部屋がなんとなく野暮ったいなら「黒インテリアを1割」取り入れてみる

ナチュラルにまとめたつもりが、なんだか野暮ったい。そう感じたら、黒い雑貨や家具を加えてみるといいと教えてくれたのは、ACTUSの岡田夕起さん。黒は空間を引き締め、メリハリをつけてくれますが、使い過ぎは厳禁。そのバランスやおすすめアイテムをご紹介します。

世界につながる画期的デジタル窓「アトモフ ウインドウ」で自宅トラベル!?

窓をのぞくと、マンハッタンの雑踏やハワイのビーチが。家にいながら、そんな世界の景色が眺められるデジタル窓が「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」です。カーテンを閉めたままの部屋でも、開放的な空間に様変わり。この画期的なIoT窓の魅力をしっかりとご紹介します。

広さやお洒落感が生まれる!「壁紙チェンジ」は家具の買い替えより効果的

余計なものは置かずにシンプルな空間にしているのに、なんだか部屋に広がりを感じないし、味気ない。物を増やさずに、そんな悩みを解決できるのが実は「壁紙」です。日本人だとすぐには発想しにくい壁紙活用について、その効果を聞きつつ素敵な事例を見せてもらったので、ぜひ模様替えの参考にしてください。

部屋を広く見せるなら「観葉植物を床に置く」のはNG!?

リラックスできる部屋作りに、観葉植物は大切な要素ですが、いざ取り入れるとなると、圧迫感があったり部屋が狭く感じるかもしれないと不安になることも。そんな心配を、これまでのインテリアコーディネートの経験でしっかり解決します。端的にまとめると、それは「床に置かない」こと。

お花がなくてもOK!家にあるグリーンで「映える食卓」の飾り方

お洒落な食卓作りには花を添えると簡単ですが、いつもあるわけではありません。そんなとき、ベランダで育てているハーブやアイビーなど、つまり「葉っぱ」が役立ちます。実はお花以上に活躍してくれるグリーンの使い方を、我が家のテーブルメイクを参考にご紹介します。

収納インテリアアドバイザーが推薦!「ニトリの買って正解アイテム」5選

ニトリに行けば、家で使うものが手頃な値段でほとんど何でも揃ってしまいますが、本当に買う価値のあるものはどれなのか? テレビや雑誌でたびたびニトリを紹介している収納インテリアアドバイザーの大橋わかさんに、買って失敗しない、ニトリの優秀アイテムを紹介していただきました。

ダイニングが狭いなら「丸テーブル」で広く見せよう!

家のなかで家族が集う場所といえばリビングダイニング。暮らしの基盤とも言える空間ですが、日本の住宅事情では、贅沢にスペースを取るのは難しいところ。少しでも広く見せたいなら、丸いダイニングテーブルがおすすめだそう。その理由を、ACTUSのインテリアデザイナー岡田夕起さんに取材しました。

人をダメにするソファ「ヨギボー」の大人気TOP5

「人をダメにするソファ」と言われるほど座り心地抜群のYogibo(ヨギボー) ソファ! 従来のビーズクッションとは明らかに違う機能性とお洒落なデザインが人気です。その心地よさを実際に体験すべく「Yogibo Store 銀座1丁目柳通り店」にお邪魔して、売れているヨギボーベスト5を聞いてきました。

リビングを広く使える【ソファ+サイドテーブル】の組み合わせに納得!

多く場合、ソファ前にテーブルがあると思いますが、どのくらい使ってますか? ソファ前からテーブルを取り除くと、リビングがぐんと広く使えます。だけど、テーブルがないと少し不便という場合におすすめなのがサイドテーブル。ソファのひじ掛けスペースに収まるくらいのコンパクトなテーブルがあれば、だいたいは事足りますよ。

「グレー配色と照明の陰影」で実現したフレンチシックなリビング

隣接する建物の都合で、以前ほど日が当たらくなったリビングを、日照時間の少ない冬のパリからヒントを得てリフォーム! 光の陰影を楽しむことができるグレーを基調としたシックなリビングは、パワーカップルならではのこだわり空間です。

