衣替えしないで1年中使える、美人な「クローゼット収納」をマスターしましょう!

シーズン毎に行う面倒な衣替え、とりあえずなんでも隠してしまって、ものが溢れがちなのがクローゼット。でもクローゼットの9割の衣類が稼働し、散らからなくなる収納法があるんです! そんなアイデアを学べるセミナーに参加してきました。

【6畳間にベッド2台】狭い寝室を心地よく使う4つの工夫

一般的な3LDKのマンションで家族の部屋を割り当てると、寝室は6畳の部屋という家庭も多いのではないでしょうか。1人なら十分な広さでも夫婦2人となるとやや狭い…。6畳にシングルベッドを2台置いても快適に過ごせる我が家なりの工夫を紹介します。

みんなが使っている「お洒落なラベルシール」調査

効率よく分類したり、収納場所を分かりやすくする「収納ラベルシール」は、片付け上手な人たちの必需品になっています。どうせなら、お洒落でカッコいいほうが、インテリア的にも良いということで、インスタパトロールで見つけた、おすすめラベルシールをご紹介します!

【家事動線を考えた隠す収納】でキッチンのプチストレスが激減!

準備する、作る、片付けるなど、アクションが多いキッチンは、何を、どこに、どんな風に収納するかで使い勝手が大きく変わってきます。我が家のキッチンは“掃除をしやすさ”をモットーに、収納を1カ所ずつ見直してグンと使いやすくなりました。何をどう見直したのか、ビフォーアフターの写真とともにご紹介します。

収納の定番【無印良品の PPケース】インテリアアドバイザーのリアル活用術

シンプルなデザインと豊富なサイズ展開で、『無印良品』のPP(ポリプロピレン)ケースを収納に使っている人は多いと思います。『無印良品』のスタッフは実際にどんな使い方をしているのか、小技満載のアイデアをお見せします。

実はリビングの顔! 買い換えたくなる【お洒落テレビボード】

「置ければいいか!」と、とりあえずで購入しがちなテレビボードですが、それなりの大きさがあるのでインテリアの印象を左右します。あくまでも主役はテレビなので、「主張しすぎず雰囲気良し」なものを見つけましょう!

【突っ張り棒で収納増量DIY】我が家の成功4例

欲しいところに収納がない、デッドスペースを活かしたい、そんな我が家の収納の不満を解決してくれたのが突っ張り棒で作る収納でした。今では洗面所、キッチン、クローゼット、カーテンの4カ所に突っ張り棒を活用しています。ポイントは突っ張り棒と分からない工夫をすること。そんな見た目も良くなるDIYアイデアをご紹介します。

家も自分もパワーアップ! 気の流れをよくする【風水式整理収納セミナー】参加レポ

「今年こそ断捨離!」と意気込んで参加した「知的家事スタイルの会」主催の整理収納セミナー。講師は、整理収納アドバイザーで、ハワイ式風水ライフスタイリストでもある星野美紀さんです。余計なものがないすっきりした暮らしを目指し、風水式整理収納術をリサーチ。

お洒落&すっきり見える!【洗面台下収納のプチDIY】3つの成功例

“扉が閉まればいいや”と、ついつい物を押し込みがちな洗面台下。ごちゃごちゃして必要なものが見つからない、ストックに気づかず同じもの買ってしまう……etc.。そんな悩みを解決すべく、インスタグラマーさんのお洒落で機能的な洗面台下収納をのぞかせてもらいました!

女性の5人に1人がコスメを冷蔵庫保管するヨーロッパで【コスメ専用ミニ冷蔵庫】が登場!

みなさんは、化粧水などを冷蔵庫で冷やして保存したことはありますか? ヒヤッと毛穴が引き締まる感じが好きでやったことがある人も多いかもしれません。今、フランスの『Menaliz(メナリズ)』社がコスメ専用の冷蔵庫「Beautigloo(ビューティーグルー)」を開発して話題になっています。このプロジェクトの仕掛け人でCEOのクララ・リジアーさんに、語っていただきました。

【ハワイに行ったらぜひ立ち寄りたい!】収納グッズ専門店のおすすめ5選

「シンプリー・オーガナイズド」は、ハワイに初めて登場した整理整頓、収納の専門店です。ハワイは土地の価格や家賃が全米の中でもかなり高いため、収納スペースの限られたコンドミニアムやアパートに住む人も多いのが実情。それまでこのような専門店がハワイにはなかったので、地元では大人気。頻繁に置いているアイテムが変わるので、ちょくちょくチェックしているマニアも多いとか。家が狭いのは日本も同じ。役に立ちそうなアイテムが見つけられそうですね。

使い勝手も見た目もいい! 常備菜保存に便利な保存容器3選

ただでさえ時間のかかる家事。なかでも料理時間の短縮は多くの主婦の方々が目指すところではないでしょうか。でも、家族のためにおいしいご飯を出したいから手は抜きたくない…。そこでたどり着いたのが週末に常備菜を作り置きすることでした。そこで欠かせないのが保存容器。今日は、私、ライター山本が今までありとあらゆる保存容器を試してきて「これだ!」と愛用している3ブランドをご紹介します。