一度は買ったほうがいい!「久世福商店」の超絶おすすめ6選

全国のおいしいものを集めた食のセレクトショップ『久世福商店』。メディアでも話題となり、2013年に1号店がオープンしてから、5年で70店舗以上を展開と急成長中です。今回は、リピーターにも大人気の久世福商店おすすめの逸品をご紹介!

『久世福商店』のコンセプトは、“ザ・ジャパニーズ・グルメストア”。目利きのバイヤーたちが各地を巡り、うまい!を集めた食のセレクトショップです。現在、北は北海道から南は沖縄まで70店舗以上を展開。大正ロマンをテーマにした店舗には、約1500点ものこだわりの逸品が並んでいます。今回は、そのなかでも大人気の売れ筋商品を聞いてきました!

風味豊かな万能だし

調味料としてチャーハンにかけても◎ 焼津産
かつお節をベースに、日高昆布や
いりこを配合

「風味豊かな 万能だし」240g(8g×30包)¥2,268(税込)

楽天で商品をチェック!

年間40万個を売り上げるという「久世福商店」の看板商品。「我が家の味がワンランク上がった!」と大絶賛される人気商品です。そのおいしさの秘密は、最高の“だし”を作るためたどり着いた静岡県・焼津産のかつお節。「こだわったのはうまみと塩分のバランスです。かつお節メーカーと共に何度も試作を重ね、焼津産のかつお節と削り節をベースに、国産のサバ節、瀬戸内産のいりこ、焼きあご、日高昆布などを配合した本格だしができあがりました」(久世福商店 MD営業企画部・仕入商品開発チーム中澤千尋さん・以下同)。本格的にだしを取るのはなかなか大変ですが、こちらはパック入りなのでとっても簡単。水を入れた鍋に1袋入れて水から煮出すだけ。みそ汁やだし巻き卵、うどんやそばのつゆ、煮物などどんな料理にも使えます。「だしパックから中身を出して調味料として使うのもおすすめです。チャーハンや野菜炒めなどに入れても、かつおの香りや風味が料理に生きておいしくなりますよ」とのこと。炒め物にも使えるとは新しい! 化学調味料や保存料を使っていないのも嬉しいポイントです。これさえあれば確実に料理がおいしくなるなんて、まさに魔法の“だし”。一度味わったら手放せなくなる人続出です!

天然わかめと海藻スープ

市場に1%しか出回らないという国産天然
わかめの食感を味わう今年の新作ヒット

「天然わかめと海藻スープ」60g ¥637(税込)

楽天で商品をチェック!

今年の夏から販売がスタートした、「万能だし」をベースに開発されたスープ。特筆すべきは天然わかめの格別なおいしさです。「島根県産天然わかめと茎わかめ、それにえりすぐりの海草類が入っています。国産天然わかめは、市場に出回っているわかめのうち約1%というとても貴重なもので、このおいしいわかめを手軽に召し上がっていただくためにスープに仕上げました」とのこと。「万能だしのうまみを生かし、天然わかめの歯ごたえのある食感を大切にした」というスープは、おにぎりと一緒に朝食に味わったり、夕食のスープにも、夜食にももってこい。シンプルにお湯に溶かすだけで海の恵みを堪能できるのは何とも贅沢! 忙しい人にもおすすめです。 

久世福の和ジャム あんバター

口コミで広がり前年比200%!
名古屋の小倉トーストをヒントにした和ジャム

「和ジャム あんバター」120g ¥518(税込)

ジャムの展開も充実している「久世福商店」。なかでも爆発的に売れているのが和ジャム あんバター。名古屋のモーニングの定番“小倉トースト”からヒントを得て開発された、それはそれは美味な和テイストのジャムなのです。SNSで広がり、何と前年比200%の売り上げだそう! 「開発で特にこだわったのは、バターのコクとマイルドさ、それに小豆の風味のとのバランスです。またパンに塗ることを想定して、ぼそっとせず滑らかになるように工夫しています」とのこと。コトコト煮た北海道産小豆のほくほくした味わいはそのままに、バターのまろやかさが加わり優しい甘さのあんバター。「焼いた食パンにのせてあんバタートーストは絶品です。また休日の朝など時間があるときは、生クリームとあんバターのサンドイッチもおすすめ。やみつきになるおいしさですよ」。程よい塩加減で上品な甘さは、ホットケーキやアイスクリームにのせたり、クラッカーにのせたり、楽しみ方もいろいろ広がります!

