follow us!

LATEST

ハワイで気になった「瓶詰め食材&コスメ」は、後からiHerb(アイハーブ)で買うのが私の正解!

玄関ドアに「山崎実業のマグネット収納」を使って、見た目すっきり収納力アップ!

箱に詰めて送るだけ!【サマリーポケット】で断捨離せずにクローゼットがすっきり!

これはまさしく日本仕様!【Dyson V8 Slim】をダイソン歴15年の私が自宅でチェック!

洗練された癒やしが手に入る!トレンド感ある「木のお皿」に惹かれます

留守中に【愛犬と遊んでくれて、おやつもくれる】ペットが喜ぶロボットをお試し!

お洒落なパッケージで手頃な値段。英国の大人気メンズスキンケアを旦那さまへのプレゼントに

1世帯の金融資産平均1,151万円に届かない私が、積み立て投資を選んだ理由

お洒落で実用的な【トイレットペーパー収納】5つのアイデア

最新炊飯器が解決。「ごはんが昨日よりおいしくない」理由は、水の量が合ってないのかも!?

【住み家と風水:第21回】家の価値を上げる!? 正しい表札の掲げ方

ふるさと納税6年目の私が大満足【柳宗理のキッチンツール】がおすすめ返礼品の理由

VIOマルシェで見つけた【無添加でおいしい即席おだし】3選とおすすめレシピ

主婦が料理に使う時間、1日平均1時間10分を【宅配食サービス】で賢く時短!

住み家サンプル

  • インテリアを「プロヴァンスからパリ風」に大改革した、築16年目のリフォーム

    フード&テーブルコーディネーターとして活躍中の岩下亜希さんは、目黒区にある約90㎡の一軒家にご主人と4匹の猫と暮らしています。「20代の頃に2年ほど暮らしたフランスで、ライフスタイルに対する美意識の高さに感銘を受けました。暮らし自体を芸術としてとらえる彼らの考え方“アールドヴィーヴル(生活芸術)”のエッセンスを取り入れて16年前に建てたのがこの家です」(岩下亜希さん・以下同)。当初はプロヴァンス風にしていたそうですが、年齢を重ねていくうちに好みも変化し、今年の5月にリフォーム。今の自分たちが心地よく過ごせる空間を考えて選んだという、各部屋のインテリアを見ていきましょう。 亜希さんのプライベートルームは 猫足の家具でパリのプチホテル風 濃淡パープルで統一された亜希さんのプライベートルーム。リフォーム後に家具を揃えたわけではなく、もともと使っていたお気に入りを集めたら、自然とパリっぽい空間に仕上がったとか。「自分で勝手に“パリのプチホテル”と名付けて楽しんでいます(笑)。カーテンやクッションカバーは、好みの生地が手に入ったので自分で作りました。リネン類は季節や気分に合わせて自作しているんですよ」。空間に趣を添えるのがチェコの老舗メーカー『ペトロフ社』のピアノ。「一昨年34年ぶりにピアノを習い始め、それを機にピアノを購入したんです。この部屋は、私の“好き”を集めたプライベートな空間。ここでピアノを弾いたり、猫たちと戯れたり、そんなひとときが最高に心地いいんです」 水回りも細部までこだわりぬいて フランス人の優雅な世界観を表現 「パリの蚤の市で見かけたときにひと目惚れして、いつか家を持ったら絶対に猫足のバスタブを置こうと決めていました!」。16年前に家を建てた際、輸入建材などを扱うWHAT'S HAPPENING?で購入した猫足タイプのバスタブをバスルームに配置。バスタブの優雅な雰囲気が際立つように、バスルーム全体を白で統一したそう。「水回りも妥協はしたくありませんでした。バスタブも便器も、日本のものはデザインにピンとくるものがなかったので、結局海外のものを取り寄せる形になりました。便器はアメリカを代表する水回りの製造メーカー・コーラー社のものを採用しています。少し手間はかかりましたが、おかげで毎日気持ちよく使うことができています」 パリのアパルトマン的シックさを 求めたリビングは、 照明の陰影が強調されるグレーの壁に変更 以前はテラコッタを床一面に敷き詰めた明るいプロヴァンス風のインテリアでしたが、最近は、少しクールな都会的スタイルが好み。「パリの人は照明の陰影を上手に使って、雰囲気ある空間を楽しんでいます。そんな成熟した空間が今の気分だったので、グレーの壁をメインに、照明の陰影が映えるリビングダイニングにテイストを変えてみました。キッチンの前にはバーカウンターも設置して、お酒が楽しめる空間作りにもこだわったんです」。通常ならラブリーになりがちなピンクのバラも、グレーを基調とした空間にしつらえるとクールな印象に! 照明の光が醸し出す陰影が美しく、以前に増して夜の時間が楽しくなったとか。 ご主人の書斎兼寝室は、あえて 秘密基地感覚のブルックリン風 ブルーと白を基調にレンガ壁や木製家具をプラス。ビンテージの雰囲気を出しつつ使い勝手も考慮したのが、ご主人の書斎兼寝室です。「主人はIT関連の会社に勤めていることもあって、家で仕事をすることも多いんです。そこで少しでも気分よく仕事ができるよう、落ち着いた色調に少しラフさを加えたブルックリン風にリフォームしました」。まず目に入るのが、正面のブルーグリーンの壁。そこにレンガ風タイルを貼ることで、一気にモダンな印象に。「はしごの上はベッドになっています。ベッドとはしご回りは鉄のフレーム。ペンキを塗る前の下地だけを施してあります。マットな黒が部屋の雰囲気に合っていたので、職人さんにあえてペンキを塗るのを控えてもらい、武骨な印象を生かしました」。岩下さんがご主人のためにDIYしたミニテーブルもスチールの脚でしっかりマッチしているのはさすが! ・・・・・・・・ 年齢を重ねると好みや価値観は徐々に変わるもの。岩下さんのように、ライフステージに合わせて空間をアレンジするのは、暮らしを楽しむためのコツかもしれませんね。 撮影/石田純子

