを 壁の色、じゅうたん敷きなどのリクエストをアンティーク風のビーチハウスのイメージと調和させるように、かまたさんは、以下のように工夫したそう。「リクエストカラーのティファニーブルーは印象に残る色なので、使い方によっては甘くなりすぎてしまいます。そこでグレーを入れて引き締め、大人の配色になるように考えました」(Kさん)。また、オーストラリア在住経験がある奥さまの“海外のアパートメント”イメージはオールじゅうたん敷きでしたが、「全てじゅうたん敷きにするとビーチハウスのイメージから遠ざかってしまいます。なので、玄関からリビングにつながる廊下と寝室に採用しました。それだけでも十分に海外らしさは出せると思います」(Kさん)。実際に生活がスタートしたらフローリングのほうが生活しやすい部分もあるので、結果的によかったと、奥さまも大満足のご様子! ウッドのオープン収納やマリン配色で 入り口からビーチハウスをイメージ 当初は、大きめのシューズクローゼットを考えていましたが、玄関の広さを考えると、より狭く暗くなってしまうので断念。壁をブルー×白のツートンにし、設計士のかまたさんが見つけてきたレトロな照明を設置することで、玄関の扉をあけた瞬間からアンティーク風ビーチハウスを感じられるようにしました。「オープン収納棚にしたことにより、靴の出し入れもしやすいし、湿気もこもりにくいから結果的によかったと思っています。またリノベ前よりも明るい玄関になったので嬉しいです」(ご主人)。 予算感も考慮しつつ奥さまが こだわって見つけたタイルを使い 完成した地中海イメージの洗面所 奥さまから形が特徴的なアラビアンタイルを洗面所に使いたいというリクエストがありましたが、気になるタイルは予算オーバーなものばかり。「最初にかまたさんからご提案いただいたタイルの金額を聞いたとき、さすがにタイルにそこまでお金はかけられないと断念しました(苦笑)。でも、サンワカンパニーのショールームでたまたま見かけたタイルの値段を調べてみたら劇的に安いしデザインも私好みだったので即決定!」(奥さま)。奥さまは他にもタオルハンガーをmaltoで、カーテンタッセルは100均のseriaで見つけてきて海を連想させる素敵な洗面スペースとなりました。 ひとりでも夫婦でも大勢でも お酒をおいしく飲むための 中心にあるのがこの対面キッチン 「思い通りの空間になったとしても、住む人のライフスタイルに合わない家だと意味がないですよね。話を聞くうちに、お二人のコミュニケーションツールはお酒だということが判明しました!」(Kさん)。そこで、楽しくお酒が飲めるように、このキッチンを中心にしつつ生活動線を考えて細部を詰めていきました。 ご主人がリビングのどこで飲んでいても 目に入る位置に趣味のギターが! ソファからも、ダイニングテーブルからもよく見える、テレビの横の壁にご主人お気に入りのギターを設置。「“酒のつまみになる”と気に入ってくれてよかったです」(Kさん)。ギター専用につけられたライトで照らすとひと際カッコよく見えると旦ご主人もご満悦。 楽しくゆったり飲むために 広いパントリーは動線を考えた位置に 料理上手な奥さまはキッチンに立つ時間も長く、ご主人と話しながら、料理を作りつつ一緒にお酒を楽しむシチュエーションもあるそう。「キッチンとパントリーがつながっているので、料理を作るときの導線もスムーズでストレスフリーです」(奥さま)。 友人大勢で飲むときは 自然とキッチンに人が集まります 料理をする奥さまがさみしくないようにと、アイランドキッチンはリビングの中心に。「一段高い床面にしたことで目線が上がり、ゲストの様子が見渡せます」(Kさん)。またグラスなどを置けるちょっとしたスペースを設けたので、ホームパーティでは自然とみんながキッチンに集まってくるそう。 好きなものに囲まれた空間で、心地よい暮らしをスタートさせたご夫婦。実はこの家のいちばんの魅力といっても過言ではない、広々としたバルコニーを現在整え中。完成したらさらに心地よいビーチハウスになりそうですね。 (撮影/内田徳人)