柚子がやさしく香る 鶏塩ちゃんこ鍋つゆ

万能だしと鶏ガラスープで仕上げた
秋冬限定のロングセラー

「柚子がやさしく香る 鶏塩ちゃんこ鍋つゆ」700g ¥518(税込)

いよいよ冬も本番になり鍋がおいしい季節。「久世福商店」の看板商品、風味豊かな万能だしももちろん大活躍ですが、おいしさをギュギュッと集めた鍋つゆもおすすめです。「久世福の万能だしを使った秋冬限定の鍋つゆは、発売から4年で確実にファンとリピーターを付けた実力派です。定番の味わいである鶏ガラベースにゆずの香りで上品な味わいに仕立ててあり、万能だしを加えることでより風味よく仕上がっています。コクがあるのにあっさり味でどんな具材もおいしくいただけます。鍋のシメには定番のうどんもいいですが、フォーを入れるととってもおいしいですよ!」。優しくゆずが香り、ますます食欲をそそる絶品鍋つゆ。これからの季節にぴったりの逸品です!

食べる、だし醤油

特製しょうゆだれに漬け込んだ豆もろみと
花かつおが卵かけごはんの最高のお供!

「食べる、だし醤油」140g ¥626(税込)

楽天で商品をチェック!

「白いごはんが何杯も食べられちゃう!」と人気の「食べる、だし醤油」。シリーズで年間24万個以上を売り上げ、レシピサイトではさまざまなアレンジも紹介されている大ヒット商品。長野県中野市にある老舗しょうゆ蔵とのコラボ商品で、長野県の伝統食であるしょうゆ豆を現代風にアレンジしたもの。「しょうゆ蔵の特製生しょうゆだれに約2カ月漬け込みじっくり熟成させてできた贅沢な豆もろみを使っています。ここに静岡県焼津産花かつおを加えて、だしのうまみを重ねています。麹やかつお節という日本の文化をいかした自信作です」。まず試してほしいのが卵かけごはん!  風味やだしが効いてとってもおいしくいただけます。また、SNSでもさまざまな食べ方が話題になっていますが、マヨネーズに混ぜてディップソースにしたり、冷や奴にしたり、しょうゆ代わりに使うのもおすすめです。

久世福のなかなか減らないやみつき柿の種

久世福商店創業時から売れ続けている
伝統製法で作られる素朴な味わいの逸品

「久世福のなかなか減らない やみつき柿の種 360g」¥1,058(税込)

楽天で商品をチェック!

ユニークなネーミングと大きなパッケージが目を引く柿の種。お店でも圧倒的な存在感を放つ赤いふたのポットは、何と360g入り。確かになかなかなくならなそうな大きさです。 実は大きいのはパッケージだけではありません。柿の種ひとつの大きさも大きいのです。なぜかと言うと、伝統的な抜き型製法で作られているから。ひとつひとつが大きく不揃いでごつごつしています。「この商品は千葉県の米菓メーカーで、伝統継承するために製造され工場の直売店だけで販売されていたものでした。久世福商店がまだオープン前にお土産にいただいて、そのおいしさに心奪われ、ぜひとも商品化したいとお願いしたものなんです。ネーミングも、そのおいしさをパッケージからくみ取れるよう、楽しいものにしました」。その思いの通り、久世福商店の創業から店頭に並び年間6万4千個を売り上げる大人気っぷり。お米の甘味を感じさせるゴツゴツした柿の種の間にしょうゆが染み込み味わいもよりいっそう深くなった柿の種。ついついポットの中に手が伸びてしまうおいしさです!

 

全国各地のおいしいものが集まった「久世福商店」。今回は大ヒット商品6選をご紹介しましたが、お店にはまだまだおいしいものがたくさん。ぜひ、お店に足を運んで日本各地の文化や味に触れてみてください。“我が家の新定番”になる出会いがあるかも知れませんよ!

取材したのはこちら

各地生産者と開発したこだわりの食品や雑貨が約1500種類並ぶ久世福商店は、いつ出掛けてもおいしい!に出会える話題のショップ。渋谷ヒカリエ店では、オリジナルギフトや雑貨も並んでいます。

東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ5F
Tel. 03-6434-1429
10:00~21:00 無休

久世福商店 渋谷ヒカリエ店

http://www.kuzefuku.jp/