ラインアートやタイポグラフィ。今どきの「Less is more」な価値観に合ったミニマルアートが世界的に人気!

以前にご紹介したプリントアートショップ「print and proper」で今売り上げが伸びているのが、ラインアートやタイポグラフィなどのミニマルアート。最近、世界的にインテリアデザイナーたちの間では、シンプルでミニマルなインテリアが流行中なこともあり、アートもミニマルなものの需要が増えてきています。人気の作品や流行の背景などを、オーナーでクリエイティブディレクターの、ジャネット・サーハンさんに伺いました。

1本の線で描かれたラインアートやメッセージ的な言葉をセンスよく記したタイポグラフィなどのミニマルアートは、飾るだけでお部屋が洗練した雰囲気に。

そもそもラインアート、タイポグラフィって?

左がタイポグラフィ。呼吸という意味のbreathe。右がラインアート。1本線で描いた裸婦のイメージ。

●ラインアート
欧米の芸術大学で絵画を学ぶ学生たちが、デザインやアートの訓練として、目で見たものをそのまま手に伝達してキャンバスに描く“ハンドアイコーディネーション”と呼ばれるアートの基礎的技術を高めるために授業で教えられている絵画形式。ピカソのシンプルな線で描かれたラインアートに影響を受けたものが最近増えているそう。

●タイポグラフィ
~欧米では1920年代から政府のスローガンやメッセージをより多くの人に興味を持ってもらうために、文字をアートのように見せる手法が使われ、一般にも広まりました。それがいつの間にかモチベーションが高まるようなフレーズやワードに変わっていったのが、現代のタイポグラフィ・アートです。

いずれにせよ、シンプルでストイックな印象のアートです。日本からのオーダーも可能なオーストラリアのプリントアート店「print and proper」でも、こうしたジャンルのアートは最近注文が多いとか。

「Less is more(より少ないほうが、より豊か)」という
シンプルな生き方がアートにも影響

「ジェネレーション、そして世界が変わってきたことが大きな理由。環境破壊や汚染が毎日のようにニュースで目にする今は、ゴミでも所有物でも『Less is more(より少ないほうが、より豊か)』という感覚が若者にも根付いています。近藤真理恵さんのネットフリックスのお片付け番組も世界的に影響を与え、要らないものを捨てようという動きが一気にメジャーになりました。住まいも大きな豪邸でなく、あえて小さな家を好む人が増えています。その背景には、世界的な不景気や、ミレニアル世代(平均18歳〜35歳)が自分の親の世代ほど金銭的余裕がなくて、必要なものしか買わなくなってきていたり、モノを買わずに経験にお金を使っているから。こういったシンプルな生き方が、今の若い世代の象徴的な生き方になってきているので、そういった心理状態がアートにも反映しているのだと思います」(「print and proper」ジャネット・サーハンさん・以下同)

それぞれの人気No.1はこれ!

タイポグラフィの人気ナンバーワンが、左の「Eat well, Travel often, love always(質のよい食事をして、よく旅をして、いつも愛を忘れずに)」というメッセージが書かれたもの。「毎日目にするので、自分のモチベーションが高まるメッセージが好まれます。食事、旅行、愛というのは今の若い女性たちのプライオリティ。物質主義でなく、体にいいものを食べ、経験重視で多く旅をして、愛に包まれたシンプルな生活を送りたいと願うミレニアル世代に人気の言葉です」。右はラインアートの人気No.1で、裸の女性の姿が描かれたイメージ。「西洋美術は昔から裸体表現を重んじてきましたが、裸体こそが人体の究極の美であり、最近は人体美の他にも自然体で生きるイメージが好まれていて、このアートは男性よりも女性に人気があります」

 ミニマルアートはミックスして飾るとリズムが作れます!

モノトーンでシンプルに相性の良いタイポグラフィとラインアートをミックス。「1枚で飾るのもいいですが、複数のプリントを合わせて飾ってもバランスがとりやすいのがミニマルなアートのいいところ。モノトーンで、タイポグラフィとラインアートをミックスするとシンプルでモダンなイメージに」

ミニマルアートに、鮮やかな色やパターンの絵をミックス。「ミニマルアートと、鮮やかで元気ある色味のプリントをミックス。コントラストが素晴らしく、壁をパッと見たときに深みが出るので、見た感じのバランスが良く、心地よく感じます」

サイズ違いを飾って、植物などでバランスをカバー。「2枚で飾るならサイズは同じほうが合わせやすいけど、片方だけ小さくする場合は、空いた部分に植物を置いたりして基本的に四角に近づけるのがコツです。パズルのやり残しみたいにならないようバランスを整えたほうが気持ちよい空間作りができます」

複数のプリントでミックスしてギャラリーのように壁に掛けると、お部屋のモダンな雰囲気が強調できて一気にお洒落! 「基本は全体が四角の枠にまとまるように飾るとクラッシーなイメージに。最初にプリント同じサイズの紙を貼ってバランスを確かめながら飾るのがベター。プリントとプリントの間は、指が3、4本入るくらい開けて、くっつきすぎたり離れすぎたりしないようにします。位置関係が少しずれるだけでも雑な印象を与えてしまうのできちんと測ってから飾るのが大事です」

・・・・・・

いかがでしたでしょうか? 日本だとまだラインアート やタイポグラフィーのポスターやグッズは種類が少ないかもしれませんが、海外なら意外とリーズナブルに手に入るものもあるので、お気に入りを探してみては?「print and proper」でも今後、このジャンルのアートはもっと種類を増やしていく予定だそうなので、ぜひチェックしてみてください。

取材したのはこちら

シドニーのプリントアート店「プリントアンドプロパー」は、オンライン販売のみですが全て世界中に発送しています。価格はオーストラリアドルで表記されています。(5月20日現在、1オーストラリアドルは日本円で約76円。変動アリ)。購入方法は、まずサイトから好みの絵を選んで、サイズを選び、仕上がりのフレーミング素材を選び、何枚買うか選択してカートに入れます。そしてチェックアウトをクリック。2枚以上購入すると10%割引があったりするので、よくチェックしてみてくださいね。

到着の目安は10~20日程度。送料はオーダー量にもよりますが、1㎏以内だと$12.50~$22.00(1,000〜2,000円程度)です。

Print and Proper
PO Box 38, Sans Souci NSW 2219 Australia

インスタでも素敵なプリントアートの写真がチェックできるので、ぜひご覧ください!

Instagram : @print_and_proper_au

「print and proper」

https://printandproper.com.au/