日本駐在外国人ママも愛用する【iHerb(アイハーブ)】でUSA洗剤をお得にゲット!

日本で探すと倍近い金額だったりして日常使いは断念せざるをえない、ちょっとした高級品だったUSA洗剤ですが、「iHerb(アイハーブ)」という通販サイトだと現地とほぼ同額で手に入れることができるんです。利用歴4年になる私が、その魅力をレポートします!

アメリカで過ごした10年の間に、環境に優しく、さらにパッケージも可愛くて、香りのいい米国製の洗剤のとりこになってしまった私。帰国してからも、同じものを使い続けたいと思っていたとき、LA在住の友人が愛用していたアメリカの通販サイト「iHerb」が日本にも配送していることを知りました。使い始めたら、実は日本にいる外国人ママたちがこぞって利用していることが判明。洗剤に限らず、お菓子やグルテンフリーの食材まで手に入るこの通販サイト。手軽で、そのうえ価格も国内の量販店で購入するよりリーズナブルと聞いたら、使わない手はないと思いませんか? 今日はそんな「iHerb」についてご紹介します。

3万点を超えるナチュラルアイテムが
手に入るiHerb

「iHerb」は、エコや健康に意識的な人が好む生活用品を取り扱うアメリカの通販サイト。サプリメントをはじめ、洗剤やシャンプー、子供向けのおやつや調味料まで、“ナチュラル”にこだわった3万点を超える製品を扱っています。「iHerb」の魅力を簡単にまとめると・・・

①ナチュラル、オーガニックの製品が手頃な価格で手に入る
②購入から発送までの時間が短いので、米国からでもあっという間に商品が到着する
③オーダーからトラブル解決まで、オール日本語で対応してくれる

日本国内の配送は、佐川急便やヤマト運輸が応対してくれているので、日本の通販を利用しているのと大きな違いを感じません。私がここ4年ほど「iHerb」を使い続けている最大の理由は、日本ではまだなかなか環境に配慮しつつ、パッケージや香りにもこだわった洗剤類が手に入りにくいから。さらにおやつから洗剤まで、同じサイトでオーガニックやナチュラルな製品を手配できるのも魅力です。

長年愛用している私がおすすめする、iHerbで買うべきアイテムはこれ!

アメリカのオーガニック洗剤やシャンプー

我が家のメソッドコレクション。お気に入りのフレーバーは、手間にあるピンクグレープフルーツ!

なんと洗剤類だけでも400点近く取り扱っている「iHerb」。エコやナチュラル、オーガニックにこだわった製品が多く、日本でも人気のオキシクリーンなんかもあります。無香料の製品ももちろんありますが、アメリカらしい独特な強めの香りが楽しめる製品が多いのも特徴です。そのなかでも、「メソッド」の商品ラインナップが充実しているのが気に入っている点です。メソッドは、「ピープルフレンドリー、プラネットフレンドリー」をテーマに、化学薬品を使わない人にも環境にも優しい素材を使った安全な洗剤やシャンプーを作っている、米国のソーシャルビジネス会社です。私の場合、最初に食器用洗剤を使い始めましたが、その後洗濯用、お風呂用、食器洗い機専用の洗剤やボディーソープ、ハンドソープと広がっていきました。なかでもお気に入りは「食器用洗剤のレモンミント」。日本での流通価格より4割ほど安い値段で購入できるうえ、少量で泡立ちもよく、油汚れもしっかり落ちます。さらに手が荒れにくいのも嬉しいです。

オーガニックのブランド紅茶やコーヒー

iHerbはオーガニックの紅茶やコーヒーも豊富です。日本では珍しいデカフェのインスタントコーヒーや、カフェインレスの紅茶もラインナップ。またアメリカのブティックホテルが好んで採用している、ニューヨークの紅茶ブランド「Harney & Sons(ハーニー&サンズ)」も、リーズナブルな価格で手に入ります。特にお気に入りはHarney & Sonsのペパーミントのハーブティー。iHerbでは20個のティーバッグ缶を扱っていますが、価格は1,000円以下!他のミントティーに比べてとにかく苦味がなく、すっきりした味わいが特徴です。iHerbのペパーミントティー商品ランキングでも1位獲得中! 一度飲むと忘れられない味ですよ。

