自分に合うのはどれ?アイハーブの「人気ダイエットサプリ」調査

「外出自粛のコロナ太り」を悩む人が増えてますね。理想のボディを取り戻したいけど、無理なダイエットは嫌だという人におすすめなのが、サプリメントによるサポート。健康維持を意識した、さまざまなサプリが並ぶ海外通販「iHerb(アイハーブ)」から、今話題のダイエットサプリを紹介します。

これで私は時短成功!「洗濯作業の効率を上げる」動線の作り方

洗濯は、洗って干すまでにこまごまとした作業がけっこう多くて、時間がかかってしまうもの。時短しようと思うなら、動線をまとめて無駄な動きを減らすことがいちばん。整理収納アドバイザーの知識も生かして考えた、我が家の洗濯動線改善の成功例にもヒントがあると思います。ぜひご覧ください。

オフィスのランチ弁当にも便利!「コンビニサイズのエコバッグ」5選

レジ袋の有料化が本格的にスタートし、使い慣れたコンビニ袋サイズのエコバッグも続々登場しています。お弁当が入るマチがあり、大きすぎない手頃なサイズ感のものを自宅やオフィスにひとつ置いておくと、意外と重宝するかもしれませんよ。

お得な家電やレアものが嬉しい!「Amazon.co.jp限定」の気になるBEST8

Amazonを検索していると「Amazon.co.jp限定」という言葉をたまに見かけます。通常展開しているものよりリーズナブルだったり限定色だったりと、お得感のあるものが多く、意外とメジャーな商品の限定もあったりします。これはお得というものをピックアップ。

買い物かごにシンデレラフィット。「マーナのエコバッグ」が便利すぎ!

7月1日からレジ袋が完全有料化されましたが、ここ数カ月、どのエコバッグが使いやすいか調べていたなかで見つけたのが、買い物かごにぴたっと収まる「マーナ」のエコバッグ。これが共働き主婦の私にはかなり使い勝手が良かったので、その感激を詳しくレポート!

そろそろ必要!夏向け「ひんやりマスク」ハイスペックなおすすめ6選

気温30℃越えの日も増えてきて、マスク着用での外出がつらい…。こうなると必要なのが、夏用の「蒸れなく、涼しく、ひんやりする」マスクですね。続々と新作マスクが登場するなか、機能的にも注目なものをピックアップ。その特徴をチェックして、自分にぴったりな一枚を見つけてください。

汚れを落とす最適温度は40℃!? 世界的には「お湯洗濯」が常識

部屋干しの生乾き臭や日々溜まってゆく頑固な汚れ…。海外で主流の“お湯洗い”なら、そんな悩みも解決できますが、日本では水洗いが主流。そこで、お風呂場を上手に使うことを提案しているのが洗濯ブラザーズの皆さん。ちなみに、お風呂の残り湯を使うことはNGだそうから気をつけて!

酷暑に備える「涼しいマスク」のつけ心地レポ

気温が高くなり、マスク着用時の熱中症懸念や肌トラブルが話題になっています。確かに不織布マスクをつけて歩いていると暑いですね。それで涼しいマスクを探してみることに。実際につけてみるとそこそこ効果はありました。使ってみた感想と、気になる商品をご紹介します。

子供が自分で片付けられた!「学習机の引き出し」我が家の運用ルール

子供の小学校入学を機に学習机を用意してから、1年ほどたちました。たまに机の中をのぞいて感じるのが、まだまだ自力で整理整頓するのは難しいということ。ならばと、収納法を工夫して、子供が自分で片付けられる手助けをしてみることにしました。生まれ変わった机の中をご覧ください!

外したマスクどうしてる?「マスクケースで一時保管」が安心で安全!

