失敗しない【食卓に映えるグラス】インテリアスタイリストのお墨付き3選

誰でも毎日使うテーブルウェアの代表がグラス。きちんとデザインされたグラスは飲み物の味にも影響を及ぼします。使い勝手がいいのは、デザインが美しくて、毎日使えるカジュアルさもあるもの。手始めに揃えたいおすすめグラスを、インテリアスタイリストの窪川勝哉さんにピックアップしてもらいました。

映える食卓作りは【アンティークのカトラリー】が何気に最強!

テーブルメイクに最も影響があるものって何だと思いますか? 主婦歴20年、ちょっぴりスタイリスト経験もある筆者的にはカトラリーだと思います。そんな考えもあり、アンティークのカトラリーを集め始めて早10数年。簡単に食卓のニュアンス付けができておすすめですよ!

【食卓があか抜けるカトラリー】スタイリストのおすすめ3ブランド

毎日の食卓にどこかマンネリを感じている方におすすめなのが、カトラリーの取り換え。「毎日使うものだから目先も気分も変わる」とはインテリアスタイリストの窪川勝哉さんの弁。値ごろ感もありつつ、食卓がぐんとモダンになるカトラリーブランドを教えていただきました。

炊き込みごはんは【御膳盛り付け】で料亭風の華やかな食卓に!

炊き込みごはんの日はなぜかおかずも茶色で地味めで、気づけばテーブルがセピア色なんてこともありますよね。そんな日も食卓を明るく素敵に演出したい!ということでヒントを求めてインスタグラムをパトロール。みなさん小鉢や豆皿を使った“御膳盛り”で炊き込みごはんを上手にアップデートしていました。

【イケアの使えるお皿「アルヴ」で実演!】クリスマス・お正月・カフェ風の食卓メイク

クリスマスからお正月は、いつも以上に食卓が華やかになる時期。主婦としてはテーブルコーデにも気合を入れたいところですが、高価なお皿を買うのは現実的ではないですよね。おすすめなのは『イケア(IKEA)』のプレート「ARV(アルブ)」。1枚数百円というプチプラながらコーディネートの幅がとても広く、どんなテイストにもマッチするんです!

いつもの塩焼きに飽きてきたら【サンマのイメチェン】新趣向

旬のサンマは脂が乗っていておいしいので、食卓にあがる頻度も高まりますよね。とはいえ、秋も中盤にさしかかると「またサンマの塩焼き……」と飽きしてしまう感じも否めません。それなら、アレンジレシピに挑戦したり、食器選びを工夫して、マンネリ回避してみましょう!

インスタ映えするテーブルメイクは カラフルな”紙“が活躍します!

友人を招くホームパーティはもちろん、できることなら普段の食卓も素敵に、お洒落に彩りたいもの。けれど「素敵な器も、カトラリーもない!」と頭を抱えてはいませんか? そんな悩みを解消してくれるのが色とりどりのペーパー。お金をかけずともセンスよく見えるテーブルメイクのヒントを主婦歴20年の元ファッションスタイリストのSUTAKOが伝授します。