ConCoolジェルコートFで感動の【歯がつるつる】体験を!

もともとは、以前に歯科で処方されたマウスウオッシュが市販されているのを見つけたときに、一緒に買ってみたのが歯磨きのジェルコートFです。実際に使って驚いたのが使用後の歯のつるつるさ。いつも使っている歯磨きと比べると、磨いた後の歯の舌触りが明らかに違います。このつるつる体験を皆さんと共有したくて、いろいろ調べてみました!

マウスウオッシュのついでに購入したコンクール(ConCool)ジェルコートFですが、使ってみると、歯がつるつるになることにびっくり! これはどういうことなのかとメーカーサイトなどを調べて分かったことは

許容範囲マックスに近い高濃度フッ素を配合
これが最大のポイントなのですが、歯がつるつるになるのは、このフッ素のおかげのようです。詳しくは後述しますが、950mmpという高いレベルで配合されているのがポイント。

塩酸クロルへキシジンのよる高い殺菌力
院内感染予防のための消毒などにも使われるクロムへキジンを成分とすることで、虫歯や歯周病の原因菌を効果的に死滅させるようです。

研磨剤、界面活性剤不使用
最近は、洗濯洗剤も泡立ち控えめなものが増えましたが、泡は洗浄力とはあまり関係ありません。逆に泡がないことで、途中で吐き出したりせず、有効成分が効率的に歯に行き届きます。

たっぷりと含まれたフッ素が
歯の再石灰化をサポートすることで
つるつるの歯を実現!

メーカーサイトによると、フッ素の働きは、溶け出たカルシウムイオンやリン酸イオンを歯に戻す「再石灰化」を促進、修復し、酸に強い丈夫な結晶にすることです。また、口内菌の活動を抑えることで酸の発生を抑え、歯の表面のカルシウムが溶け出す脱灰という現象を抑制します。これが、磨いた後に歯がつるつるになる理由なんですね!

ただ、歯が着色しやすいという意見も・・・

ジェルコートの殺菌成分であるクロルヘキシジンによって歯の表面が黄色くなることもあるようです。私の場合、使い始めて1カ月強ですが、今のところそうした問題はありません。研磨剤入りの歯磨きとの併用を勧めている方もいるようです。

現在は、通常歯磨きをした後に
フッ素コーティング的に磨いています

そんなわけで、現在は、普通の歯磨きを使った後に、ジェルコートFで再度磨いています。汚れを落とした後に、トリートメントするイメージです。夜に歯磨きして寝て、朝起きても歯のつるつるさは分かります。「歯が再石灰化しているんだ!」と思うと、なかなか楽しくて、2段階の歯磨きも苦になりません。舌で歯を触ってみたつるつる感は、やみつきになりますよ!

マウスウオッシュのコンクールFも
簡単に紹介します!

以前、歯の治療をしていたときに、何日か歯ブラシを使わないよう言われたことがあり、その際に処方されたのがマウスウオッシュの「コンクールF」です。そのメリットをまとめると
・12時間効果が続くというグルコン酸クロルヘキシジンによる高い殺菌効果
・他のマウスウオッシュのようにピリピリしない優しい口当たり
・1回買うと、けっこう長く使えて買い替えが面倒じゃない

一般的なマウスウオッシュの刺激があまり好きじゃなくて、そういえば前に歯医者で処方されてたものは…と探し出したのが再発見のきっかけです。ピリッとした刺激があるほうが効いている感じがして好き!という方には向かないですが、低刺激で殺菌効果は高いものがいいという方にはおすすめです。また、コンクールFは容量100mlと小さいですが、水に薄めて一度に使うのは10滴ほど。メーカーサイトでも1本で360~700回分と目安があり、この回数を考えると、ドラッグストアで売っているマウスウォッシュよりもはるかに長持ち。買い替えの手間もコスト的にも優れていると思います。

いかがですか? もし歯のつるつる体験をしてみたいなら、一度試しに買ってみてください! 初めて使うときは、そのつるつるさに感激するはずです。

・AmazonでジェルコートFをチェック
・AmazonでコンクールFをチェック
・ブランドサイトで詳しく調べる