  • 【43㎡・団地・賃貸・2DK】8畳のダイニングを広く見せる「腰下の高さに揃えた家具」の工夫

    多摩川沿いの築50年の団地を賃貸で借りて4年ほどになるという点描画家のバナナさん。ダイニングスペースの窓から見える多摩川と緑いっぱいの奥多摩の景色とちょっとノスタルジックで昭和を感じる団地の外観に惹かれて住むことを決めました。パートナーとの2人暮らしですが、間取りは43㎡の2DKとかなり狭め。さらには仕事を自宅でしているため、家にいる時間が必然的に長いわけですが、五つの工夫をして賃貸でも自分らしい空間に仕上げることに成功しています。「僕が心地いい家作りで大切にしているのは、視界に入るものを好きなものに厳選することです。狭いからといって物を排除するのではなく、思い入れのあるものたちと一緒に暮らす感覚です。この家に引っ越す前は1人暮らしでさらに狭い部屋に住んでいたのですが、そのときから狭いなりにもこれ!と気に入った家具は手元に置いて一緒に生活していましたね」(バナナさん・以下同)。そんなバナナさん流の、狭い賃貸住宅で自分らしく暮らすルールを見ていきましょう。 徹底して「腰下の高さ」に抑えた収納棚で 圧迫感を排除。趣味の器を並べて ギャラリーのようなスペースが完成! 友人を招いてホームパーティをするのが好きだというバナナさん。およそ8畳のダイニングスペースは、奥行き60㎝で幅はおよそ180㎝という珍しいロングテーブルを主役に、その周りを飾り棚兼収納棚が取り囲むレイアウト。全て気に入ったものをアンティークで探したという家具は、それぞれのテイストは異なるものの不思議となじみ、さながらカフェのような居心地のいい雰囲気に。決して広くはないダイニングスペースに窮屈さを感じないのは、実は家具の背丈がポイントです。「(写真右側の)食器棚を除き、他は高さを腰丈(およそ80㎝)ぐらいまで。同じような高さのものを壁際に並べることで、立っているときはもちろん、座っていても視界のつまずきを防げて圧迫感もありません。特に我が家では窓からの景観も家の一部と考えているので、景色をふさがないよう、窓前の家具は目線よりさらに下になるよう意識しました」 ◆ダイニングを囲う収納棚には ギャラリーのようにお皿を飾って バナナさんは料理好き、パートナーはケータリング業を営む料理家ということもあり、2人の共通の趣味は器集め。ただ、キッチンも決して広くはない背面式なので、収納場所が極端に少なく日に日に増える器をどう保管していこう?と頭を悩ませたそうです。バナナさんは器に実用性に加えてアートな感覚を強く持っていたので、しまいこむのではなく、ギャラリーのように飾って収納するというスタイルに行き着きました。 ◆いつもオープンにしてある寝室も腰下の高さを 意識。ダイニングからの連続性を大切に 8畳のリビングの隣にあるおよそ5.5畳の寝室兼書斎。引き戸がついており、独立した一室としても使えますが、あえて戸を閉めずひと続きのスペースにして空間の広がりを確保。