ある調査によると、マスクを一時的に外す回数は、平均8.2回。その際に大切なのは、マスク内側をきれいに保つこと、外側についているウイルスを手などにつけないこと。無造作にバッグやポケットに入れるのはNG! 「マスクケース」に入れるのが衛生面でも周囲への配慮としても正解のようです。

節約にもつながる!「ローリングストック法を応用」した食品整理が大成功

買いためておいた食料品が、気がついたら賞味期限切れなんてことはありませんか? これは、経済的にもエコ的にももったいないこと。そのリスクを減らすために、私が整理収納アドバイザー的目線でローリングストック法をアレンジした食品整理術をお伝えします。無駄なまとめ買いも減らせますよ!

免疫力にも影響が⁉ 日本人は「タンパク質」が足りていないって本当?

現代の日本人は栄養失調気味で、カロリーは十分でも実は栄養素が足りていない人が多いそう。なかでもCMでも耳にすることが増えた「タンパク質不足」が顕著らしいのです。だとしたら大問題⁉ そのあたりの事情を調べてみました。

本当なら朗報!「タンクに入れるだけでトイレが5年間黒ずみ知らず」の仕組みは?

トイレ掃除をしたばかりと思っていても、気づくと付着している黄ばみや黒ずみ。タンクに入れるだけでその嫌な黒ずみ知らずのきれいなトイレがキープできると噂の「ハイジェニックケミフリー」を自宅で1カ月間使ってみました。その結果は上々! 気になる仕組みも含めてレポートします。

急増中の「マスク肌荒れ」に気をつけて!

日本に限らずマスクをつけた生活が世界中で日常の風景になっています。長時間のマスク着用で増えているのが顔の肌トラブル。いわば「マスク肌荒れ」で皮膚科に相談に来る人が増えているそうです。日々どこに注意すべきなのか、ドクターにアドバイスを聞いてきました。

洗剤と水は先に混ぜる。「正しい洗濯方法」なら柔軟剤なしでもふっくら!?

香りよくふんわり仕上がる柔軟剤が必需品という家庭は多いと思いますが、タオルや肌着の吸水力を低下させたり生乾き臭の原因にもなるのが柔軟剤。実は柔軟剤を使わなくても「正しい洗濯法」で洗えば、かなりふんわりと仕上がります。その方法を、洗濯ブラザーズのお二人に教えていただきました。

ドクターに聞く「免疫力アップにつながる」5つの生活習慣

新型コロナウイルスをはじめ感染症対策としては、マスクや手洗い、うがいが大切ですが、感染しても重症化しない強い体作りも重要。特別なことをしなくても、普段の生活を意識するだけで免疫力は高められます。気をつけるべきポイントを医学博士 林 博之さんに伺いました。

洗濯のプロに質問。「柔軟剤は使わないほうがいい」って本当?

柔軟剤は、衣類をふっくら柔らかく仕上げるだけでなく、静電気や臭い、洗濯物のからみやシワを防止・軽減するなど、さまざまなメリットがあります。その反面、注意すべき点が多いのも事実。「柔軟剤いらずの洗濯術」を提案する洗濯ブラザーズに、そのあたりの事情を詳しく聞きました。

衣替えの負担がかなり減らせる!「服の仕分けとクローゼット収納術」

季節ごとに行う衣替えは時間もかかるし大作業ですよね。大変だからやりたくない と思っている人も多いはず。でも、生活のなかでちょっと工夫するだけで、大げさな衣替えいらずのクローゼットが作れるんです。整理収納アドバイザー的視点から、我が家で取り組んでいることを幾つか紹介します。

10年間「赤カビ知らず」な我が家のお風呂場ルール8カ条

掃除したはずなのに、いつの間にか出現するお風呂の「赤カビ」。高温多湿なこれからは特に悩ましい時期ですが、我が家ではここ10年くらい赤カビを見ていません。毎日の習慣づけがしっかりしていれば、特別なカビ取り剤などなくてもきれいにキープできますよ。

アイハーブのおすすめ「免疫力アップをサポートする」人気サプリ5選

感染症の予防には、手洗い、うがい、マスクがマストですが、負けない体作りも大切です。運動や睡眠、日々の食事に気をつけたいですが、足りない部分は賢くサプリメントを利用したいところです。アイハーブで手に入る「免疫力アップ」を助けるサプリメントを調査しました!