猫を生涯世話すると200万円!? 飼育費対策でペット保険を比較してみた

猫を1匹飼うだけでも、かなりのお金がかかります。飼い始めたときに飼育費を計算した結果、我が家ではペット保険への加入を決めました。生活費だけじゃなく、まさかのときの治療費なども考えると、責任を持って育てるにはそれなりの金額が必要になることも。リスク回避のためにも保険は重要です。

専門医が考えるとこうなる。「猫が快適に暮らせる」リノベーション

猫の飼育数が犬を超えたと報道されたのが3、4年前。その差はどんどん広がっているようです。それに伴い、猫が健康的に暮らせることを念頭にした家造りも増えています。猫専門病院の獣医が監修するとどんな家になるのか、販売が開始されたリノベーションマンションで、その工夫を拝見しました。

「猫と安心して暮らすために」専門家に指摘された我が家の改善点とは?

初めて猫を飼うことになったとき、我が家で猫が安全に暮らしていけるのか、まず専門家に見てもらい、幾つか室内の準備をしました。その際に指摘された注意点は、多くのご家庭にもあてはまると思います。猫を飼う際にありがちなトラブルとその解決法をご紹介します。

【住み家と風水:第25回】出世を考えるなら犬!?「気の流れとペット」の話

家の風水というと、間取りや方位の良い悪いを想像しますが、それ以外にさまざまなことを風水的に見ていくことができます。要は“気の流れをよくする”手だてを考えるのが風水。占い師の月岡美緒さんに、気の流れを整えて幸せを呼び込むアドバイスをしていただきます。

留守中に【愛犬と遊んでくれて、おやつもくれる】ペットが喜ぶロボットをお試し!

「Makuake」で目標金額の約28倍の資金調達に成功した、ペットと遊んでくれる専用ロボット「バレム・ペット・フィットネス」。 外出中、ペットが寂しくしていないか心配だという人は買って損はない、この新作ガジェットの素晴らしさをしっかり使ってレポートします! 

狭い子供部屋と愛犬と暮らすリビングを「オーダー家具」で理想の形に

環境も部屋の雰囲気も申し分ないのだけど、もう少しひとつひとつの部屋が広ければ…など、理想通りの間取りに出会うのってもはや奇跡に近いことですよね。リノベーションするにも費用がかさむし、どうしたものか…と頭を抱えていたHさん。狭いけれど効率よく、なおかつ快適に暮らすために行き着いた選択は「カスタムオーダー家具」でした。

インテリアを犠牲にしない【絵になるキャットタワー】探し

猫を飼っていて、運動不足やストレス解消にキャットタワーを置いている方も多いと思いますが、これがなかなか場所を取る代物。インテリアの雰囲気にマッチするお洒落なものが理想ですね。そんな絵になるキャットタワーをインスタグラムで探してみました。そのデザイン的な魅力を、飼い主ご自慢の愛猫ショットとともにお楽しみください。

寝たきり老犬にさせない【愛犬の骨活】お助けフードを発見!

小型犬なら11歳頃から“高齢犬”になりますが、長生きするのに大切なのは、人も犬も足腰! 老犬になっても寝たきりにならず自分の足で歩けるように、今注目されているのが骨や関節を強化する「犬の骨活」。それをしっかりサポートしてくれるドッグフードを発見しました!

愛犬が超絶可愛く撮れる!【オフカのロールクッション】に話題沸騰

『オフカ(ofuca)』のロールクッションは、体をすっぽり包み込む“着られるクッション”。本来は人間用ですが、犬がくるまる姿が可愛すぎるとSNSで話題になりペット用での購入が増えています。インスタグラムでも「#ロールクッション」の投稿が3600件を超えるほど、今愛犬家の間でちょっとしたブームに!

口コミパトロールから分析!おすすめ【ペットカメラ】5選

異常気象や災害などが続く日本列島。大切なペットを家で留守番させておくのはとても心配…。そんな不安を解消してくれるのが、留守番中のペットを見守る「ペットカメラ」。既にペットカメラを購入済みの飼い主さんの口コミを徹底パトロールして、使いやすいと高評価のペットカメラを分析しました。

開放的な間取りで愛猫にも心地よい武蔵野の家②  “ペットと暮らす”リノベーション

古民家のような佇まいが気に入って購入した築50年の一戸建てに10年住んだ後、大掛かりなリノベーションをしたUさんご夫婦。お二人が10年以上前からともに暮らしている猫たちのことも考えた、「ペットと暮らす空間設計」を見ていきましょう。

ワインの木箱を利用して“ワン”ダフルな犬用べッドを作りました!!

愛犬のべッドはリビングやベッドルームなど目につくところに設置するのが基本。ただ、市販されている商品は妙にファンシーなものが多かったり、お洒落なものを見つけても高額だったり。仕方なく間に合わせのものを使っていたりしませんか? そんなときに役に立つのがワインの木箱。お洒落で変に悪目立ちしない犬用ベッドが手作りできちゃうんです!

開放的な間取りで愛猫にも心地よい武蔵野の家①  築50年の戸建てをフルリノベーション

築40年の中古一軒家を購入したUさん(仮名)は、10年住んだ後に大がかりなリノベーションを実施。古い家特有の悩み解消はもとより、ご夫婦が最初に考えたことは、3世代にわたり飼育している猫にも居心地のよい家であること。