ゲストが来ても開けたままで、出入り自由なのだとか。ここでもダイニングスペース同様アンティークの家具で背丈は低めのルールが活かされています。「僕自身、家で仕事をしているせいかプライベートも仕事も境目がない。ので、ゲストにもあえて隠すということをしてません(笑)。ダイニングで食事をした後、ソファでお酒を飲んだり自由にくつろいでもらっています。あえて家具のトーンも高さやサイズ感も変えないことで同じ空間と認識することができるので、狭さを感じさせないのかなと思っています」 他にも広く見せる工夫がいっぱい! ◆イスはあえてバラバラ。 空間にメリハリをつける   頻繁に大勢のゲストが集まるバナナ邸に必須の家具がイスです。なんと10脚近くもあるんです。これならゲストが来ても座る場所がないと焦ることがありません。そしてこのイス選びにも心地いい空間作りのポイントがあるそう。「家具同様、あまり背丈のないもので、全体的に重心低めをセレクトしています。それと、あえてバラバラにしていますよ。全て同じイスだと統一感はあるけれど、我が家のようにあまり広さがないと逆に空間をのっぺりさせてしまうと思うんです。あえて色も形もバラバラなものを置くことで空間にリズムが生まれて広がりを感じるだけでなく、明るく楽しげな感じにもなるんですよ」 ◆つるしインテリアで視線を上に 空間の広がりを確保する 築50年の団地なので一般的なマンションと比べても天井が低くそれだけで少し窮屈さを感じてしまいます。その問題を背丈の低い家具を配置することに加えて、つるしのデコレーションで空間の広がりを感じさせる工夫を。「とは言ってもつるしすぎると視界を妨げるだけなので、照明がある場所に1つるしぐらいのバランスを意識しています。僕もパートナーもアンティークやずっと受け継がれてきたものが好きなので、いただいたお花をドライフラワーにして飾っています。座ったときに自然と目線が上がり広がりが感じられるんです」 ◆大切なもの、大好きなものは一部屋に集中! 居心地のいい物置部屋を作る 日本の住宅事情的に多くの人が悩まされるのが収納スペース。ものを少なくすればいいと思いがちですが、排除することが全てではないと語るバナナさんは4.5畳の一室を好きなもので埋め尽くし、収納兼趣味のスペースにしました。「一室を物置部屋にすることでダイニングも寝室ももので溢れかえることがなくなり、友人も気兼ねなく招待できるし、普段の生活空間もゆとりを感じられてよりリラックスできるようになったと思います。かといって一般的に想像する物置部屋ではなく、この部屋も僕にとっては実はリラックスできる空間。隠れ家なんていうと大げさですが、そんな感じかも。この狭い中で縮こまりながら本を読んだり、物思いにふけったり欠かせないスペースですね」 ・・・・・ リノベーションやDIYなど手を加えることのできない賃貸でも工夫次第で広がりを感じる空間は手に入ります。バナナさん流のルールを参考に、今あるお部屋を少しでも広く心地いい空間に変えてみてください。

インスピレーションフォト