LDKを広く使える!背が低い「ダイニングテーブル×ソファ」のおすすめを発見

ここ数年、ダイニング×リビングのスペース節約に役立つテーブルとソファのセットが人気。高さも抑えられて、部屋を広く見せる効果も期待できます。そんな機能的なインテリアを10年も前から作っている『estic formax(エスティック フォルマックス)』で、お洒落な新シリーズとLDKの居心地アップのアイデアについて聞いてきました。

モデルハウスから学ぶ「広く暮らす部屋作り」の最新トレンド

贅沢な間取りや生活感を抑えたレイアウト、最新の設備など、各メーカーの特徴が出るモデルハウスを回るなか、あれ?この作りはさっきの家でも見たかも…あ、ここも同じ!といくつかの共通項に気がつきました。複数の住宅メーカーが取り入れている仕様の工夫には暮らしの質を上げるヒントがあります。

インテリアを「プロヴァンスからパリ風」に大改革した、築16年目のリフォーム

リゾート風だったインテリアを、リフォームを機に都会的に変えることにした築16年の一戸建て。部屋ごとにコンセプトを決めたインテリアは、ドアを開けるたびに別の顔が現れます。そんな楽しい部屋作りをご覧ください。

伸び放題の観葉植物を、せん定&植え替えでおめかし!

観葉植物は風水効果が高いと言われていますが、皆さんきちんとメンテナンスできていますか? リビングに置いていた我が家の観葉植物の見栄えが悪くなってきたので整えてあげることにしました。フラワーコーディネーターの友人に相談しつつ自前でチャレンジした結果をご紹介しますね。

曲げ木の美しさが際立つ『日進木工』の無垢材チェアで心地よいダイニング作り

イス作りから始まった日本有数の家具の産地、飛彈高山で、匠の技術を受け継ぐ優れた職人を多く抱える『日進木工』。新たに発表したシリーズ「コーラス」でも、産地を代表する「曲げ木」の技術が光るイスが印象的です。北欧家具にも負けない、生活に溶け込む美しいデザインと座り心地の良さを持つ「made in Japan」のイスはいかがですか?

共働きパワーカップルが求める「美的なインテリアと体形」におすすめの家電

仕事や家事で忙しくても、日々の暮らしは全力で楽しみたい、体調管理も手を抜かない! そんなこだわりを維持するには、やっぱりサポートが必要です。理想の暮らしに近づける、便利でスタイリッシュ、ハイスペックな生活家電もどんどん増えています。そのなかから、おすすめの5台を紹介!

音楽・目覚まし・充電が1台でOK!「Soundcore Wakey」でベッドサイドが劇的すっきり!

今や屋外でも家の中でも、音楽はこれで聴くという人も多いBluetoothスピーカー市場で絶大な支持を集めるAnkerグループ 。新たに発表された「Soundcore Wakey」は、目覚まし時計の機能を備えている他、スマホの充電もできて、寝室での利用にぴったりです。他にも機能が盛りだくさんなこの新機種をお試ししました。これ、1台あるとかなり楽しめますよ!

失敗しない【食卓に映えるグラス】インテリアスタイリストのお墨付き3選

誰でも毎日使うテーブルウェアの代表がグラス。きちんとデザインされたグラスは飲み物の味にも影響を及ぼします。使い勝手がいいのは、デザインが美しくて、毎日使えるカジュアルさもあるもの。手始めに揃えたいおすすめグラスを、インテリアスタイリストの窪川勝哉さんにピックアップしてもらいました。

ラインアートやタイポグラフィ。今どきの「Less is more」な価値観に合ったミニマルアートが世界的に人気!

以前にご紹介したプリントアートショップ「print and proper」で今売り上げが伸びているのが、ラインアートやタイポグラフィなどのミニマルアート。最近、世界的にインテリアデザイナーたちの間では、シンプルでミニマルなインテリアが流行中なこともあり、アートもミニマルなものの需要が増えてきています。人気の作品や流行の背景などを、オーナーでクリエイティブディレクターの、ジャネット・サーハンさんに伺いました。

【住み家と風水:第17回】幸せな家族像へ導くテーブル選び

家の風水というと、間取りや方位の良い悪いを想像しますが、それ以外にさまざまなことを風水的に見ていくことができます。要は“気の流れをよくする”手だてを考えるのが風水。占い師の月岡美緒さんに、気の流れを整えて幸せを呼び込むアドバイスをしていただきます。