follow us!

LATEST

壁がこんなに役立つなんて!「ニッチ収納」5つの活用アイデア

献立に役立てたい「免疫力を高める食べ合わせ」管理栄養士の推奨5選

ちょっと差がつく!?「ポルシェのカーシェアリング付き」マンションを発見

フランス発「秀逸デザインの衣類スチーマー」なら出しっぱなしOK!?

一戸建てに作られた、生活に溶け込む「くつろぎの茶室」

有孔ボードの便利&お洒落アイデアは「イケアのスコーディス」に学ぶ!

普段から食べておきたい「免疫力を上げる食材」管理栄養士のおすすめ10選

整理収納アドバイザーの名言「靴の数は下駄箱の大きさで決める」を守れば玄関すっきり!

巣ごもりも楽しく過ごせる「Amazonで売れているボードゲーム」BEST10

「黒焦げ油汚れのヤカン」が車用コンパウンドで超ぴかぴか!

白い歯と口臭予防に「ちょっといい歯ブラシ」が人気!東急ハンズの売り場担当おすすめ5選

【和食器屋さんの食卓】淡色の器で春らしいテーブルメイク

かっぱ橋道具街で調査。プロの腕前に近づく「高性能キッチンツール」大人気4選

ダイニングが狭いなら「丸テーブル」で広く見せよう!

住み家サンプル

  • 壁がこんなに役立つなんて!「ニッチ収納」5つの活用アイデア

    奥行きにして10㎝ほどのちょっとした壁のへこみながら、ニッチの活用の幅は実に広く便利なもの。インスタグラムで見つけた活用アイデアを5例ご紹介します。 洗濯機横に洗剤をきれいに整頓。 専用ニッチは見せる収納の新トレンド 京都・滋賀を中心に住宅を建築している@kowatechnohomeさんが手掛けたお宅のニッチは、今トレンドになりつつある“専用ニッチ”。「洗剤を置くという用途と、そこに置くボトルのサイズも決まっていたので、それに合わせてニッチを制作しました。お客さまからはイメージ通りで見た目はもちろん、わざわざ洗剤を戸棚などから出し入れする必要がなく、とても楽でいいと評価いただいています。その他にもスリッパラックや鍵掛け用など、最近は用途に合わせてニッチを作られる方が増えていますね」 出掛ける際に必ず通るリビングの場所に 電気スイッチや鍵、イヤホンなどを集約 北欧風のシンプルでナチュラルなテイストのお宅に住む@ak__ie__ieさん。「我が家のニッチは、玄関から入ってすぐのリビングにあります。インターホンと電気スイッチを入れたいと要望を伝えて作ってもらったのですが、仕上がりが想像よりも大きかったので、あいた隙間を利用して鍵などを掛けるようになりました。今ではイヤホンや印鑑、保育園の名札を入れたミニバッグ、出さないといけない郵便物など出がけに必要なものをまとめておくスペースに進化しています。ただの壁にフックをつけるより、へこんでいる分、すっきりしていいですよ。ちなみに真鍮のフックは『FUTAGAMI』のもの。いい具合に色が変化していくので、これもお気に入りです」 狭い子供部屋のちょっとした インテリアスペースとして活躍 @miel.821さんはちょっと狭い子供部屋の収納スペースとしてニッチを設置。「次男の部屋はおよそ5畳と狭いため、飾り棚などを置くよりも、小物を飾れるちょっとしたスペースがあるといいなと思い、建築時に注文しました。50×50㎝と大きめにすることで、飾り棚兼収納の役割をきちんと果たしてくれています。意外と部屋のアクセントにもなりますね。現在はまだ息子が小さいため、私が可愛いと思う息子のおもちゃなどを飾っています。息子の手が届かない高い場所にあるのもインテリアが保たれていいところ。将来は、息子自身で好きなものやコレクションを飾ったりして、楽しんでほしいと思っています」 料理中にレシピ本をさっと取り出せるよう キッチンの横にひっそりニッチを設置 注文住宅で新築戸建てが完成したばかりの@myhousegram48さんはキッチン横にニッチを設置。「1日のなかでキッチンやダイニングで過ごす時間が多いため、レシピブックやお気に入りの雑誌をすぐ読めるように、ニッチタイプのマガジンラックを作りました。くぼんでいるとはいえ、キッチン周りはすっきりさせたかったのと、マガジンラックとしての存在感をなくしたかったので、正面からは視界に入らないようにあえてカウンター横部分に作りました。使い勝手的には申し分なく、家事の合間に読みたい本や雑誌が楽に手に取れるのでとても気に入っています。子供たちが自分の絵本を置くこともあり、家族で活用しています」 スイッチ類をニッチに集約させることで リビングの壁をまっさらな白壁に! @int_record_さんは、リビングダイニングに関わるあらゆるスイッチを集結させる場所としてニッチを活用しています。「スイッチを点在させると見た目がよくないのと、慣れるまで場所を覚えるのも大変だと思い、家を建てる際にオーダーしたのがスイッチ類を集約させたニッチでした。スイッチを1カ所に集めたおかげで、リビンクの壁が凹凸なくまっさらな白壁にできてとてもすっきりしました。また、ニッチにしたことでスイッチが飛び出すことがなく、通路に圧迫感が出ない点も気に入っています。ここの壁だけアクセントクロスとして、色を変えて遊びを出したのも密かなこだわりです」 ・・・・・ ちなみに、大手企業が目をつけないような小さなマーケットのことを「ニッチ市場」と呼びますが、これは建築用語から派生した言葉。工事の条件を満たす場所であれば、後からリフォームで作ることも可能だというニッチ。サイズによっては数万円からできるというので、ご自宅のプチリノベに導入してみては?