  • アーリーリタイアを楽しむために選んだハワイ島の家② 暮らしながら家を育てるDIY

    2017年の11月、ハワイ島に移住したトニー&のりこ・ドナ夫妻。長年住んだLAとは違い、素敵な家具屋も多くありません。トニーさんたちの場合は、LAからコンテナで送った家具もありましたが、暮らしに合ったものを自分たちで作るようになりました。もともとトニーさんはデザインやDIYが得意なので、逆にこの状況を楽しんでいるのだとか。今回は、実際に暮らしてみて湧いてきた改善点とそのDIYを紹介します。 〈家を育てるDIYリノベ①〉 やたらと多かった窓やドアを壁面に変更。 夫婦とも大好きなアートを飾るスペースに この家は海抜500mほどに位置しているのでハワイにしては涼しく、エアコンもありません。風通しを考え、窓が多く配置されていますが、アート好きのお二人は、「窓じゃなくてアートを飾る壁がもっとほしい」というのがひとつの悩みでした。そこで、なるべく風通しに影響を与えないように考えつつ、アートを飾れる壁をリビングに作りました。玄関を入ってすぐにガラスのダブルドアが付いていたのですが、ベランダから部屋に入れることも多く、思い切ってガラスのドアを取り外し、そこを壁にしました。業者さんにお願いしたのかと思えば、なんと作業は全部トニーさん。2週間くらいで作業は完成。新しくできた壁にはお気に入りの絵を飾り、リビングルームがしっくり落ち着いた雰囲気になりました。 〈家を育てるDIYリノベ②〉 高温多湿が原因のカビ対策として 階段下をドライルームに変更 「エアコンがないので、窓はほとんど開けっ放しなんですが、気がついたら、洋服や革製品などにカビが付き始めてびっくり。空気が乾燥していたLAではなかった経験です」(のりこさん・以下同)。これはすぐにカビ対策が必要ということで、階段下のスペースを利用してドライルームを作りました。ここには除湿器で湿度を一定に保ち、革製品や旅行に必要な冬服などを保管しています。もともと中途半端なスペースだった階段下が役立つ場所に様変わり。これももちろんトニーさんが木を切ったり打ち付けたりと設計から工事まで手掛けました。完成まで1カ月ほどかかったとか。 〈家を育てるDIYリノベ③〉 ハワイらしくなかった薪ストーブ周辺を モダンで開放的な印象にチェンジ! ハワイでストーブ?と思うかもしれませんが、標高の高いこのエリアでは使うこともあるそうです。当初、薪ストーブの後ろは石タイルの壁がありました。もう少し開放的でモダンな感じを加えたいと、壁をステンレスのケーブルに変えました。階段のステンレスのポールとケーブルは特注し、木の手すりは地元のファームから材料を買い、トニーさんが加工しました。制作期間は約2週間。その結果、今まで壁で遮られていた窓や階段の踊り場がリビングルームから見渡せるように。実は、ここにはトニーさんのこだわりが詰まっています。改修当初、ストーブの後にある手すりの高さと踊り場上部分の壁の高さが合わないのが気になるということで、新しいケーブルのレーリングに変えた後、踊り場の壁の高さも合わせて調整しました。こういう繊細さは、さすが元デザイナーですね。 〈家を育てるDIYリノベ④〉 重厚すぎる階段のじゅうたんを撤去しつつ 愛犬が歩きやすいようにひと工夫 階段には、もともと長いカーペットが敷かれ、それが滑らないよう抑えるモールディングのバーも付いて重々しい印象でした。当初、必要ないので全て取り外すことにしていましたが、お二人には12歳になる愛犬ルナちゃんがいます。階段の上り下りで滑らないように何らかのカーペットは必要と軌道修正。そこで、階段の見た目をシンプルにするためにモールディングを取り外し、蹴込の部分を梁と同じ色にペイントして色を揃え、カーペットもシンプルなものに変更。階段のベースボードを外し、ペイントを塗って完成までに2週間。より2人の好みにあったモダンな印象になりました。 家を育てるDIYリノベ⑤ 暗かったトイレの壁に思い切って窓を 作って、印象激変! マスターバスルーム自体は窓が大きく明るいのですが、トイレは少し暗くて息苦しい感じでした。そこでトイレをアップグレードしたついでに、バスタブとトイレの間にあった内壁に窓を作ることにしました。窓といっても壁に穴を開け、光が入るようにしただけの小さなチェンジですが、効果は抜群。トイレから窓の外の景色が見えるようになり、トイレの息苦しさも改善されました。作業は約1週間。トイレの壁には、地元のアーティストで有名な小田まゆみさんのアートを飾り、お風呂に浸かっているときも、彼女のアートを眺めることができます。 趣味の域を超えたDIYができるのは 素晴らしいワークショップがあったから この家を購入した際に、DIY好きなトニーさんにもってこいのワークショップが既についていました。前のオーナーさんが器具や工具もいくつか残していってくれたのですが、かなり古いものもあり、DIYプロジェクトが効率よくなるように新しい器具も追加。日本の間隔だと、趣味の域を完全に超えた工房です。実は1カ月くらい前、パワーツールのストレージとして使っていた別の小屋で火事が発生し、全焼してしまいました。幸い、家やワークショップなどは大丈夫だったのが不幸中の幸いですが、トニーさんはなんと今、めげずにこのストレージ小屋を立て直しています。建物全部を自分で立てるのは今回初めてなので試行錯誤しながらやっていて、他のDIYプロジェクトはホールドとなってしまいましたが、応援したいです。 ・・・・・・ いかがでしたでしょうか? ここまで難易度の高いDIYはなかなか真似できませんが、住みながら家を育てていくのは、夢があっていいですよね。ハワイ島での暮らしは最初はすぐ飽きるかと心配していたのりこさんでしたが、どんどん居心地が良くなっていく我が家を満喫していると、LAが全然恋しくならないそうです。これからも住みながら手を加え、進化していく家、今、また新たにゼロの状態から作り上げているというパワーツールを置く専用の小屋。しばらくたったらまた取材したいと思います。

インスピレーションフォト