サプリメント

ビタミン剤を中心に、海外のサプリメントは人気ですが、市販の輸入品は値段が高め。試すには値段が気になるものも多いのが現実です。その点、iHerbは比較的手頃なものがたくさん並んでいるうえに、カスタマーレビューも充実しているので、サプリを手にしてみたい人にはうってつけかも。私が利用しているサプリのひとつが「AirBorne(エアボン)」という免疫機能補助食品です。免疫力をサポートするサプリとして、学校教師によって開発されたサプリですが、特に海外旅行の往復で、時差ボケが激しいときに利用しています。水に入れて溶かして発砲した液体を飲むものと、チュアブルのタブレットになっているものがあります。特に私はベリー味が気に入っています。

グルテンフリー食品

「グルテンフリー」というキーワードで検索しただけでも、なんと5千点近い商品が並びます。アレルギーに関わる食品なので、日本に住む特に子育て中の外国人ママたちには、iHerbで調味料を手にしている人も多いようです。実は日本食に欠かせない「しょうゆ」には小麦が入っているので、アレルギーのある人にとってはシビアな問題。日本国内だとなかなか手に入れにくい「小麦なししょうゆ」も、iHerbなら手頃な価格で購入できます。その他、グルテンフリーのシリアルやプレッツェルなど、朝食やおやつにバッチリのアイテムも揃います。食物アレルギーに対応している食品が多いアメリカならではのラインナップですね。

いろいろな特典を駆使すれば
よりお得にお買い物ができます!

iHerbでは現在40ドル(日本円で約4,600円)以上購入すると送料が無料になるサービスを導入しています。商品の重さや大きさによっては1箱に収まらず40ドル以上のオーダーでも無料配送内でカバーされないことがありますが、オーダー時に詳細が提示されるので安心して。
さらに、ロイヤリティークレジット(11%)制度を導入しています。ロイヤリティークレジットは、顧客に対して、購入金額に応じた一定の割引を行う仕組みです。クレジットカードや、ポイント制度と同じと考えてください。ただし、60日(約2カ月)という使用に対する制限日数が設けられています。その他にも、お友だちの紹介による割引クーポンが発行されていますし、メールマガジンにはブランド毎のセールの紹介や、シーズンで使えるクーポンが頻繁に発行されているので、賢く利用するとさらにお得に購入できますよ!

〈注意点は関税リミット〉
とはいえ、個人輸入になるため、ある一定の金額を超えたオーダーについては「関税」がかかります。そのリミット金額が16,000円(正式には、取引価格に0.6をかけた金額が10,000円以下)。なお、価格も送料の条件も、基本「米ドル」なため、毎日為替に連動して日本円の価格や費用の金額が変わります。1円単位で値段が変わっても一喜一憂しないように(笑)! また一部個人輸入制限のある製品は、日本に送付できないため、サイトに掲載されていても購入できないことがあるようです(基本的には日本語サイトには掲載しないようにしているそうです)。サイト内にも関税や輸入制限についての説明がありますので、詳しくはこちらを。

使いやすいアプリ利用がおすすめ!

PCサイトからオーダーすることもできますが、おすすめはスマホ専用のアプリ。商品の細かい情報も見やすいし、オーダーから会計までサクサクできるので、便利ですよ。

iHerbは、日本の通販並みの手軽さで、アメリカから商品が送られてきます。箱も、中身も日本のものに比べていい意味で大雑把。箱をあけただけで、「アメリカ〜」という雰囲気が味わえる(笑)のも、個人輸入の醍醐味です。ぜひ一度味わってみてください。
まずは、https://jp.iherb.com/をチェック!