  • 一戸建てに作られた、生活に溶け込む「くつろぎの茶室」

    17年前、埼玉県北浦和に家を新築した際、いつでも茶事が楽しめるようにと、自宅内に茶室を設けた作庭家の高橋良仁さん。もちろん庭はご自身の設計・施工。茶道を始めたきっかけは、作庭家として茶道全般を学びたいと思ったことから。「始めてみたら日本の代表的な文化、茶道の奥深い芸術性に魅力を感じ、本格的に習うことにしました」(高橋さん・以下同)。 キッチンの奥に作られた4帖半の茶室は、静寂で凛とした空気が漂う癒やしのスペース。「茶庭から席入りした客と主が、茶室で一服の茶を囲みながらゆったりとした時間を共有するのが茶事。気ぜわしい世の中の喧騒から離れて、非日常を味わえる特別な空間が自宅にあることがなによりの醍醐味です」 茶事の伝統形式を取り入れつつ、 居住スペースと同じ素材を使用するなど ひとつの家としてまとめる工夫が大事 茶事とはお茶を飲むだけの茶席と違い、4~5時間かけて懐石、濃茶、うす茶の順にもてなす正式な茶会のこと。設計者の池田尚司さんによると、茶室入り口から見た配置は、上座床 (主が座る点前座より上に床の間)、本勝手(点前座の右に客)という伝統的なお作法の形式を踏まえつつ、家族が生活する専用住宅の一室であることを意識して、住宅側の廊下と同じ檜縁甲板を茶室の点前座上の天井に使用するなど、居住空間とのつながりを意識した素材を使用したそう。「一期一会の精神で、誠心誠意おもてなしをするのが流儀。多くは語らずとも一服に思いを込める、そんな小手先では作れない日本文化の神髄を体感できるのが茶室ですね」 掛け軸は友人の書道家の作品。庭に咲く山野草が花瓶の定番。床の間が明るく見えるように、墨蹟窓(床の間脇の明かり窓)を作り、床柱には白色の錆丸太を使う工夫を。 リビングから住宅街とは思えない 茶庭が楽しめることも魅力のひとつ リビングの窓越しに見えるのは、非日常的な趣きが美しい茶庭。「周りを石垣で遮断して住宅街の一角とは感じさせない異空間に仕上げました」。日本の伝統美が随所に詰まった茶庭はまさに別世界。眺めているだけで、古寺にワープしたような感覚になれます。 キッチンには茶事を準備する スペースもしっかり設置 キッチン内に作られた水屋と呼ばれる流し付きの器具収納スペース。ここで茶事の前準備をするそう。左奥が茶室になっています。 茶道仲間の庭師が集まり 年に数回勉強会的な茶事を楽しみます 高橋邸の茶事に集まるメンバーは庭作りを職としている皆さん。食事は仕出しの懐石料理にオーダー。夏は朝茶、秋は名残の茶事、冬は夜咄しの茶事など、季節ごとにスタイルが変わるので、年に3~4回集まるそう。 ・・・・・・ 撮影終わりに茶道師範でもある高橋さんに、薄茶のお点前を披露していただきました。茶道に縁のないスタッフでしたが、茶室に正座をしてお茶をいただくと、自然と穏やかな気持ちに。「茶道は心を伝えるもの」という高橋さんの思いが伝わる、癒やしの空間でした。自分にとって大切な趣味を家に組み込むことは最高の贅沢。でも、やるならこのくらい本気で取り組まないと中途半端になってしまうのかもしれませんね。 (撮影/相澤琢磨)

インスピレーションフォト