押し入れやクローゼットの美的整理は「IKEAのSKUBB(スクッブ)」がおすすめ

押し入れやクローゼットがごちゃごちゃしているのは気持ちよくないですよね。優秀な収納アイテムとしてSNS上でもよく見かけるIKEAの「SKUBB(スクッブ)」。このケースはシンプルで軽くて丈夫な上、リーズナブルなお値段も嬉しいところ。これが、いろいろな場所の整理に大活躍しています。我が家の活用事例をぜひ参考にしてください。

6年前、家を購入したときに収納をすっきり見せるにはどうしたらいいのかとSNSで調べているうちにたどり着いた「SKUBB(スクッブ)」。収納ボックス、収納ケース、シューズボックス、洋服カバーなど、多くのバリエーションがあります。このシリーズは本来、IKEAの家具サイズに合わせて作られていますが、実際は、他の家具や場所で使っても大活躍する、整理整頓に便利なツールです。SKUBB収納シリーズのおすすめポイントは

  • 丈夫で軽いポリエステル100%
  • 白、黒、グレーのモノトーンがすっきり
  • はたたんでコンパクトにできる

我が家で特に使用頻度が高いのが3個セットのボックスと小さいサイズの収納ケースです。これを使えば気持ちのいいすっきり収納が完成するので、ぜひ参考にしてみてください。

〈関連記事〉
有孔ボードの便利&お洒落アイデアは「イケアのスコーディス」に学ぶ!

深さがある「SKUBBボックス」は
デッドスペースにぴったりフィット!

3個セットで売られている「3ピース SKUBBボックス」。クローゼット上の棚は無造作にバッグを置きがちですが、バッグを積み重ねてしまうと取り出しにくくなりますよね。そこで取っ手がついているボックスを使うことで格段に取り出しやすくなります。

私のクローゼットでは頻度の低いバッグ類をカジュアル・エレガント・冠婚葬祭の3種類に分け、ひとつのボックスに5~6個のバッグを収納しています。

この収納ボックスはH34×W31×D34㎝とほぼ正方形かつ、深さがあるのでかなりの収納力を発揮します。このとき注意したいのは、目線より上の棚に収納してしまうと中が見えないのでラベリングが必要だということ。それから、乱暴に引っ張ると取っ手が切れてしまうことがあるので丁寧な取り扱いを心掛けてくださいね。我が家ではオフシーズンの衣類も収納していますが、Tシャツなら30枚、セーターなら10枚ほど重ねてしまえますよ。

ちなみに、トイレットペーパーや
ティッシュのストックにも便利です!

特に我が家で取り入れている収納ではないのですが、トイレットペーパーも箱なしティッシュも27個収納可能です。コロナウイルス感染拡大でトイレットペーパーを買い込んでしまった方、この深さがあるボックスを使えばきれいにまとまりますよ。

大中小のサイズを使い分けて
布団など寝具を整理すると
すっきりしまえる「SKUBB 収納ケース」

大中小、三つのサイズがある「SKUBB収納ケース」。高さと奥行きは同じサイズ(19×55㎝)で、幅だけが違う(S44㎝、M69㎝、L93㎝)作りなので、組み合わせて使ってもきれいに収まりやすく、立てて収納してもよし、重ねてもよしと本当に便利。ベッド下を収納に利用するときにもいいですね。

我が家の押し入れは奥行きもなく小さいので、布団を直接重ねていくと扉を開いたときになだれ落ちる可能性がありますが、ケースに入れておけばきれいに積み重なってくれるのでそんな心配もありません。ちなみに、押し入れの収納は、取り出し頻度の高いものを手前、重ねている場合は上にするのが鉄則です。

私は、 布団をSKUBBの収納ケースに入れています。入れると軽く圧縮されるので、布団をそのまま押し入れるよりも、かなり省スペースに納まります。またケースの角にはメッシュの窓があり、通気性にも優れています。ちなみに、入る布団の目安は……

小「SKUBB 収納ケース Sサイズ」(H19×W44×D55㎝)~毛布1~2枚または、薄手のブランケットなら6枚ほどが収納できます。
中「SKUBB 収納ケース Mサイズ」(H19×W69×D55㎝) ~我が家では柔らかめの敷布団を2回折り畳んだものを1枚収納しています。
大「SKUBB 収納ケース Lサイズ」( H19×W93×D55㎝)~冬用厚手掛け布団1~2枚、または柔らかめな敷布団1枚が収納できます。

〈番外編〉
我が家では9年間分の子供たちの作品を
Sサイズの収納ケースで保存しています

子供の絵などの作品の収納で悩んでいるという声もよく聞きます。私も以前は大きな紙袋に自由研究の作品をしまい、小屋裏に収めていましたが、何かいいアイデアはないか考えたとき、ちょうど画用紙と同じくらいのサイズの「SKUBB 収納ケースSサイズ」がぴったりなのではとひらめき、試したところ大成功! 長男と次男、それぞれにSサイズの収納ケースをひとつずつ用意し、学期の終わりごとに保育園や小学校から持って帰ってくる作品をしまってもらうようにします。これで、収納スペースを空けなくてはと慌てることもなくなりました。増えると分かっていることにはあらかじめ収納場所を確保しておくのも大切なことです。

・・・・・・

IKEAのSKUBBシリーズは、「私の家でも役に立つかも」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。我が家の使い方以外にも、レゴ収納や災害備蓄、オフシーズンの衣類収納などに利用するのも便利だと思います。。クローゼットや押し入れをあけるたび、ごちゃごちゃが気になるという方はだまされたと思ってぜひお試しください。