follow us!

LATEST

狭い子供部屋と愛犬と暮らすリビングを「オーダー家具」で理想の形に

洗って干してと手間が多い【洗濯を楽にする動線改善】知的家事プロデューサー・本間朝子さんの時短裏ワザVol.5

元料理家の母が残しておきたい愛情レシピ Vol.2【ポテトサラダは季節で味付けを変えて】

今大人気の海外通販【iHerb(アイハーブ)】でマニアがリピ買いするもの

作り手も食べる人も思わず笑顔に♡「顔弁」こそ最強かも

ママ友の間でも評判。パリでも【オーガニックな洗濯洗剤】に注目が!

ハワイで大人気の貼るサプリ「エレメンタリストのPatch MD®」で簡単ダイエット!

夏の必需品! 子供にも安心な【体に優しい虫よけスプレー】おすすめ5選

違いは原因菌。赤カビと黒カビ落としの傾向と対策

緊急まとめ「洗濯物の生乾き臭」これが原因かもリスト

汚れ落ちの不満を解決する【アタック ZERO ドラム式専用】の秘策

インテリアスタイリストから学ぶ「寝室の理想的な目覚まし時計」の条件

世界一有名な花瓶、イッタラの「アルヴァ・アアルトコレクション」を使いこなす!

布団には10万匹? 梅雨前に知っておきたい「家ダニ」のこと

住み家サンプル

  • 狭い子供部屋と愛犬と暮らすリビングを「オーダー家具」で理想の形に

    子供の進学に伴い、歩いていける距離に公園がいくつもあり、ゆったりと時間が流れる環境が気に入って都内から横浜の高台に引っ越したHさん一家。日差しがたっぷり入るリビングが決め手となり購入した築5年の中古マンションは、床面積98.6㎡と決して狭くはないのですが、少し問題が。元のオーナーが2LDKを3LDKに変更しており、子供部屋として使える部屋の広さが4畳しかないのです。「家具を買い揃えるにしてもなかなかこの狭さにマッチするものは見つけられませんでした。家全体のイメージを統一したいこともあり、これはもう一から作ってもらうしかないと、いろいろ調べていて見つけたのがドイツのシステムオーダー家具『ip20』でした」(Hさん・以下同) Hさんは手をこまねいていた子供部屋とペットもいること、収納量を増やしつつ、すっきり暮らしたい旨を伝え相談した結果、カスタムオーダー家具を取り入れるスペースを以下の三つに絞りました。 ●4畳しかない二つの子供部屋 ●愛犬のスペースを確保したいリビング ●仕事部屋兼客間の5畳のスペース オーダー家具の利点は、広さに合わせてサイズ調整ができ、無駄なく使い勝手の良い空間が作れること。また、リノベーションと違い大掛かりな工事が必要ない点もポイント。「これぐらいの物量をそれぞれどこにしまいたいという要望を汲み取ってくれて、デザインが決まったら施工自体は2、3日ほどとあっという間にでした。家具に合わせて、どこに何を入れるという収納量と収納場所が細かい部分まで決めてしまったので、それに合わせて断捨離もできたし引っ越し準備も幾分楽だったように思います」 4畳しかない子供部屋はロフトベッドで お友達との遊び場スペースも確保! 収納や遊ぶためのスペースもほしたかった子供部屋には、ロフトベッドを採用。縦の空間を目いっぱい使うことで、お嬢さんが持つ大量の本もすっきり収納できました。「ロフト式だとベッド下に空間ができるので、4畳でも子供たちが集まって人形遊びができるぐらいのスペースを確保できました。物件によって天井高などは異なりますが、部屋に合わせ1㎝単位のサイズ調整ができるから本当に無駄がないですね。ベッドのサイドボードの装飾もハート、星、月、丸などいくつものパターンから選ぶ自由度もあり、好みも反映できます。娘の部屋は、ピンクを基調にしたのでハートを選びました」 飾り棚、テレビ台、愛犬スペースを 壁の1面に収めてリビングもすっきり! 愛犬の居場所を確保するとなると、どうしてもケージが必要でいまいち見栄えに納得がいかない…という人にぜひ参考にしてほしいのが愛犬、ララちゃんのハウス。Hさん自身も、市販のケージは部屋の雰囲気を壊してしまうし、トイレも丸見えだと懸念していました。「子供部屋に次いでオーダー家具を選んだ理由は、愛犬に落ち着ける居場所を作ってあげたかったから。家族が集まるリビングにしつらえたいとリクエストをしたら、キッチン側の壁面にテレビ、食器棚、愛犬スペースが無駄なく収まるように考えていただけました」 左側の格子のドアがララちゃんの入り口。1枚板の右側の観音扉部分は、ララちゃんのトイレスペースになっています。普段は扉を閉めておけば臭いもないし、見た目も上々です。ちなみに使っている素材はメラミン樹脂でコーティングされた高密度パーチクルボードで、汚れに強いのが特徴。経年変化が少なく手入れも楽なことが魅力です。実際、Hさんも掃除の楽さを実感しているとのこと。 ゲストスペースも兼ねている書斎には 収納式のベッドを設置しています Hさん宅で最も日当たりのいい場所にあるリビングダイニング。その一角には引き戸で区切ることができる小さなスペースがあります。ここは、自宅で仕事をすることもあるHさんの書斎兼、来客時の宿泊スペース。頻繁に使うわけではないので、場所を取るベッドも収納式をオーダーしました。「引き戸を閉めるとわずか5畳ほどの空間なので、壁面に収納できるベッドを採用しました。リビングに合わせて白を基調にしているので圧迫感もなく、引き戸を開けておいても気になりません。普段はリビングの一角として使えて空間も広く感じられます」 ・・・・・ 決して安くはないけれど、必要な量の収納場所を限られたスペースに確保でき、空間の節約が可能なオーダー家具は、狭い部屋でこそ積極的に取り入れるのがいいかもしれません。部屋の広さで悩んでいるのであれば、こんな解決策も考えてみてはいかがでしょうか? (撮影/相澤琢磨)

  • よくある間取りのマンションが【リノベ費用472万円】で光の巡る明るい空間に!

    東京都にある築3年、3LDK(約70平米)のファミリータイプのマンションを購入されたNさんご夫婦。「購入時の室内レイアウトは日本のマンションにありがちな“田の字型”でした。ファミリーを想定した汎用性の高い間取りですが、家族構成やライフスタイルによっては使い勝手が悪いことも。内覧をしたときから自分たちが使いやすい空間にリノベーションしたいと思ってました」(奥さま・以下同)。グラフィックデザイナーとして活躍している奥さまは、自宅で仕事をしていることもあり“明るく開放感のある住まい”が理想。「夫婦2人なので、部屋数はそれほど必要ありません。この新居も、部屋の間仕切りをなくしてひと続きのLDKにしたほうが開放感と使い勝手が両立できるかもと、間取り変更を計画しました」。しかし予算は450万、大掛かりなリノベーションは無理と判断。①リビング 、②キッチン、③玄関の3カ所に絞って、それぞれが使い勝手の良い明るく開放感のある空間になることを目指しました」 ◆リノベーションのビフォアアフターの図面 実は後処理が意外と大変だったけど、 間仕切りを撤去して圧迫感を解消! 初めてこの部屋を内覧したときにいちばん気になったのがリビングの間仕切り。Nさんは夫婦2人暮らしなので部屋を区切る必要がありませんでした。「この仕切りがあることで部屋が狭く見えるなと思いました」。部屋数よりリビングの広がりや開放感、家全体の明るさを優先したいNさんご夫婦は、この仕切り部分を撤去することに。単に壁を取り外すだけかと思いきや、部屋をひとつにするために、意外と作業が必要で、それは…… 1.天井のクロスを揃えるために張り替えが必要 2.撤去後のフローリング補修が必要 3.ドアがなくなった分、壁をフラットにするために‟ふかし“の作業が必要 「予算と相談しつつ進めましたが、おかげで広々とした明るいLDKが手に入り大満足です」。この心地よいリビングのおかげで、仕事も家事も気分よくできているそう。 南向きなのに暗かったキッチンは 対面式から壁つけに位置を変更して解決 明るくて使いやすいことを目標にリノベが進められたNさん宅のキッチン。「築3年のキッチンを取り壊すのは正直もったいない気もしました。しばらく住んで改めてリノベするという選択肢もありましたが、引っ越しや仮住まい代などを考慮すると入居前が得だと思い決断しました」。大きく変えたのはキッチンのレイアウト。対面式から壁つけキッチンに変更したことで通路幅90㎝を確保。「壁を撤去したことからバルコニーからの外光が差し込むようになり明るさが増し、キッチンに立つのが楽しいです」 ◆明るさはもちろん、キッチンに求めたのは 掃除がしやすい使い勝手のいいレイアウト 玄関と隣接していた部屋を土間の一部に! 圧迫感も減り帰宅したときの気分もいい 以前の玄関は、両サイドが壁と靴箱というよくあるタイプ。「リノベ前の玄関は狭い廊下と繋がっていて、正直入った瞬間に狭くて暗い感じでした」。そこで隣接していた部屋の一部を削って土間を作り、靴箱はいちばん奥に設置。玄関に隣接する2部屋にアイアンの内窓を設けたことで光と風の通り道にもなり、より明るく開放感のある玄関になりました。 ◆スペースを広げたこと以外にも 視覚的に広く見せた3つの工夫 ◆こだわりの土間で玄関が広々! ・・・・・ 予算内でリクエストに応えてくれるリノベ会社がなかなか見つからず、当初は難航していたNさんご夫婦のリノベーション計画。そんなときに見つけたのがリノベーション仲介サイト「リノベりす」でした。予算やリクエスト内容、希望の雰囲気を丁寧にヒアリングしてくれて、最適な建築家を紹介してくれたそうです。その女性建築家とは好みもぴったりで話も弾み、希望の雰囲気をすぐに理解してくれてNさんも大満足。「実は、二世帯住宅を計画していた時期もあって、その際に利用した建築家仲介サイトの担当の方に“会話が弾む建築家さんを選ぶことをおすすめします”と言われたんです。確かにそれまで設計プランを出してもらっても『なんか違う。伝えたつもりがうまく伝わっていない』と感じるシーンがありました。建築家さん選びはフィーリングが何より大事と実感!」。今回は、フィーリングが合う建築家に出会えたうえ、金額も折り合うと言う幸せに巡り会えたそう。限られた予算のリノベーションでも諦めない熱い想いがあれば、理想の形は手に入るもの。予算が心配で躊躇している方は、まずは行動してみるのがよさそうです。 (撮影/相澤琢磨)  

インスピレーションフォト